COZUCHIの登録方法解説!投資するべきファンドも公開!

資産形成

COZUCHIの登録方法解説!
投資するべきファンドも公開!

COZUCHIで投資を始めるのはどうすればいいの?
COZUCHIのどのファンドに投資するべき?
そんな疑問に答えるために投資方法からファンド選びのポイントまでを解説してみました!

この記事でわかること
・COZUCHIとは?
・COZUCHIの登録方法
・投資する際のポイント
・COZUCHIの不動産投資の特徴
・COZUCHIの実績
・COZUCHIの口コミ・評価
・COZUCHIの抽選確率は?
・COZUCHIは怪しい?信頼できる証拠!

COZUCHIのキャンペーン情報
現在実施中のキャンペーンはありません。
キャンペーンが始まり次第、ここに掲載します。
COZUCHI
会員登録はこちら!

COZUCHIとは?

サービス名COZUCHI(コヅチ)
運営会社名LAETOLI株式会社
サービス開始年2019年
*2021年にCOZUCHIへ名称変更あり
実績ファンド数37件(70億円規模)
元本回収率100%
期待利回り2.0~50.9%
(6%~12%程度の案件が多い)
公式サイトCOZUCHIの公式サイト

COZUCHIは平均利回り約6%ほどで不動産に投資できる、話題沸騰中の不動産クラウドファンディングです。
他の少額不動産投資サービスに比べて「優先劣後構造でリスクが少ない」「リターン上限がなく予想以上の収益がでる」「老舗企業なので安心」という特徴があります。

COZUCHIの仕組みは以下の通りになっています。
COZUCHIは運営は、クラウドファンド方式なので、投資家からお金を集めて不動産に投資する形ですね!

COZUCHI公式HPより抜粋

一度投資すれば自動的にファンドから分配金が支払われ、満期になると元本が返済されます。
仲介業者が間に入り、「不特定多数の個人投資家」からお金を集めて「選定された不動産」に投資するという認識でOKです!
全部自動で完結するので、銀行預金の一部をまわして「ほったらかし投資」に活用するユーザーが多いですね。

COZUCHIの概要はだいたいこんなもんだね。
次は実際に登録する方法をしっかり解説していくね!

COZUCHIの登録方法

COZUCHIでの投資家登録はたったの3つステップで完了します。
本記事では画像付きで解説していきますので、簡単に誰でも始めることができます!

だいたい10分〜15分くらいで全ての工程が終わるよ!

COZUCHIを始める3ステップ
①電話番号とメールアドレスだけで「会員登録」
②顔認証+本人確認書類提出で「投資家登録」
③専用の投資家ページが作成され、「出資申込」が可能!

用意するもの
・カメラ付きのデバイス(スマホやPC)
本人確認の際に顔認証で使います。
・本人確認書類
運転免許証、在留カード住民、基本台帳カード、特別永住者証明書、運転経歴証明書、マイナンバーカードなど
・銀行口座
取引口座情報(銀行名)、支店名支店コード、口座の種類(普通/当座)、口座番号、名義(カタカナ)を入力する

①会員登録

COZUCHI(コヅチ)公式サイトにアクセスして「会員登録」をクリック!

会員登録のボタンを押したら、次は個人情報入力ページになります。

・電話番号
*固定電話ではなく、携帯電話の方が後々便利です。
*SMS認証に使用するものであり、不必要な電話はかかってきません。
・メールアドレス
・任意のパスワード

*英大文字、英小文字、数字を含む半角8文字以上
を入力して会員登録を済ませましょう!

「会員登録をする」を押すと、入力した電話番号宛てにSMS認証としてコードが送信されてきます。
そのため電話番号はスマホでの登録をおすすめしています。
*固定電話の場合はe-mail検証で対応可能です。

これにて会員登録は完了です。
次は投資家登録に移ります。
この投資家登録をしないと実際に投資できませんので、会員登録後にすぐに投資家登録も済ませてしまいましょう!

