【積立NISA×楽天証券】株式+債券のおすすめ銘柄組み合わせ表!

資産形成

【積立NISA・楽天証券】
おすすめ銘柄組み合わせ
自分に最適な黄金比を見つけ出せ!

楽天証券でつみたてNISAをはじめてみた!
けど、何を積み立てれば良いかわからない。
タイプ別におすすめの銘柄をご紹介!

楽天証券のおすすめ銘柄一覧

楽天証券で積み立てるべきおすすめ銘柄は全てで5つ!
この銘柄を組み合わせて、自分に最適なリスクとリターンを作り出していきましょう!
まずは各銘柄の個別解説からいきますね!

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

eMAXIS SLIM米国株式(SP500)
投資対象:SP500(100%)
手数料:0.097% / 年

ーポイントー
・米国の大企業約500社にまとめて投資できる今一番熱い投資信託。
・手数料が最低額レベルの価格で維持費がほとんどかからない。

・20年間積み立てた時の勝率は99%

SP500に20年間積立投資した場合の勝率は98.9%になります。(過去50年間の割合)
リーマンショック直後などに全額引き出した場合などが敗因なので、少し寝かしておくことができれば勝率100%と言っても過言ではないでしょう。
そのため、安定して20年後の利益を求めるつみたてNISAに最適な商品かと思われます。

ちなみに、上位500社ではなく全ての米国株に投資する全米株式というのもあります。正直好みの問題でどちらを積み立てても構いません。
変わらない理由をチャートを用いて説明します。

SP500(VOO)と全米株式(VTI)のチャート比較

ほとんど変わっていないですね。というか長期で見ると変わるはずないんです。
米国を牽引しているのは、上位企業なわけですから。そこが上がれば全体も上がりますし、そこが落ちれば全体も落ちます。このグラフをみれば正直どっちでも良いことがよくわかりますね。

拘りがなければSP500で良いかな。
気になる方は両方とも同じ金額だけ購入するのもありだね!

楽天・全世界株式インデックスファンド

楽天・全世界株式インデックスファンド
投資対象:全世界株式(100%)
手数料:0.21% / 年
ーポイントー
・全世界の株式にまとめて投資(企業数は8000社以上)
・自動で強い国の配分が多くなる
・手数料が最低額レベルの価格で維持費がほとんどかからない。

「もし米国が弱くなり、他の国が台頭してきた場合」でも自動的に強い国配分が多くなるのが最大のメリットです。
ただし現状は米国最強時代なので50%ほどが米国株式になっています。
「米国のみの投資」 or「 全世界株式」で迷われている方が多いはずですね。
まずは2つのチャートを見比べましょう。

SP500(VOO)と全世界株式(VT)のチャート比較


赤色のVT=全世界株式
青色のVOO=SP500(米国)

になっています。
この10年間は米国最強時代なので、SP500株式のほうがかなり伸びていますね。
全世界株式は米国以外の部分が足を引っ張っているということでしょう。
ただし、今後も米国最強時代が続くかどうかは不明です。もしかしたら、中国やアフリカ等の国が台頭してくるかもしれません。20年後や30年後の世界を予想するのは誰にもできません。
米国が崩れたときに自分で判断して、全世界株式に切り替えれない人は、全世界株式で安定的に世界の平均成長に乗っかっていくのが良いでしょう。

「50%をSP500」「50%を全世界株式」という案もあるね。
じぇいはつみたてNISAは「100%SP500」
iDeCoを「100%全世界株式」にしているよ!

楽天・インデックス・バランス・ファンド

楽天・インデックス・バランス・ファンド
投資対象:全世界株式と優良債券
手数料:0.22%/年

ーポイントー
・「株式重視」「均等」「債券重視」の3種類がある
・それぞれ株式比率が「70%」「50%」「30%」
・債券があるので暴落耐性がある
・自動でリバランスしてくれる

楽天・インデックス・バランス・ファンドには、「株式重視」「均等」「債券重視」の3種類があります。
それぞれ「全世界株式」と「優良債券」を保有していますが、保有比率が違います。
債券には暴落も暴騰もしにくい特徴があります。これを利用して、暴落時のリスクを抑えることができるのが債券の強みです。

債券が歴史的に少しず〜つ価値が上がっていく傾向があるよ。
良くも悪くも値動きが少ない商品だね。
債券だけだと旨味がないけど、のちに説明するリバランスと合わせることでリスクを抑えながら利益が上げていくよ!

バランスファンドには自動リバランス機能があり、これが1番のポイントになります。
自動リバランスとは株式と債券の比率を自動で調整し、常に指定された比率を守り続けることです。
このリバランスを行うことで、暴落時に損失を抑えながら利益を上げていくことができます。
*大前提として「株式は暴騰暴落しやすい」「債券は暴騰暴落しにくい」という特徴をおさえてください

このように株式と債券の比率を正しく守ることで、暴落耐性を得て資産の最大化を狙います。
「暴落時に債券を売って、株式を買い増しする」ことで資産の最大化を狙っているんですね。
これをバランスファンドは自動でしてくれるということです。
個別に株式と債券を買うと自身でリバランスを行う必要があり、つみたてNISAなど売買しにくい口座を使用しているときは個人でのリバランスは非常に難しいです。

つみたてNISAは基本売ることがない。
そのため自分でリバランスすることは不可能に近いね。
だからバランスファンドでの自動リバランス機能が重要になるんだ!

