本ページはプロモーションが含まれています

マネーファームの評判!金銭債権投資の仕組みや安全性を解説!

資産形成

他にもAmazonギフト券や楽天ポイントが貯まるキャンペーンを紹介中!
5分程度の登録作業で高時給バイトになりますね👍
キャンペーン一覧はこちら

マネーファームの評判!
金銭債権投資の仕組みや安全性を解説!

金銭債権ををトークン化して、一定期間後に金銭を受け取ることができるのがマネーファーム!
投資の仕組みから安全性まで評価しました!
また、投資するべき案件条件も大公開しています!

この記事でわかること
・マネーファームとは?

・マネーファームの仕組み
・メリットや特徴
・デメリットとリスク
・投資したいファンド条件
・マネーファームのファンド実績
・怪しい・危険の評判や口コミの真相
・キャンペーン情報

直近ファンド情報
再生可能エネルギー事業開発支援ファームチケット
・年利8.1%
・期間1ヶ月
・先着
・3/21~
再生可能エネルギー事業開発支援#2ファームチケット
・年利8.6%
・期間1ヶ月
・先着
・3/21~

マネーファームとは?

サービス名Money Farm(マネーファーム)
社名株式会社3rd Economy
*親会社は株式会社Relic.
本店所在地東京都渋谷区恵比寿4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー19F
利回り実績8.1%~8.6%
公式サイトマネーファーム公式HP

マネーファーム株式会社3rd Economyが運営しているトークン化債権マーケットプレイスです。
金銭債権が裏付けされているトークン(ファームチケット)を購入することで、一定期間経過後に金銭を受け取り利益を出します。
金銭債権は価値が変動しにくいので、中長期で安定した資産形成として当サービスを使うことができます。

ここで重要なのは『金銭債権』『トークン化の仕組み』を理解することです。この点について解説していきます。

マネーファームの仕組み

「金銭債権を売却して早期に現金化したい企業等」と「将来受け取る予定の金銭より安い価格で権利購入することで、お金を増やしたい個人等」をマッチングさせるサービスです。

これだけで理解するのは難しいので、まずは金銭債権ってどんなものかを解説します。

金銭債権とは『お金を交付するよう求めることができる権利』のことです。
例えば、
・3月働いたから4月に給料を貰う権利
・預金したお金を引き出す権利
・システムを納入したから支払いを求める権利

などなどお金を請求する権利のことです。

以外にも身近なところで金銭債権はあります。
マネーファームで取り扱う金銭債権の例も見ていきましょう。

マネーファームで取り扱うことになるのは主に『売掛債権』と言われるものになるかと思います。
例えば『システムを納入したから支払いを求める権利』などになります。
しかし、企業側からすると商品は引き渡したのに、実際に現金が着金するのは意外と遅かったりもします。

ここでマネーファームの登場です。
あとは着金だけだけど、早期に現金化したい企業と個人投資家をマッチングします。

マネーファームでは債権者から金銭債権を買い取り、ファームチケットという形で額面より安い価格で投資家に販売します。
先ほどの例で記載すると
・債務者=導入する会社
・当初の債権者=システム開発企業

となります。

一定期間経過後に債務者が額面通りの金銭をマネーファームに支払います。
その後ファームチケットを持っていた投資家に分配される形になります。
この時、最初に債券を額面より安い価格で購入しているので、その差額が利益になる形です。

イメージとしては、
①2ヶ月後に100万円受け取れる権利を90万で購入する
→企業的は10万円払って早期に現金化できる
②2ヶ月後に100万円受け取って、差額が利益になる
という流れです。

クラウドファンディングみたいに多数の投資家で実行するのは初めてですが、同じようなサービスはファクトリングという名前で昔からあります!
企業側からしたら、普通のファクタリングサービスと違いはありません。

マネーファームの特徴

特徴(メリット)
・高利回り案件が多そう
・投資期間は短めの案件が多そう

・金銭債権を裏付けしているので安全性は高い
・3タイプの金銭債権から選べる
・ファームチケットの情報がしっかり掲載されている

高利回り案件が多そう

通常のファクタリングサービスでは1%〜9%が相場です。
この%は年利ではなく、1決済の単位です。
例えば、半年後受け取りの金銭債権を4%利益で買い取ったら、年利換算では8%になります。

利回りは高くなると予想しています。
案件が充実してきたら、実績ベースの記事に更新します。

投資期間は短めの案件が多そう

ある程度支払い予測がついたものが金銭債権になるので、長期の案件は少なくなると予想しています。
最近の不動産型や融資型のクラウドファンディングサービスでも12ヶ月以下の案件が多いですし、あまり長期な案件は出しにくいかと思います。

金銭債権を裏付けしているので安全性は高い

一般的に不動産や株式などと違い値動きがないので、相場の影響を受けにくいのが金銭債権の特徴です。
その反面に債務者や履行内容などのをよく確認する必要があります。
マネーファームでは3タイプの金銭債権が案件としてあり、それぞれの情報も掲載されているので、しっかり吟味することができます。