②投資家登録

投資家登録に必要なもの
・カメラ付きのデバイス(スマホやPC)
本人確認の際に顔認証で使います。
・本人確認書類
運転免許証、在留カード住民、基本台帳カード、特別永住者証明書、運転経歴証明書、マイナンバーカードなど
・銀行口座
取引口座情報(銀行名)、支店名支店コード、口座の種類(普通/当座)、口座番号、名義(カタカナ)を入力する

投資家登録では上記のものを使用して「本人確認」をおこないます。
カメラを用いた本人確認を行うので、必ずスマホなどのカメラ付きデバイスで登録を進めるようにしましょう!

投資家登録に進むと個人情報の入力に進みます。
悪用されることはありませんので、正しい情報を記入してください。
*間違った情報では本人確認が正常に終了しません。

投資家登録では過去の投資家歴など聞かれますが、特に歴が必要ということはありません。
これが理由で落とされることはないので、正しく自分の情報を入力していきましょう。
入力後は、「反社会的精力に対する基本方針」「個人情報保護方針」「電子交付」の規約の同意にチェックを押して先へ進みます。

次は、「銀行口座登録」を行う必要があります。
下記の情報を聞かれますので、事前に準備しておきましょう!

必要な口座情報
取引口座情報(銀行名)、支店名支店コード、口座の種類(普通/当座)、口座番号、名義(カタカナ)

「みずほ・三菱UFJ・三井住友・りそな・PayPay・楽天・GMO・新生」はスクロールで選択できますが、他銀行の場合はできません。
一度銀行を選択し、削除してから自分の銀行名を打ち込んでください。

上記の画面で「次へ」を押すと、カメラ付きデバイスを用いた本人確認に移ります。
*下記のものを準備して本人確認に移りましょう。

本人確認に必要なもの
・カメラ付きのデバイス(スマホやPC)
本人確認の際に顔認証で使います。
・本人確認書類
運転免許証、在留カード住民、基本台帳カード、特別永住者証明書、運転経歴証明書、マイナンバーカードなど

本人確認書類
運転免許証、在留カード住民、基本台帳カード、特別永住者証明書、運転経歴証明書、マイナンバーカードなど

上記の本人確認書類の提出しましょう。
その後、撮影による認証が完了すると投資家登録が完了です!

③不動産投資をする

あとはプロジェクトを選びながら投資していくだけです。

COZUCHIでは抽選などを経て、プロジェクトに投資できることが決まってから入金があります。
運用が開始されれば、ほったらかしで配当の支払が行われます。
また期日になれば自動で返還されます。

次はCOZUCHIで投資するにあたってポイントを解説してくね!
COZUCHIのどんな案件に投資するべきか説明するよ!

COZUCHIで投資するときのポイント!

COZUCHIで投資する際に重要なのはファンド選びです。
COZUCHIのどんなファンドに投資すれば、効率よく資産を増やせるかを解説していきます。

COZUCHIファンド選びのポイント
・利回りは6%以上のものに投資する
・貸出期間は1年以下(12ヶ月以下)のものに投資する
・利回り上昇余地が高い場合も投資する

上記が投資の際にじぇいが守っている投資条件になります。

ちなみにこの投資基準はCOZUCHIに限らず、他の不動産クラウドファンディングでもいえるね。
上記の条件に全て該当すれば「激アツ案件」になるので、積極的に投資していこう!

こんなに良い条件のものってあるの?
と思われるかもしれません。
「こんなに良い条件ものは少ないです笑」
そのためCOZUCHIに限らず複数の会社に登録して「激アツ案件のみに投資」していくのが基本になります!

COZUCHIの不動産投資の特徴

COZUCHIの特徴として以下のものが挙げられます。
・利回りが他より高い。
・リターン上限が定められていない。
・いつでも換金することができる

上記の詳しい説明もしていきます。

COZUCHIの利回りが高い理由

COZUCHIの利回りは中央値6.5%になります。
また、案件でも利回り6%〜12%の案件が比較的多い不動産クラウドファンディング会社になります。

COZUCHIの利回りが高い理由は、
インカムゲインを収入源とする大家業だけではなく、キャピタルゲインを収入源とする開発業もあるダブルメインだからです。

開発事業案件も扱っています!って簡単にいうけど、他の不動産クラウドファンディングは真似できていないね。
老舗企業のノウハウがあってこそのパワーだね!