楽天・インデックス・バランス・ファンドの資産配分
楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)
投資対象:全世界株式(70%) : 債券(30%)
手数料:0.22% / 年


楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)
投資対象:全世界株式(50%) : 債券(50%)
手数料:0.22% / 年


楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)
投資対象:全世界株式(30%) : 債券(70%)
手数料:0.22% / 年

これらのバランスファンドを組み合わせることで、自分に最適な比率のバランスファンドを作ることもできます。
作り方や最適なバランスファンドの見つけ方は下記で説明していきます。

株式と債券の比率の決め方

比率を決定するためには、株式と債券の特徴を理解する必要があるね。
まずは株式と債券の特徴と実際の値動きの差を比較していこう!

株式と債券の特徴

一般的な株式と債権の特徴
株式:リスクリターン大、値動きが激しい
債券:リスクリターン小、値動きが穏やか

という特性をもっています。

この特性がどのように株価に反映されているかをみていきます。

SP500とAGG(米国優良債券ファンド)のチャート

青色がSP500。オレンジ色がAGG(債券)のチャートになっています。
2020年頃に大暴落しているのがコロナショックです。
株式のチャートに比べて、債券のチャートは暴落せずに値戻りも素早いことが見て取れます。
しかし、長期的に見た場合は株式に比べて成長性はあきらかに低いです。

そこで、株式と債券を組み合わせることで、暴落時の資産の減少を抑えることが狙えます。
また株式と債券の比率を一定に保つことで、暴落耐性を得るだけでなく、効率的に資産の増大を行えます。
これは暴落時に債券を売り株式を購入する(リバランス)ことで暴落時に多く株式を購入することができるからです。

株式と債券がセットになっている投資信託では、常に一定の比率で保有してくれているので、自動かつ効率的にリバランスを行ってくれるよ!

【個人別】つみたてNISAの株式と債券のオススメ比率

株式が資産の増大を助けるオフェンスとすると、債券は資産の減少を抑えるデフェンス銘柄ということになります。
このオフェンスとデフェンスの比率自体に答えはありません。結局は自分の居心地の良い配分にすることが一番大事になってきます。

とはいえある程度の指標は必要だよね。
以下のことを参考にしながら自分で考えてみよう!

・資産に余裕があり、積立資金を使う予定がない方。

株式100%で良いと思うよ!
じぇいも株式100%で運用しているね!

20年間積み立てを行った後の引き出しを急がない方向けです。
「暴落しているなら待てばいいや」といって引き出し時期を遅らせれる人ということです。
債券が暴落を抑える力があるとはいえ、超長期で保有できる場合は株式100%が一番効率的に資産を増大させることができます。
そのため暴落したとしても2~3年待って戻ってきたところで引き出せばいいや!という方におすすめの比率になります。
ちなみにこのタイプの人へのおすすめの引き出し方法の記事を別に解説しているので、よければ見てください。

・20年後に積み立て資産を使う予定はないが、暴落が気になる人

株式保有率は50%〜75%が良いかな!
すぐに引き出すリスクが低いならできるだけ株式の比率を高めよう!

債券は心の安定化のために持つということですね。
株式100%だとコロナショック等の暴落時に資産が半分になることも考えられます。
いくら長期で儲かる確率が99%だとしても怖いですよね笑
そこで、債券を持つことで暴落時の現象を減らせるだけでなく、「効率的に株式を買い増しできている(前述したリバランス効果)」と思えることで心が落ち着けます。

精神論かよ!と思った方もいるかもしれません。
ただ、つみたてNISAで一番重要なのは20年間つみたて続けることです。
これで心が安定するのならその方が絶対良いです。

・20年後に積み立てた資金を使う予定がある人

株式保有率は25%〜50%が良いかな!
ここまで株式の比率を抑えれば、暴落しても値戻りがかなり早いと思われます。

個人的にはつみたてNISAの資金を「○○のために使う資金」にするのはお勧めしません。
なぜなら、せっかく20年間積み立てで時間的分散をしながら投資したのだから、引き出し時も時間的分散をしながら利確していくべきだからです。
それでもつみたてNISAを使用するのであれば、株式の保有比率はできるだけ抑える方が良いかと思います。

楽天証券での銘柄組み合わせ一覧表

自分好みの株式と債券の比率の作り方

楽天全世界株式インデックスファンド
全世界株式(100%)

【楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)

全世界株式(70%) : 債券(30%)

【楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)

全世界株式(50%) : 債券(50%)

【楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)

全世界株式(30%) : 債券(70%)

上記の4つ投資信託の配合次第で自分好みの「株式:債券」の配合が可能です。

ー配分例ー
株式85%:債券25%の場合
楽天全世界株式インデックスファンド50%

楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)50%

株式60%:債券40%の場合
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)50%

楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)50%

株式40%:債券60%の場合
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)50%
+
楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)50%

上記のように株式と債券のセットのファンドで構築すれば、リバランスを自動的に常にしてくれます。株式と債券の比率が崩れることがないので資産も安定的に増大しやすいです。

積立投資の資金を集める!超効率節約術!

投資するには資金が必要です。
特に積立投資の場合は、毎月安定した資金が必要になります。
そこで!
毎月、毎年の固定費を削減して、その分を積立投資に回しましょう!
これであれば、現在の生活を守ったまま投資することができます!
「自動車保険」「火災保険」「生命保険」「電力会社」「ガス会社」「光回線」の6つの固定費を削減して、積立投資で資産を増やそう!
節約効果と難易度まとめ表なども掲載しています!
記事はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました