積立ステーキング!年利8%でBTC、ETH、米ドルコイン運用!

資産形成

積立ステーキング
年利8%でBTC、ETH、米ドルコイン運用!

積立で暗号通貨を長期保有するなら「ステーキングやレンディングで金利を得ながら運用するのが最適」です。
どこで金利を得ながら運用するのが一番儲かるのかを検証し、方法を解説していきます。

この記事でわかること
・ステーキングとは?
・ステーキングとレンディングの違い
・ステーキングとレンディングの利率比較
・ビットレンディングで利率8%で運用可能
・具体的な運用手順解説
・ステーキングとレンディングのよくある質問

ステーキングとは?

ステーキングとは暗号通貨を保有することで、暗号通貨のネットワークに参加することで報酬を得ることです。
①POSというシステムが採用されている暗号通貨であること
②ネットワーク上に預けていること

この2点が成立しているときにステーキングが行われ、通貨を報酬として得ることができます。

ステーキングができる通貨は100種類以上と豊富にあり、イーサリアム(ETH)など主要な暗号通貨も可能になっています。
ただし国内取引所でステーキング可能な暗号通貨は数えるほどしかありません。
取引所側も余計な作業を増やしたくないので、国内ではステーキングサービスを停止していく流れにあります。

じゃぁ儲からないじゃん!って話なんだけど、最近はステーキングの代わりのレンディングサービスが話題になってきているんだ。
簡単に年利8%程度で運用できる方法がレンディングだね。
ステーキングとレンディングの違いなども絡めて説明していくね。

ステーキングとレンディングの違い

ステーキングは上記で説明した通り、POSシステムを採用している暗号通貨を保有することで、通貨のシステムとして報酬が得られます。
それに対してレンディングは仮想通貨レンディング会社から報酬がもらえます。
そのため、POSシステムではないBTCなども貸し出して金利を得ることができます。

ビットレンディング公式より

レンディングのイメージは、大量の暗号通貨が必要な取引所などに通貨を貸し出して、貸出量と貸出期間に応じた金利をもらう感じだね。
レンディング会社や取引所が指定した通貨であれば、どんな仮想通貨でも貸し出せることができるのが特徴だね。

仮想通貨積立などで長期間保有する人にぴったりのサービスだね。
レンディングのステーキングも「預けて通貨が増える」という結果は変わらないよ。
金利が良くて利便性の高いサービスを紹介するね。

ステーキング・レンディングの年利比較

ステーキングやレンディングサービスで得られる金利を比較してみました。
レンディングサービスは、レンディング会社と取引所が運営していますが、基本的にはレンディング会社のほうが金利が高い傾向にありますね。

会社名利率(年利)
ビットレンディング
レンディング会社
最大8%
(国内最大利率)
コインチェック
取引所
最大5%
GMOコイン
取引所
最大3%
bitbank
取引所
最大3%
BITMAX
取引所
最大3%

貸し出し利率はビットレンディングが国内最大利率を謳っているだけあって高いですね。。
取引所ではコインチェックが一番高いです。
ビットレンディングはレンディング専門会社だけあって、「利率が高く、利便性も高い」から一番おすすめしています。

一番おすすめのビットレンディングについて解説をするね!
またビットレンディングで貸し出しながら効率よく通貨を積み立てる方法も教えるよ!

ビットレンディングで年利8%で運用可能

サービス名レンディングサービス
手数料送付手数料あり
BTC:0.0005BTC
年率6.5%~8%
対応銘柄数5銘柄(BTC・ETH・USDT・USDC・DAI)
最低貸出数量0.001BTC
途中解約可(無料/7営業日以内に返還)
*最低1ヶ月間貸し出す必要あり
公式サイトhttps://bitlending.jp/

ビットレンディングは暗号資産専門誌「月間暗号資産」を出版するJ-CAMが運営するレンディング専門会社です。
国内初のレンディングサービスでありながら、国内最大利率の8%で主要通貨を貸し出すことができます。
高い利率に加えて、強固なセキュリティサービスと利用者に優しい貸し出しシステムが売りで人気のレンディングサービスになります。

ビットレンディングの利率と通貨

対応通貨と利率(年利)
・ビットコイン(BTC):8%
・イーサリアム(ETH):8%
・テザー(USDT):6.5%
・ダイ(DAI):8%
・USDコイン(USDC):8%

下記5種類の通貨を貸し出すことでき、どれも国内最大利率での貸し出しとなっています。
主要通貨であるBTC、ETHや米ドルに連動するステーブルコインであるUSDT、DAI、USDCなどを高金利で貸し出せますね。
主要通貨やステーブルコインは積立において人気が高いので、これらを高金利で貸し出せるのは心強いです。

ビットレンディングの償還・ロック期間

ポイント
・最低貸出期間は1ヶ月
・それ以降はいつでも引き出しが可能
・7営業日以内に返還される

ビットレンディングは最低貸出期間が1ヶ月と決まっており、それ以降は自由に引き出すことができます。
ただし、「引き出し申請をしてから7営業日以内に返還」とのことなので、即日引き出せるわけではないので注意してください。
多くの取引所での貸し出しサービスでは「30日、60日、90日」と期間指定されていることが多いので、任意で引き出せるビットレンディングはかなりユーザー目線といえますね。

ビットレンディングのセキュリティ面なども含んだ詳細が知りたい方は下記の記事にまとめておいたよ!
今回は省いて、具体的な積立戦略について詳しく解説するね。

年利8%で積立運用する手順

ポイント
①取引所で毎月暗号資産を購入する
②毎月ビットレンディングに貸し出し通貨を送金する

ビットレンディングはレンディング専門会社なので、利率が圧倒的に高い反面、ビットレンディング内で通貨を購入することができません。
そのため、取引所で購入してビットレンディングに送付する必要がでてきます。

全て国内取引所で完結できるように、BTC・ETH・米ドルコインを積立購入して貸し出す具体的な方法をまとめておいたよ!