リターン上限が定められていない

COZUCHIでは
・不動産が想定以上に高く売れた
・想定より費用が抑えられた
・早期の売買に漕ぎ着けることができた

上記のような場合は、しっかりと配当に利益分が上乗せされて分配されます。

そのため不動産投資側からすると非常にフェアなやり取りになります。
また過去の実績でも利回りが大きくなった事案は数多くあります。

運用を終了したファンドの中で予想より利回りが高くなった割合は40%だったよ!
中には想定利回り9%の→60%になったものもあるんだ。

いつでも換金することができる

COZUCHIでは他の不動産投資と違い、投資期間中でも途中換金可能となっています。
ただし換金手続きの際には事務手数料3~5.5%が発生するので注意が必要です。

途中解約は事務手数料(3~5.5%)かかるから損することになるよ。
でも家計の非常事態時に「最悪換金できる」というのは投資家にとって心強いよね。
万が一のときは迷わず換金してしまおう!

COZUCHIの実績は?

COZUCHIの実績を
・過去の想定利回りと実際の利回り
・ファンド投資期間分布図

を使って見ていきましょう。

COZUCHIの過去ファンドの利回り

ファンド名想定利回り実際の利回り
六本木事業用地20%36.30%
田端EXITファンド12%15.2%
品川区五反田Ⅱ9%63.1%
練馬区武蔵関Ⅰ12%283.5%
世田谷区砧EXITファンド50.9%110.5%
渋谷区恵比寿EXITファンド46.9%62.2%
神奈川県武蔵新城Ⅰ10%24.1%
世田谷区経堂Ⅱ4.5%4.5%
神奈川県茅ヶ崎Ⅰ6%6%
TOKYOマンション7区分ファンドⅠ4.5%4.5%
港区広尾Ⅲ2%8%
港区広尾Ⅱ4.2%4.2%
世田谷区経堂Ⅳ6%6%
品川区五反田Ⅰ5%5%
港区広尾4.2%4.2%
品川区法人量2物件6%6%
世田谷区経堂Ⅲ6%6%
世田谷区経堂Ⅱ6%6%
世田谷区経堂Ⅰ6%6%

過去の実績では想定利回りを下回ったものは一度もありませんでした。
利回りが上昇したファンドは40%もあったので、想定利回りより高い配当が出されることは珍しくないようですね。

COZUCHIファンド投資期間分布図

COZUCHIのファンドは
12ヶ月以下のファンドが86.8%
6ヶ月以下のファンドが55.3%

となりました。
運用期間が短いほど、投資はしやすくなるので非常に投資家にとってありがたい環境です。

COZUCHIの元本回収実績

気になるCOZUCHIの元本回収実績ですが、なんと驚異の100%です。
今後の元本回収を確実にするという保証はできませんが、実績100%の安心感は偉大だと思います。
かなり低リスクで投資を行えると言っても過言ではないでしょう。

COZUCHIの元本回収実績が100%の理由をCOZUCHIの人に聞いてみたよ!

COZUCHIが元本回収実績100%の理由
①安く物件を購入できているから
②複数の内客シナリオを用意することで、不慮の事態にも対処できるから

たしかにCOZUCHIの投資ファンドのページにいくと「相場より〇〇%ディスカウントで仕入れ」「複数の売却シナリオ」という言葉が頻発されているね。
ちなみに売却シナリオが複数ある場合はかなり固く見積もった想定利回りが表示されているから、実際の利回りが上昇しやすかったりするよ!
実際に想定利回りを下回ったことは一度もないという実績もあるしね。

COZUCHIの口コミ・評価

COZUCHIに関する評価をTwitter上の声をまとめてみました!

