AlternaBank(オルタナバンク)の評判!実績など徹底解析!

資産形成

AlternaBank(オルタナバンク)の評判!
実績など徹底解析!

AlternaBank(オルタナバンク)の評判は?
過去案件を解析し、強みと弱みを解説!
また、投資するべき案件条件も大公開しています!

この記事でわかること
・AlternaBank(オルタナバンク)とは?
・メリットや特徴
・デメリットとリスク
・投資したいファンド条件
・オルタナバンクのファンド実績
・怪しい・怪しいの評判や口コミの真相
・キャンペーン情報

オルタナバンクキャンペーン情報
リニューアルキャンペーン
日程:2023年1月16日~5月11日
内容:
①累計投資額上位150位までの方に、以下の表に沿った金額をキャッシュバック

②募集ファンド毎に、抽選で30名様に1,000円をキャッシュバック
期間中に募集をする各ファンドにおいて、抽選で30名様に1,000円をキャッシュバック
オルタナバンク
口座開設はこちら!

AlternaBank(オルタナバンク)とは?

サービス名AlternaBank
(オルタナバンク)
社名SAMURAI証券株式会社
代表取締役山口 慶一
本店所在地東京都港区赤坂2丁目17番46号 グローヴ4階
利回り実績中央利回り約6%
*2023/1月時点
*直近50件のファンドから抽出
公式サイトAlternaBank公式HP

オルタナバンクは古くからあるソーシャルレンディングサービスを運営です。
もともとSAMURAIFUNDという名称でしたが、2023/1月にオルタナバンクに名称変更したサービスです。
直近ファンド50件の中央利回りは約6%とかなり高い水準のファンドを出しており、投資期間も短めのファンドが多いです。
またファンド組成回数が非常に多いことでも有名で、とりあえず登録しておけば利回り6%以下のファンドに投資することはなくなるかと思います。

AlternaBank(オルタナバンク)の仕組み

オルタナバンクの仕組みはソーシャルレンディングです。
下図のような仕組みでオルタナバンクは運営されています。

ソーシャルレンディングとはお金を融資してほしい企業や人と、お金を融資して利息でお金を増やしたい投資家をマッチングするサービスのことです。
一度投資すれば自動的にファンドから分配金が支払われ、満期になると元本が返済されます。
仲介業者が間に入り、「不特定多数の個人投資家」からお金を集めて「選定された投資先」に投資するという認識でOKです!

基本的な構造はよくあるソーシャルレンディングと同じだね。
それでもオルタナバンクに投資するべき理由があるんだ。
次はオルタナバンクの特徴について解説するね。

AlternaBank(オルタナバンク)の特徴

オルタナバンクのメリット
・高利回り案件が多い
・投資期間が短い案件が多い

・ファンド組成数が非常に多い
・元本回収実績100%
商品は債務保証付きのものが多い

・幅広い商品に投資可能

高利回り案件が多い

ポイント
・中央利回り約6%と高い

*直近の50件のファンドで算出
・激アツである利回り6%以上の割合は60%

2023/1月時点で約500件のファンドを運用しています。直近の利回り実績を強く反映させるために、実際に投資に関係してくる直近50件のファンドで計算しました。
直近50件のファンドの中央利回りは約6%で、激アツファンド基準である6%以上のファンド組成確率は60%(30件/50件)とかなり高利回り案件が多いです。
後ほど説明しますが、ファンドの投資期間は短めに設定されており、ファンド組成回数が多いのも魅力です。

投資期間が1年以下+利回り6%以上」のファンド募集の時のみ参加するスタイルでよいかな。
とりあえず口座開設だけしといて、激アツファンド募集があるのを待つスタイルだね。
*じぇいの激アツファンドのみの投資戦略の詳細はこちら

投資期間が短い案件が多い

ポイント
・1年以下のファンドの割合が89%
・6ヶ月以下のファンドの割合が60%

*直近の50件のファンドで算出

2023/1月時点では直近50件で組成されているファンドの89%が1年以下の投資期間となっていました。
また、超短期ファンドである6ヶ月以下のファンドの割合は60%でした。
基本的には6ヶ月〜12ヶ月のファンドが多いので、非常に投資しやすいファンドが多いです。

ファンド組成数が非常に多い

ポイント
・月に10ファンドほど組成している
・ほとんどが先着案件

オルタナバンクは月に10本ほどのファンドを作っています。また前述した通り、そのほとんどが「利回り6%以上+期間12ヶ月以下」の激アツファンドです。
しかし、そのほとんどが先着であるため、ファンド組成を知った際には募集終了となっていることも多いです。
利回りカレンダーであれば、毎朝見るだけで10社以上のファンド情報をスマホのカレンダーで確認することができるので、高利回りの先着ファンドにガンガン応募することができます。
利回りカレンダーの登録方法はこちら

元本回収実績100%

ポイント
・元本回収実績100%
・投資をして損失が出たケースはまだない。

元本回収実績はあくまで実績なので、今後の補償をするものではありません。ただし、現時点で損失割合が0%というのは心強いですね。
元本回収実績100%を目指すために、次で説明する「債務保証付きのものが多い」ことが重要になってきます。

商品は債務保証付きのものが多い

ポイント
・ほとんどの商品に債務補償がついている。

債務補償とは、返済遅延や返済不能が発生した場合に保証会社がそれを肩代わりしてくれる制度のことです。つまり、なんらかの不測の事態があっても、予測通りの利回りが狙えるということですね。
債務補償は以下の図のような仕組みになっています。

このような投資家を守る補償が全てのファンドではないですが、ほとんどのファンドについています。
もともとオルタナバンク側で選定された投資商品であることに加えて、この債務補償です。
これらのディフェンシブな施策のおかげで元本回収実績100%が実現しているわけですね。

幅広い商品に投資可能

ポイント
・国内・海外・地方創生・不動産・Fintechなど様々な分野に進出
・ファンド組成が多い

オルタナバンクでは「海外企業」「海外銀行」「国内不動産」「国内地方開発」など様々な分野に投資をしていきます。そのため、ファンド組成が他企業に比べて多いため投資しやすい状況にあります。
とはいえ、これだけ足を広げても「元本回収実績100%」なのでかなり低リスクで利回り6%以上を狙うことができています。

ソーシャルレンディングやクラウドファンディングをしていると不動産に偏りがちだからね。ポートフォリオの拡充にもなるね!

AlternaBank(オルタナバンク)のデメリット

オルタナバンクのリスク
・元本保証はない
・入出金振り込み手数料がかかる

元本保証がない

ポイント
・過去の実績が回収率100%
・元本保証があるわけではない

オルタナバンクが元本回収率100%と言っても、元本保証はありません。
しかし上記で紹介した通り、「オルタナバンクが選定した投資である」「過去500件のファンドは元本回収実績100%」「ほとんどの商品に債務補償が付いている」などの理由で安全性はかなりのものです。

入出金振り込み手数料がかかる

ポイント
・GMOあおぞらネット銀行への出金は無料
・それ以外への出金は一律145円/件かかる
・入金は各自使用している銀行の金額に依存する

オルタナバンクではGMOあおぞらネット銀行以外へ出金する場合は手数料として145円/件かかります。
そのため1万円で4ヶ月の投資ですぐに出金してしまうと予想より利回りが低くなる可能性があります。
ある程度まとまった額を出金するなど対策が必要かと思います。

入金に関しては各自の使用銀行に振り込み手数料に依存しているよ!
じぇいの場合は楽天銀行だから無料だね。

AlternaBank(オルタナバンク)で投資するべきファンド条件

投資すべきファンド条件
・利回りは6%以上の案件
・投資期間はできれば12ヶ月以下の案件

上記の条件はオルタナバンクに限らず、全てのほったらかし投資で言える条件だね。
こういった不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディングは激アツ案件以外はスルーして、美味しいところだけ食っていくのがじぇいのスタイルだね。
ちなみにオルタナバンクの場合は上記に該当する案件が多数存在しているよ!

ただし上記の条件のような激アツ案件は出現確率が少ないのも事実だね。
それでも投資できる理由は複数のクラウドファンディング会社を常にチェックしているからだね。

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!

