本ページはプロモーションが含まれています

ファンベストへの投資の評判!口コミや過去実績を徹底解析!

資産形成

他にもAmazonギフト券や楽天ポイントが貯まるキャンペーンを紹介中!
5分程度の登録作業で高時給バイトになりますね👍
キャンペーン一覧はこちら

ファンベストへの投資の評判!
口コミや過去実績を徹底解析!

Funvest(ファンベスト)の評判は?
過去案件を解析し、強みと弱みを解説!
また運営元の解析や投資したい案件の特徴を記載しています。

この記事でわかること
Funvest(ファンベスト)とは?
・メリットや特徴
・デメリットとリスク
・投資したいファンド条件
Funvest(ファンベスト)のファンド実績
・怪しい・怪しいの評判や口コミの真相
・キャンペーン情報

Funvestのキャンペーン情報
①新規登録キャンペーン
期間:終了日未定
*当ブログからの遷移先で表示されていれば継続しています。
条件:新規登録
報酬:Amazonギフト券1000円分
②新規出資キャンペーン
期間:終了日未定
*当ブログからの遷移先で表示されていれば継続しています。
条件:新規会員登録から60日以内の初投資
報酬:Amazonギフト券1500円分
Funvest(ファンベスト)
登録はこちらから!

Funvest(ファンベスト)とは?

サービス名Funvest(ファンベスト)
社名Fintertech株式会社
*株式会社大和証券グループ本社とクレディセゾンの合同会社です。
代表取締役相原 一也
本店所在地東京都千代田区一番町5番地アトラスビル6階
利回り実績2.25%~4.5%
公式サイトFunvest(ファンベスト)の公式HP

Funvest(ファンベスト)は、上場企業である株式会社大和証券グループ本社とクレディセゾンの合同会社の合同会社であるFintertech株式会社によって運営されています。
親会社が上場企業運営ですので、倒産リスクが低いクラウドファンディング会社といえます。
2社の金融・不動産のプロが集結し、プロジェクトチームを発足して案件を調達しています。

直近のファンド情報!
ブッシュクロフィード 神田明神オフィスプロジェクト1-2号
・年利3.25%+期間8ヶ月
・先着
・6/21 12時
登録でアマギフ1000円、初出資でアマギフ1500円貰えるキャンペーン対象です!
また下記のファンドキャンペーンも開催中↓

Funvest(ファンベスト)の仕組み

Funvest(ファンベスト)の仕組みは融資クラウドファンディングです。
下図のような仕組みでは運営されています。

一度投資すれば自動的にファンドから分配金が支払われ、満期になると元本が返済されます。
仲介業者が間に入り、「不特定多数の個人投資家」からお金を集めて「選定された不動産」に投資するという認識ですね

Funvest(ファンベスト)の特徴

特徴(メリット)
・高利回り案件もある
・短期案件が中心
・株式会社大和証券グループ本社とクレディセゾンの合同会社
・スポンサー2社が案件発掘など協力
・Amazonギフト券キャンペーンなどが多い

高利回り案件もある

ポイント
・年利2.25%~4.5%の利回り
・それなりに安全性の高い案件が多い

Funvest(ファンベスト)は年利4.34%~6.07%の利回りの募集実績があります。
大和証券グループ、クレディセゾングループのグループ力によって、厳選された投資商品となっているため安定感も抜群となっています。
実際に元本回収実績も100%となっており、安全性の高い案件ということが伺えます。

短期案件が中心

ポイント
短期案件が中心
・期間12ヶ月以下のファンドがほとんど

Funvest(ファンベスト)の案件は短期案件が中心となっております。
投資期間12ヶ月以下の案件がほとんどとなっています。
この後話しますが、Funvestは投資キャンペーンと称して、投資額に応じたAmazonギフト券配布キャンペーンが行われることがあります。
短期であれば、配布キャンペーンの実質利回りが高くなるので、非常にお得です。

ポイント
株式会社大和証券グループ本社とクレディセゾンの合同会社
・株式会社大和証券グループ本社 80%
・株式会社クレディセゾン 20%

株式会社大和証券グループ本社とクレディセゾンの合同会社となっております。
持株比率は
・株式会社大和証券グループ本社 80%
・株式会社クレディセゾン 20%

となっております。
上場企業の後ろ盾がありますので、倒産リスクなどは低いかと思われます。

ポイント
・スポンサー2社が協力
・案件発掘から、候補案件のご紹介、ファンド運営まで協力

株式会社大和証券グループ本社とクレディセゾンの合同会社による協力があります。
案件発掘から、候補案件のご紹介、ファンド運営まで協力しているので、案件の安全性なども高いものとなっております。
大企業のグループ力が存分に活かされています。

ポイント
・投資額に応じたアマギフ配布
・案件組成時にたびたび行われている

Funvest(ファンベスト)では案件組成時に投資額に応じたアマギフ配布がたびたび行われています。
短期投資のファンドであれば、アマギフ配布による実質利回りはかなり向上します。
キャンペーン込みでは掲載されている利回りよりも、少し高めになっているかと思います。

Funvest(ファンベスト)のデメリット

デメリット
・元本割れリスクはある
・すぐに換金できない
・入金手数料がかかる

元本割れリスクはある

ポイント
・元本保証があるわけではない

Funvest(ファンベスト)が固い案件を目指していると言っても、元本保証はありません。
しかし上記で紹介した通り、「上場企業グループでの運営」などの投資家のリスクを極力下げるように対策が講じられています。

すぐに換金ができない

ポイント
・原則投資期間中の換金はできない

こういったソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングのような投資では、基本的に元本の返還は満期まで受け取れません。そのため長期のファンドはリスクが高く、短期ファンドへの投資をお勧めしています。
やむを得ない事象がある場合は直接連絡する必要があります。

入金手数料がかかる

ポイント
・入金手数料は投資家負担
・出金手数料はFunvest(ファンベスト)負担

Funvest(ファンベスト)では入金手数料は投資家負担となっています。
出金手数料はFunvest(ファンベスト)負担となっております。

Funvest(ファンベスト)で投資したいファンド条件

投資すべきファンド条件
・利回りは3.5%以上の案件

上記の条件はに限らず、全てのほったらかし投資で言える条件だね。
こういった不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディングは激アツ案件以外はスルーして、美味しいところだけ食っていくのがじぇいのスタイルだね。

ただし上記の条件のような激アツ案件は出現確率が少ないのも事実だね。
それでも投資できる理由は複数のクラウドファンディング会社を常にチェックしているからだね。

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!

Funvest(ファンベスト)の実績

Funvest(ファンベスト)の過去の利回りと投資期間の実績になります。
*2023/12/29に作成したものになります。

投資利回り実績では年利3%~3.9%のファンドが非常に多い結果になりました。
前述した通り、Amazonギフト券配布キャンペーンも合わせれば、実質利回りはもう少し高いかと思います。

投資期間実績では期間7ヶ月〜12ヶ月のファンドが非常に多い結果になりました。
前述した通り、Amazonギフト券配布キャンペーンは投資期間が短いほど実質利回り向上効果が高くなります。
短期案件はキャンペーンとも非常に相性が良いですね。

危ない・怪しいの評判や口コミの真相

googleなどでFunvest(ファンベスト)と検査すると「Funvest(ファンベスト)危ない」「Funvest(ファンベスト)怪しい」などの予測変換がでてきます。
実際のところFunvest(ファンベスト)は怪しいのかを検証していきます。

結論
Funvest(ファンベスト)は健全

正直予測変換に関しては、認知度の低いクラウドファンディング会社は全てでてくるので問題無いかと思います。

Funvest(ファンベスト)の運営元の解析、SNSでの口コミ調査を実施してみました。

Fintertech株式会社

Funvest(ファンベスト)はFintertech株式会社によって運営されています。
Fintertech株式会社は2018年に設立された会社です。
株式会社大和証券グループ本社とクレディセゾンの合同会社となっています。