COZUCHIの動画セミナーを聞いて感じたこと、権利関係が複雑で銀行融資がつきにくい案件→権利関係を解きほぐす→高値での売却が可能になり高利回りの実現。不動産クラウドファンディングの存在意義でもありますね。

COZUCHIの川奈ファンドが250%超えてて笑う。 あれって既存投資家が前回の出資分を上限に申込出来るだけなので、多分本文読んでない人が多いんだろうな… なお僕は10万円投資してましたが昨日は飲んでたのでまだ申し込んでません。

COZUCHIの品川駅前 再開発エリア3区分レジファンド当選でした。 1200%超えてたのでさすがに無理だと思っていたのでびっくり∑(゚Д゚) せっかく当選したので、できる範囲で7年間の運用をレポートしたいと思います

COZUCHIのTwitter上で多くみられた口コミは
・当選倍率が高いこと
・動画セミナーの反響

の声が多かったですね。

COZUCHIではファンドについてYOUTUBEでセミナーを開催することが多いです。
これはファンドに対する理解だけでなく、不動産投資の楽しさを伝えたいという創業者の意向で開催されているみたいですね。

COZUCHIの投資家に対する熱い姿勢はいいよね。
それが配当上限の撤廃など他の会社にないメリットを作る理由かもね。

COZUCHIの抽選当選確率は?

COZUCHIの抽選がなかなか当たらないという声が多かったので、COZUCHIの当選率をみていきましょう。
今回は「利回り6%以上」「12ヶ月以下の案件」に限定して、実際に投資する可能性が高いものに絞って検証していきます。

ファンド名利回り投資期間応募率
新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ16%12ヶ月549%
六本木事業用地Ⅱ フェーズ210%12ヶ月744%
稲村ヶ崎 開発プロジェクト6%12ヶ月201%
渋谷区広尾借地プロジェクト6.5%9ヶ月1304%
相模原 リニア開発プロジェクト7.5%12ヶ月150%

こうしてみてみると、なかなか高い抽選倍率になっていますね。
たまに先着順の投資案件もあるのですが、1分以内に売り切れている印象があります。
*先着順は個人の体感です。

利回りが高くて、元本回収実績も100%で安定しているから人気なのはしょうがないね。
COZUCHI以外にも複数の投資手段を持つことをおすすめするよ!
じぇいのおすすめほったらかし投資一覧はこちら!

COZUCHIは怪しい?信頼できる?

結論
COZUCHIは詐欺などの類ではない。

おそらくCOZUCHIが怪しいと勘繰っておられる方は、不動産投資そのものに信頼性が低いのかなと思います。
たしかに、営業でかかってくる不動産の電話などは怪しさ満点ですからね。。。

COZUCHIが詐欺ではない証拠もあげておくね!

COZUCHIが詐欺ではない理由
・不動産クラウドファンディングNo,1の実績
・49ファンドが既に開始されている。
・元本回収実績100%
・累計募集額も130億を超えている

これだけの実績を積み上げてきているからね。今更詐欺するよりも会社を継続する方が良いよね。

投資家とフェアな関係でしっかりと実績を作り上げてきたのがCOZUCHIだよ!
他の不動産クラウドファンディング会社よりもよっぽどファンドの説明などもしっかりしているね。

まとめ

COZUCHIを始める3ステップ
①電話番号とメールアドレスだけで「会員登録」
②顔認証+本人確認書類提出で「投資家登録」
③専用の投資家ページが作成され、「出資申込」が可能!

用意するもの
・カメラ付きのデバイス(スマホやPC)
本人確認の際に顔認証で使います。
・本人確認書類
運転免許証、在留カード住民、基本台帳カード、特別永住者証明書、運転経歴証明書、マイナンバーカードなど
・銀行口座
取引口座情報(銀行名)、支店名支店コード、口座の種類(普通/当座)、口座番号、名義(カタカナ)を入力する

COZUCHIで投資家登録をして実際に少額不動産投資を始めてみよう!

どのくらい投資するか悩んでる方はこちら!
実際に運用している状況を毎月月初に公開しているよ!
現金を含めた資産割合も公開しているから、参考にしてみてね!

コメント