AlternaBank(オルタナバンク)の実績

オルタナバンクの過去の募集ファンドの利回りと投資期間を解析してみました。
2023/1月時点で約500件のファンドを運用しています。開始当初は利回りが高いファンドが多い傾向にあるので、実際に投資に関係してくる直近50件のファンドで計算しました。
以下のグラフが過去ファンドの傾向になります。

AlternaBank(オルタナバンク)の過去の利回り実績

激アツファンドの目安である利回り6%以上のファンド総数は30件/50件で60%の確率であることがわかりました。
利回り5%以上からじぇいは投資を考えるのですが、この数字はかなり良いですね。
必ず開設しておくべき会社といえるでしょう。

じぇいは激アツファンドの割合が10%以上ならとりあえず開設しておくことをおすすめするよ!
激アツファンドがでてから口座開設しても間に合わないからね。

AlternaBank(オルタナバンク)の過去の投資期間実績

激アツファンドの目安である投資期間12ヶ月以下のファンド総数は44件/50件で89%の確率であることがわかりました。また超短期である6ヶ月以下のファンド組成確率は60%(30件/50件)でした。

ファンドへの投資期間が短いほど投資しやすいから投資家にとってはありがたい話だよね。
今後も短い投資期間のファンドが多いと嬉しいね。

AlternaBank(オルタナバンク)のキャンペーン

入会キャンペーンなどお得な情報がある場合はここに表記しておきます。

オルタナバンクキャンペーン情報
リニューアルキャンペーン
日程:2023年1月16日~5月11日
内容:
①累計投資額上位150位までの方に、以下の表に沿った金額をキャッシュバック

②募集ファンド毎に、抽選で30名様に1,000円をキャッシュバック
期間中に募集をする各ファンドにおいて、抽選で30名様に1,000円をキャッシュバック
オルタナバンク
口座開設はこちら!

オルタナバンクのキャンペーン情報やポイントサイトからの登録情報をまとめた記事を掲載しています!

危ない・怪しいの評判や口コミの真相

googleなどでオルタナバンクと検査すると「オルタナバンク危ない」「オルタナバンク怪しい」などの予測変換がでてきます。
実際のところオルタナバンクは怪しいのかを検証していきます。

結論
オルタナバンクは詐欺の類ではない。

正直予測変換に関しては、不動産クラウドファンディング会社やソーシャルレンディング会社は全てでてくるので問題無いかと思います。
おそらくオルタナバンクが怪しいと勘繰っておられる方は、貸付投資そのものに信頼性が低いのかなと思います。
たしかに、営業でかかってくる投資の電話などは怪しさ満点ですからね。。。

オルタナバンクが詐欺ではない理由もあげておくね!

SAMURAI証券株式会社

オルタナバンクの運営元であるSAMURAI証券は2002年2月に設立された伝統ある会社になります。
募集されたファンド総数は500件にものぼり、現在返還済みのファンドで元本割れしたものはありません。

投資に絶対はないけど、今まで何件ものファンドを運営してきた実績があるのは信憑性が高いよね。
株式会社SAMURAI証券の情報を掲載しておくね!

過去の運用実績は良好

2023/1月の時点で500ファンド組成されています。
ここまで元本割れ実績は一切なく、遅延や延滞などもありません。
ほとんどの商品に債務補償をつけるなどの投資家保護の行動がしっかり成果として出ている証拠ですね。

SNS上での口コミや評判

これだけファンドがある中で利回りが非常に高くて優秀

ファンド情報公開が遅いから投資が少し難しい。

出金手数料が地味に痛い。

口コミでは主に
・利回りの高さが好評
・投資期間の短さが好評
・出金手数料が悪評
・ライバル過多による投資の難しさ

の上記4点がよくみられる口コミでした。
不動産クラウドファンディングは最近人気なので、どこも当選が困難ですね。
数撃つしかありません!!

まとめ

オルタナバンクのメリット
・高利回り案件が多い
・投資期間が短い案件が多い

・ファンド組成回数が非常に多い
・元本回収実績100%
商品は債務保証付きのものが多い

・幅広い商品に投資可能
オルタナバンクのリスク
・元本保証はない
・入出金振り込み手数料がかかる

オルタナバンクは今までに500件以上のファンドを組成し、全てが元本回収に成功している超優良会社です。
利回り6%以上のファンド確率は60%、投資期間12ヶ月以下のファンド確率は89%と内容もかなり魅力的なものです。
激アツファンドである「利回り6%以上+投資期間12ヶ月以下」のファンドが多く公開されているので、ぜひ手持ちにいれておきたい不動産クラウドファンディング会社ですね。

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!

コメント