資本金などの詳細も記載しておきます。

会社名Fintertech株式会社
住所東京都千代田区一番町5番地アトラスビル6階
設立2018年4月2日
資本金24.1億円(資本準備金含む)
株主株式会社大和証券グループ本社 80%
株式会社クレディセゾン 20%
事業内容次世代金融領域における新たな金融サービスの創出、運営
代表取締役相原 一也

株式会社大和証券グループ本社

Fintertech株式会社の親会社であり、上場企業となっています。
主な事業は、証券業を中核とする投資・金融サービス業をしています。
Fintertech株式会社の持株比率は80%となっております。

資本金などの詳細も記載しておきます。

会社名株式会社大和証券グループ本社
発足1999(平成11)年4月26日
本社所在地〒100-6751
東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 グラントウキョウ ノースタワー
電話 03-5555-1111(代表)
代表者執行役社長 中田 誠司
資本金2,473億円(2023年3月末現在)
営業収益(連結)570,087百万円(2023年9月上期)
経常利益(連結)76,932百万円(2023年9月上期)
発行済株式総数15億6,937万8,772株(2023年9月30日現在)
株主数153,175名(2023年9月30日現在)

Fintertech株式会社の出資会社であり、上場企業となっています。
主な事業は、日本のクレジットカード事業をしています。
Fintertech株式会社の持株比率は20%となっております。

資本金などの詳細も記載しておきます。

商号株式会社クレディセゾン
英文表記Credit Saison Co.,Ltd.
会社設立1951年5月1日
本社所在地〒170-6073 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52Fアクセス 東京メトロ有楽町線「東池袋駅」6・7番出口より徒歩3分
JR、東京メトロ、西武池袋線、東武東上線「池袋駅」東口より徒歩8分
代表者代表取締役会長CEO 林野 宏代表取締役(兼)社長執行役員COO 水野 克己
資本金759億29百万円
会社が発行する
株式の総数
300,000,000株
発行済株式数185,444,772株
決算期3月31日
株主数18,310名

SNS上での口コミや評判

大企業の後ろ盾があるから安心

短期案件が多くて良い

ファンド数もそこそこあって良い

口コミでは主に
大企業の後ろ盾があるから安心
短期案件が多くて良い

ファンド数もそこそこあって良い
利回りが少し低め
上記4点がよくみられる口コミでした。

キャンペーン情報

入会キャンペーンなどお得な情報がある場合はここに表記しておきます。

Funvestのキャンペーン情報
①新規登録キャンペーン
期間:終了日未定
*当ブログからの遷移先で表示されていれば継続しています。
条件:新規登録
報酬:Amazonギフト券1000円分
②新規出資キャンペーン
期間:終了日未定
*当ブログからの遷移先で表示されていれば継続しています。
条件:新規会員登録から60日以内の初投資
報酬:Amazonギフト券1500円分
Funvest(ファンベスト)
登録はこちらから!

まとめ

ポイント
・年利は2.25%~4.5%
・短期のファンドが多い
・上場企業の合同運営会社

Funvest(ファンベスト)は、上場企業である株式会社大和証券グループ本社とクレディセゾンの合同会社の合同会社であるFintertech株式会社によって運営されています。
親会社が上場企業運営ですので、倒産リスクが低いクラウドファンディング会社といえます。
2社の金融・不動産のプロが集結し、プロジェクトチームを発足して案件を調達しています。

Funvestのキャンペーン情報
①新規登録キャンペーン
期間:終了日未定
*当ブログからの遷移先で表示されていれば継続しています。
条件:新規登録
報酬:Amazonギフト券1000円分
②新規出資キャンペーン
期間:終了日未定
*当ブログからの遷移先で表示されていれば継続しています。
条件:新規会員登録から60日以内の初投資
報酬:Amazonギフト券1500円分
Funvest(ファンベスト)
登録はこちらから!

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!