本ページはプロモーションが含まれています

ビットレンディングのやり方!送金から運用方法まで徹底解説!

資産形成

他にもAmazonギフト券や楽天ポイントが貯まるキャンペーンを紹介中!
5分程度の登録作業で高時給バイトになりますね👍
キャンペーン一覧はこちら

ビットレンディングのやり方!
送金から運用方法まで徹底解説!

暗号資産(仮想通貨)を貸して増やすレンディングサービス
その中でも最高レベルの貸出利率を誇るのがビットレンディング!
仮想通貨積立している方など長期保持するなら、ビットレンディングで貸出投資を始めよう!

この記事でわかること
・ビットレンディングとは
・ビットレンディングの始め方
・ビットレンディングへ送金方法

・トラベルルールが求められるときは
・ビットレンディングに貸し出した結果
・ビットレンディングでの運用方法

ビットレンディングのキャンペーン!
紹介プログラム開催中
報酬:貸借料率が10%ブースト
*初回貸し出しから180日間
方法:当ブログ紹介URLから登録
XNK貸出開始キャンペーン
期間:2024/6/30まで
報酬:XNK1000円分
方法:XNKキャンペーンから登録後に貸出
*貸出通貨の指定はなし
【備考】
キャンペーン併用はできませんので、お好きなキャンペーンURLから登録してください↓
ビットレンディング
紹介登録はこちら

ビットレンディング
XNKキャンペーン登録はこちら

Bit Lending(ビットレンディング)とは

J-CAMが運営する「暗号資産(仮想通貨)貸借サービス」になります。
現在は7種類の暗号資産に対応しております。また「業界最高貸借料率」を謳っているだけあり、暗号資産を貸し出した時の利率が他サービスに比べて高いのが特徴です。
また最短1ヶ月から貸し出せる点も魅力になっています。
また送金手数料は年4回まで無料であることも非常に魅力的です。

対応通貨と利率(年利)
・ビットコイン(BTC):8%
・イーサリアム(ETH):8%
・テザー(USDT):10%
・ダイ(DAI):10%
・USDコイン(USDC):10%

・リップル(XRP):6%
・キンカゴールド(XNK):4.5%

ただし、あくまで「暗号資産(仮想通貨)貸借サービス専門会社」ですので、ビットレンディングで仮想通貨の売買を行うことはできません。
そのため事前に国内の暗号資産取引所を開設して購入しておく必要があります。
国内の暗号資産取引所からはいつでもビットレンディングに対応通貨を送ることができます。

国内で無料開設できる取引所
・コインチェック
*ダウンロード数No.1!
・ビットフライヤー
*BTC取引量6年連続No.1!
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)」

ビットレンディングの始め方

ビットレンディング開始までの流れ
①本人情報登録
②本人確認
③暗号資産を貸し出す

事前に用意するもの
・メールアドレス
・本人確認書類

運転免許書、個人番号カード、住民基本台帳カード、パスポート、在留カードの中から1点
・貸し出す暗号通貨
事前に暗号資産取引所で購入しておく必要があります。

国内で無料開設できる取引所
・コインチェック
*ダウンロード数No.1!
・ビットフライヤー
*BTC取引量6年連続No.1!
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)」

①本人情報登録

まずはビットレンディング公式サイトにすすみます。
この際に紹介プログラム専用ページであるBOOSTページであることを確認してください。

メールアドレスを登録します。
公式サイトを下の方に「メールアドレス入力場所」があります。
*ページ上部のお申し込みはこちらをクリックすると、入力場所まで自動スクロールされます。

