DARWIN fundingの評判!激アツファンド割合も解析!

資産形成

DARWIN fundingの評判!
激アツファンド割合も解析!

DARWIN fundingの評判は?
過去案件を解析し、強みと弱みを解説!
また、投資するべき案件条件も大公開しています!

DARWINfundingの登録キャンペーン
Amazonギフト券1000円ゲット!!
報酬:Amazonギフト券1,000円
方法:新規登録で配布
DARWINfunding
会員登録はこちら!

この記事でわかること
・DARWIN fundingとは
・メリットとリスクの解説
・投資するべきファンド条件
・評判と口コミ
・実績(過去ファンド紹介)
・登録方法
・キャンペーン実績
・怪しい?信頼の証拠

DARWIN fundingとは?

サービス名DARWIN funding
社名ダーウィンアセットパートナーズ株式会社
業務管理者小林義景
本店所在地東京都港区南青山1-1-1新青山ビル東館3階
利回り実績6%~8%
公式サイトDARWIN funding公式HP

DARWIN fundingは利回り約6~8%で運用できる不動産クラウドファンディング会社だね。
じぇいの基準では「利回り6%以上+投資期間12ヶ月以下」のファンドを激アツファンドとしているんだけど、その激アツファンド以上の利回りで期間が短いファンドが打ち出されてるよ!
*2022/10月時点
全ファンドが年利6%以上の高利回りなので、かなり激アツの不動産クラウドファンディング会社ですね!

DARWIN fundingの仕組み

DARWIN fundingの仕組みはクラウドファンディングです。
下図のような仕組みでDARWIN fundingは運営されています。

一度投資すれば自動的にファンドから分配金が支払われ、満期になると元本が返済されます。
仲介業者が間に入り、「不特定多数の個人投資家」からお金を集めて「選定された不動産」に投資するという認識でOKです!
全部自動で完結するので、銀行預金の一部をまわして「ほったらかし投資」に活用するユーザーが多いですね。

DARWIN fundingの特徴

DARWIN fundingのメリット
・高利回り案件が多い
・投資期間が短い案件が多い
・優先劣後構造を採用
・新規会社なので、ライバルが少ない
DARWIN fundingのリスク
・元本保証はない
・入出金手数料がかかる
・歴史が浅い

DARWIN fundingのメリット

高利回り案件が多い

ポイント
・ファンドは利回り6%~8%
・全ファンド高利回り案件

2022/8月から始めるサービスですので、ファンド数はまだまだ少なく今後の展開は不明瞭な点も多いです。
しかし、初回から全てのファンドが年利6%以上と高利回りファンドで構成されました。
今後もかなり期待できそうかと思います。
個人的には最初の方に激アツファンドを持ってくるくることが多いので、早めに登録して良いファンドに投資したいですね。

投資期間が1年以下+利回り6%以上」のファンド募集の時のみ参加するスタイルでよいかな。
とりあえず口座開設だけしといて、激アツファンド募集があるのを待つスタイルだね。
*じぇいの激アツファンドのみの投資戦略の詳細はこちら

投資期間が短い案件が多い

ポイント
・ファンドは全て投資期間3ヶ月以下

現在公開されている2つのファンドは全て投資期間3ヶ月以下の超短期案件で構成されました。
今後も超短期ファンドのみというのは考えにくいですが、短期案件も積極的に取り扱ってくれることには期待できそうです。
不動産投資では3年や5年の投資期間を有するものも珍しくありません。長期に資金を拘束されるのには心理的抵抗もありますし、先のことが見据えれないため投資資金がどうしても小さくなります。
その中で短期案件も取り扱ってくれる会社は少ないので、取扱姿勢がみれるのは非常にありがたいことですね。

じぇいのほったらかし投資でもできれば1年以下のファンドをおすすめしているよ!長くても2年が限度かなぁと考えているね。

優先劣後構造を採用

ポイント
・劣後出資で投資家の負担をカバー

簡単に優先劣後システムを説明すると
何か問題があり投資物件価値が減少した場合「劣後出資者(DARWIN funding)」が先に損失を被り、その後に「優先出資者(個人投資家)」が損失を受ける仕組みです。
そのため少しの損失であればDARWIN fundingが損失を被るだけで投資家が損失を被ることはないということですね。

ファンド側から損失を被るから、投資家からすれば安心して投資できるよね。

新規会社なので、ライバルが少ない

ポイント
・初回ファンドは2022/8月開始
・最初は激アツファンドが多い
・当選確率も高い可能性がある

不動産クラウドファンディングは非常に人気の高い投資手法です。
じぇいが激アツとしている「利回り6%以上+投資期間12ヶ月以下」のファンドともなると、抽選倍率がおそろしく高いことが多いです。
DARWIN fundingは、まだまだサービス初期の段階のためライバルが少なく当選確率も高い可能性があります。
また、不動産クラウドファンディング会社は最初の頃の方が利回りが高い傾向にありので、激アツファンドも続々と登場する可能性もありますね。

DARWIN fundingのリスク

元本保証はない

ポイント
・元本保証があるわけではない

DARWIN fundingが如何に投資家保護に徹底していたとしても、元本保証はありません。
しかし上記で紹介した通り、「劣後出資構造」などの投資家のリスクを極力下げるように対策が講じられています。

入金手数料がかかる

ポイント
・入金手数料は各自の使用銀行の手数料に依存する
・入金手数料はGMOあおぞらネット銀行は無料

入金する際には各々使用している銀行の振込手数料がかかります。
GMOあおぞらネット銀行同士なら無料のはずです。
そのため1万円で4ヶ月の投資ですぐに出金してしまうと予想より利回りが低くなる可能性があります。
ある程度まとまった額を出金するなど対策が必要かと思います。

歴史が浅い

ポイント
・初回ファンドは2022/8月

初回ファンドが2022/8月なだけあって、サービス開始してからまだ日数がたっていません。
初回だからこそ、「ライバル投資家の少なさ」「利回りの高さ」などが良い条件になっていますが、元本回収確率などは不明瞭なのも事実です。
投資内容をよく読んでから投資をすることが必要かと思います。

DARWIN fundingで投資するべきファンド条件

投資すべきファンド条件
・利回りは6%以上の案件
・投資期間はできれば12ヶ月以下の案件

上記の条件はDARWIN fundingに限らず、全てのほったらかし投資で言える条件だね。
こういった不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディングは激アツ案件以外はスルーして、美味しいところだけ食っていくのがじぇいのスタイルだね。
ちなみにDARWIN fundingの場合は上記に該当する案件が多数存在しているよ!

ただし上記の条件のような激アツ案件は出現確率が少ないのも事実だね。
それでも投資できる理由は複数のクラウドファンディング会社を常にチェックしているからだね。

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!

DARWIN fundingの評判と口コミ

Twitterでの口コミ情報を集めてみました!

とりあえず初回のファンドは応募しようかな。
利回り8%の3ヶ月の案件は買い得。

入金手数料とられるから実質1万円で投資は向いてない。

このまま高利回り案件が続くと良いけど、、

正直、口コミはサービス初期というのもあってなかなかありませんでした。
とりあえず上がっているのは、
・初回ファンドは好評
・入金手数料が痛い
・様子見したい

この3点が多かったです。
ファンドはかなり激アツなのでじぇいも申し込もうかなと考えています。

DARWIN fundingの実績

2022/10月時点でのDARWIN fundingの案件は下記図のようなものがあります。

まだ二つしかファンドはありませんが、どちらも「高利回り+短期案件」になっており、募集倍率も高くなっています。
とはいえ、大手不動産クラウドファンディング会社でこのレベルのファンドを出すと、倍率はもっと高いです。
良いファンドに人が集まっていない今が狙い目ですね。

DARWIN fundingの登録方法

DARWINfundingの登録キャンペーン
Amazonギフト券1000円ゲット!!
報酬:Amazonギフト券1,000円
方法:新規登録で配布
DARWINfunding
会員登録はこちら!

DARWIN fundingの会員登録の流れ
①会員登録
②出資者登録(本人確認)

必要なもの
・メールアドレス
・スマートフォン

*ハガキで本人確認の場合は不要
・銀行口座
*通帳、キャッシュカード、ネットバンキングのスクショのいずれかの画像のアップロードが必要
・身分証明書1点

*運転免許証、マイナンバーカード、在留カード、住民基本台帳カード、運転経歴証明書、特別永住者証明書、のいずれかが必要

詳しい登録方法やキャンペーン情報は下記記事で解説しています!

DARWIN fundingのキャンペーン

DARWIN fundingで登録キャンペーンなどが行われているときはここに表示しておきます。

DARWINfundingの登録キャンペーン
Amazonギフト券1000円ゲット!!
報酬:Amazonギフト券1,000円
方法:新規登録で配布
DARWINfunding
会員登録はこちら!

DARWIN fundingは怪しい?信頼の証拠は?

結論
DARWIN fundingは詐欺の類ではない。

おそらくDARWIN fundingが怪しいと勘繰っておられる方は、不動産投資そのものに信頼性が低いのかなと思います。
たしかに、営業でかかってくる不動産の電話などは怪しさ満点ですからね。。。

DARWIN fundingが詐欺ではない理由もあげておくね!

DARWIN funding自体は2022/8月に初ファンドを出した新サービスですが、運営元のダーウィンアセットパートナーズ株式会社は2009年9月18日に設立されています。
資本金も1億あり、住所も記載されているので、実態のある会社です。親会社が不動産販売をしていた会社ですので、不動産に強い強みを持っていますね。
そのため、ここからDARWIN fundingを使って詐欺まがいの事業を行う可能性は限りなく低いと考えています。

資本金も十分だし、この状態で詐欺を働いて、、、ていうのはなかなか想像しにくいかな。

まとめ

DARWIN fundingのメリット
・高利回り案件が多い
・投資期間が短い案件が多い
・優先劣後構造を採用
・新規会社なので、ライバルが少ない
DARWIN fundingのリスク
・元本保証はない
・入出金手数料がかかる
・歴史が浅い

DARWIN fundingはこれから始まるサービスだから深いところまではまだわからないね。
ただ、激アツファンドである「利回り6%以上+投資期間12ヶ月以下」のファンドが公開されているので、ぜひ手持ちにいれておきたい不動産クラウドファンディング会社だね。

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!

DARWINfundingさんのニュースに掲載されました!
掲載記事はこちら!

コメント