①暗号通貨を購入する

BTCコインチェックビットフライヤーなど
主要な取引所で取引可能
ETHコインチェックビットフライヤーなど
主要な取引所で取引可能
USDT
(米ドルコイン)
国内で取引不可
DAI
(米ドルコイン)
GMOコインで取引可能
USDC
(米ドルコイン)
国内で取引不可

BTC・ETH・米ドルコインが取引可能な取引所をまとめました。
BTCやETHは主要通貨なのでどこでも取引可能ですが、米ドルコインはDAIがGMOコインでのみ取引できる状況です。
そのため、国内で取引を完結させるためにはDAIを積み立てるしか方法はないですね。

②毎月ビットレンディングに貸し出し通貨を送金する

今回は初回の貸し出し方法を紹介するね。
2回目以降はSTEP5から行えるので、簡単に貸し出せるよ!

レンディング開始までの5STEP
①メールアドレス登録
②必要事項の記入
③貸し出し通貨の数量選択
④本人確認
⑤貸し出し通貨の送金

事前に用意するもの
・メールアドレス
・本人確認書類

運転免許書、個人番号カード、住民基本台帳カード、パスポート、在留カードの中から1点
・貸し出す暗号通貨
事前に暗号資産取引所で購入しておく必要があります。

STEP1:メールアドレス登録

ビットレンディング公式サイトにアクセスして、「BitLending申込フォーム」からメールアドレスを入力して送信しましょう。
「スマホ」「PC」ともに公式サイトの下の方にスクロールすると「BitLending申込フォーム」があります。

STEP2:必要事項の記入

先ほど入力したメールアドレスにリンクが届きます。
リンク先から「個人」を選択して、記入していきましょう。

STEP3:貸し出す通貨の数量を記入する

貸し出す暗号資産の銘柄と数量を記載します。

対応通貨と利率(年利)
・ビットコイン:8%
・イーサリアム:8%
・テザー:6.5%
・ダイ:8%
・USDコイン:8%

STEP4:本人確認する

本人確認資料を送信します。

STEP5:暗号資産を送金する

本人確認が済みましたら、暗号資産アドレスがメールで送付されてきます。
申込事項を確認して、暗号資産を送金しましょう!
*2回目以降はメールに添付されている「さらに暗号資産を貸し出す」から貸し出しを行うことができます!

ステーキング・レンディングでよくある質問

ステーキング・レンディングは複利で運用できるか

A.紹介したビットレンディングでは複利運用可能です
実際にじぇいが試しにビットレンディングで貸出した結果が以下の画像になります。

貸出結果から分かる通り、ビットレンディングの貸出は1ヶ月ごとの複利で運用されています。
じぇいの運用結果を詳しくみたい方はこちら!

ビットレンディングの複利シミュレーション!
運用状況(例)
運用額:1BTC
利率:年利10%


1BTCを複利運用しない場合
「1BTC」を「年利10%」で「10年間単利運用」すると、、
10年後には「1BTC→2BTC」になっています。

*10年後に2倍になる

1BTCを複利で運用した場合
「1BTC」を「年利10%」で「10年間複利運用」すると、、
10年後には「1BTC→2.7BTC」になっています。

*10年後に2.7倍になる

このように少し長い目でみると「複利」の効果は大きいですね。
ビットレンディングは毎月複利で運用できるので、利益を最大化することができます!
毎月BTC積立投資などで、継続的に入金するならさらに効果は上がりますね。

ステーキング・レンディングには税金が課されるか

A.課税対象です。
ステーキングやレンディングで得た利益は、仮想通貨の売買で得た収益と同じく雑所得とみなされ、総合課税の対象となります。

まとめ

結論
暗号通貨を積み立てるならビットレンディングが最適!

積立のように長期保有前提なら「ステーキングやレンディングで金利を得ながら運用するのが最適」です。
ビットレンディングはステーキング・レンディングサービスで一番利率が高く運用することができます。

いますぐ下記の取引所で通貨を購入して積立暗号資産を始めよう!
じぇいのBTC積立戦略なども参考にしてね!

「暴落時には積立ブースト!底値買い増し戦略!」はこちら

BTCコインチェックビットフライヤーなど
主要な取引所で取引可能
ETHコインチェックビットフライヤーなど
主要な取引所で取引可能
USDT
(米ドルコイン)
国内で取引不可
DAI
(米ドルコイン)
GMOコインで取引可能
USDC
(米ドルコイン)
国内で取引不可

コメント