その後、登録したメールアドレスに本人情報登録のためのURLが送られてきます。
そのURLから本人情報の登録を進めていきましょう。

②本人確認

本人確認はスマホなどのカメラ付きデバイスで行います。
最初に本人確認の同意が必要ですが、一番下までスクロールすれば同意して次に進むことができます。

③暗号資産の貸し出し

本人確認終了後にマイページにログインできるようになります。
マイページから貸し出し申込を行います。

貸し出し申込が完了すると、貸し出し通貨のアドレスが生成されます。
そのアドレスに通貨を入金しましょう。

ビットレンディングへの送金方法

ビットレンディングへの送金は以下の手順が必要です。
①ビットレンディングで貸し出しアドレスを発行する
②取引所などから送金する

取引所は国内大手取引所である「コインチェック」と「ビットフライヤー」「その他の取引所」の送金方法を解説します。

貸し出しアドレスの発行方法

まずビットレンディング側で貸し出したい暗号資産の送金アドレスを発行します。
マイページから「貸し出し申込」で発行することができます。

申込が完了すると、以下のように送金アドレスが表示されます。

各種取引所から発行されたアドレスに入金を行います。
・コインチェック
・ビットフライヤー
・その他取引所

上記取引所については当ページで送金方法を解説していきます。
*「〇〇取引所+送金」でググれば大体出てくると思います。

コインチェックから送金する方法

①送金アドレスの追加
②実際に送金する

この2つの手順で送金を行います。
*アプリ版での説明になります。

①送金アドレスの追加

アプリの「ウォレット」→「通貨選択」→「送金」→「アドレス」
を選択して送金アドレスの追加設定に入ります。

「送金先の追加」からビットレンディングで発行されたアドレスを登録します。

②実際に送金する

その後先ほどの画面に戻り、送金を行っていきます。
①アドレスは追加したアドレスを選択
②サービス名は「その他」からBitLendingを入力
③本人への送金

で送金を行っていきましょう。

ビットフライヤーから送金する方法

①送金アドレスの追加
②実際に送金する

この2つの手順で送金を行います。

①送金アドレスの追加

ビットフライヤーにログインし、「入出金」→「通貨選択」→「送付」を行いましょう。
下図の画面になるので、「アドレスを登録する」をクリックします。

登録しているメールアドレスに「新規の外部アドレス登録確認」のメールが届きます。
メールに記載されているURLから手続きを進めましょう。

②実際に送金する

送金画面に戻ったら、送金数量と優先度を決めて送金します。
優先度は上げれば速く送金されますが、手数料がかかるので無料部分で大丈夫です。

その他の取引所から送金する方法

全取引所を説明することはできないですが、一般的に送金方法はどこも同じです。
①送金アドレスを登録
②送金する

この2手順で送金を行っていきます。

①送金アドレスを登録
一般的に取引所の「ウォレット」や「入出金」などの通貨の管理画面から送金に移れます。
ただし、初めて送金する場合には「新規送金アドレスの登録」をする必要があります。
送金画面から登録できることが多いです。

②送金する
アドレス登録ができたら送金していきます。
「誰に送金するのか」「送金先のサービス名」を求められることがあります。
送金先:本人に送金
サービス名:その他→BitLending

で問題なく送金できるでしょう。

送金にかかる手数料は各取引所ごとに違うから注意してね。

取引所によってはトラベルルールが求められるかもしれません。
その場合はこちらの情報を入力しましょう!

トラベルルールの基づく情報はこちら↓
[アドレス所有者]
  お客様本人以外
[受取人]
  法人
[受取人の法人名]
  株式会社J-CAM
[受取人の法人名(フリガナ)]
  カブシキガイシャジェイカム
[受取人の法人名(英語)]
  J-CAM Inc.
[実質的支配者情報]
  個人
[受取人の実質的支配者名]
  新津 俊之
[受取人の実質的支配者名(フリガナ)]
  ニイツ トシユキ
[受取人の実質的支配者名(英語)]
  Toshiyuki Niitsu
[送付先]
  プライベートウォレット
[送付先サービス名]
  その他(BitLending)
[受取人との関係性]
  投資先
[送付先の国地域]
  日本

ビットレンディングの貸出結果!

実際にビットレンディングに貸し出した結果を掲載しておきます。
本当に暗号通貨が増えていくのかを検証しました。

ビットレンディングでは
・契約時の数量(貸し出した通貨の枚数)
・貸出利率
・貸出利益
・次月の貸出利率

をまとめたレポートを毎月メールで連絡してくれます。

そして2ヶ月分のレポートメールをみて気づいたんだけど、この会社の貸出は「複利」で増えているんだよね。
他の貸出事業者ではないことなので、大きな魅力になりますね。
ビットレンディングの複利での増え方の検証などは下記記事で解説しています!

実際にじぇいがどのくらい貸し出しているのか?を毎月月初に更新しています!
仮想通貨を含めた資産内容を公開しています。

通貨がハードフォークした際の対応

貸出中にETH(イーサリアム)の大型アップデートに伴う通貨のハードフォークがありました。
その際のBitlendingの対応をまとめさせていただきました!

対応のポイント
・新しい暗号資産は付与される
・新規貸出と返還は停止
・貸借料は変わらない

他取引所が新通貨の付与を曖昧にしていた中でもいち早く付与を決定し、実際に実行してくださいました!
そのときのまとめ記事が下記になります!

ビットレンディングでの運用方法

じぇいはビットレンディングを使った運用方法は以下の2点を推奨します。
・暗号通貨の長期積立時
・米ドル積立の代わり(DAI積立)

とにかく暗号資産を長期で保持するときには積極的に貸し出して利益の最大化を狙いましょう!

暗号通貨の長期積立時

ビットレンディングはすぐに売買する気はない通貨との相性が最強です。
その点、暗号資産の積立では基本的に買い続けるのみなので、ビットレンディングとの相性は良いですね。

積立以外でもただただウォレットに入れっぱなしの通貨はビットレンディングに預けて年利8%で増やしていこう!
「ウォレットにいれっぱなし→銀行に預けっぱなし」と同じ感覚になると良いね。

ちなみにじぇいは「暴落時には積立ブースト!底値買い増し戦略!」
・ビットコイン
・イーサリアム

を淡々と買い増し続けています。
また暴落時にはブーストをかけることによって、効率よく暗号資産をかき集めています。

米ドル積立の代わり(DAI積立)

ビットレンディングは米ドルに連動する暗号通貨である「ダイ(DAI)」を貸し出すことができます。
「ダイ(DAI)」は利率10%で貸し出すことができます。
*他の米ドルステーブルコインは国内取引所で扱いがないため、DAI積立をお奨めしています。

投資家の中には「米ドル」にも資産分散をしている方がいると思います。
「ダイ(DAI)」などの米ドル連動型のコインを購入して、ビットレンディングに預ける。
これだけで、米ドルベースでは確実に年利10%で運用できますね。

ちなみに国内取引所ではダイ(DAI)が購入しやすいよ!
GMOコインで購入できるからね!

まとめ

ビットレンディングで貸し出し3STEP
①ビットレンディングに登録する
②貸し出しアドレスを生成する
③取引所から送金する

取引所から送金するためには多くの取引所で
・新規送金アドレスの追加
・送金する

の手順を踏む必要があるよ!

ビットレンディングは積立投資など長期で暗号通貨を保有するときに最適だね。
・暗号通貨積立
・米ドル積立
をしている人は是非貸し出しを行って利益を最大化させていこう!

株式会社J-CAM金融コンサルタントの倉本佳光がお送りする「倉本の国際経済の見どころ」の最新記事はこちら!
2023/7/7配信
タイトル『世界最大の資産運用会社BLACKROCK BTC現物ETF申請のインパクト
最新記事はこちら!