マネーファームの案件についてもっと深く解説していきます。

3タイプの金銭債権から選べる

①確定債権
給付を受ける金額の額や日が確定している債権
確定債権を取得した場合、確定している履行内容に基づく予定日に予定の金銭の給付を債務者から受けることになります。
ポイント
確定債権を取得する場合、一般的に、『金銭債権の債務者が債務を履行することができるか』という観点を中心に取得を判断します。
②将来債権
債券の根拠となる取引が完了していない時点の債権
商品やサービスの提供や入金日が確定されていなくても取引の契約書等が締結されている状態であれば、おおよそ確定することができ、将来債権とみなします。
ポイント
将来債権を取得する場合、一般的に、『金銭債権の債務者が債務を履行することができるか』という観点を中心に判断します。
③集合債権
債務者に対する複数の特定された個々の確定債権や将来債権を、1個の集合とした債権
例えば、1年間毎月100万円の商品を提供する契約がある場合、既に確定債権となっている債権と、将来発生するであろう将来債権が存在しますが、これを一括した債権として取り扱う場合などになります。

マネーファームでは案件ごとに債権情報などがしっかり記載されますので、どこに何が書いてあるかを解説します。

ファームチケットの情報がしっかり掲載されている

  1. 販売金額
    販売金額の最小購入単位
  2. 予定収穫金額
    最小購入単位の金銭債権において、給付される予定金額
  3. 収穫期
    金銭債権に基づき金銭の給付が行われる予定日
  4. 期待リターン
    投資金額に対してどの程度の利益が期待できるかを年利回りに換算したもの
  5. 権利タイプ
    金銭債権の権利の分類となります。
    確定債権、将来債権、集合債権の分類
  6. 購入可能枚数
    販売上限数に達した場合「売り切れ」となり、購入申し込みができない状態となります
  7. 最低成立販売数
    販売期間の終了時点で申込数が最低成立販売数を下回っていた場合、その金銭債権(ファームチケット)の販売は中止され、申し込みは自動的にキャンセル扱いとなる
  8. 最低購入数量
    ユーザーあたりに購入申し込みが可能な最小単位の数量
  9. 販売方法
    購入申し込みが可能な期間が記載
  10. 裏付けとなる権利の概要
    どのような取引・契約に基づき発生する金銭債権であるのか、概要の説明が記載
  11. 債権情報
    金銭債権の根拠となる契約の内容が記載

マネーファームのファンド募集ページで確認することができる情報になります。
特に2,3,4,5,10,11は要確認の箇所かと思いますので、チェックしていきましょう。

マネーファームのデメリット

デメリット
・元本割れリスクはある
・すぐに換金できない
・入金手数料がかかる

元本割れリスクはある

ポイント
・元本保証があるわけではない

マネーファーム固い案件を目指していると言っても、元本保証はありません。
しかし上記で紹介した通り、金銭債権であるため比較的安全性が高い投資かと思います。
ただし、金銭債権の内容などはチェックして投資するようにしましょう。

すぐに換金ができない

ポイント
・原則投資期間中の換金はできない

こういったソーシャルレンディングや不動産クラウドファンディングのような投資では、基本的に元本の返還は満期まで受け取れません。そのため長期のファンドはリスクが高く、短期ファンドへの投資をお勧めしています。
やむを得ない事象がある場合は直接連絡する必要があります。

入金手数料がかかる

ポイント
・入金手数料は投資家負担

・出金手数料は無料

マネーファームでは入金手数料は投資家負担となっています。
各銀行によって手数料は違うので、自分の使用している銀行を確認してください。
出金に関しては無料となっています。

マネーファームで投資したいファンド条件

投資すべきファンド条件
・利回りは6%以上の案件
・投資期間はできれば12ヶ月以下の案件

上記の条件はに限らず、全てのほったらかし投資で言える条件だね。
こういった不動産クラウドファンディングやソーシャルレンディングは激アツ案件以外はスルーして、美味しいところだけ食っていくのがじぇいのスタイルだね。

ただし上記の条件のような激アツ案件は出現確率が少ないのも事実だね。
それでも投資できる理由は複数のクラウドファンディング会社を常にチェックしているからだね。

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!

マネーファームの実績

ファンド年利投資期間債券の種類
1号ファンド8.1%1ヶ月確定債権
2号ファンド8.6%1ヶ月確定債権

高利回りの短期案件となっています。
今後もこのような期間が短くて利回りが高い案件が組成されることを願います。

危ない・怪しいの評判や口コミの真相

googleなどでマネーファームと検査すると「マネーファーム危ない」「マネーファーム怪しい」などの予測変換がでてきます。
実際のところマネーファームは怪しいのかを検証していきます。

結論
マネーファームは健全

正直予測変換に関しては、認知度の低い不動産クラウドファンディング会社は全てでてくるので問題無いかと思います。

・運営元と親会社
・代表取締役の橋村さん
・法律顧問
・評判と口コミ
について書いています。

株式会社3rd Economy

マネーファームは株式会社3rd Economyによって運営されています。
この会社自体は2023年8月に設立されており、このマネーファーム実行のために作られた会社
かと思われます。
親会社は株式会社Relicであり、そちらについても記載しておきます。

下記が株式会社3rd Economyの概要になります。
この下に親会社の株式会社Relicについても掲載しておきます。

会社名株式会社3rd Economy
代表取締役橋村 純
取締役副社長倉田 丈寛
取締役北嶋 貴朗 / 中村 秀造 / 花田 昌俊
所在地〒150-6019
東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号
恵比寿ガーデンプレイスタワー19F
事業内容トークン化債権のマーケットプレイス運営
設立2023年8月
法律顧問TMI総合法律事務所

株式会社Relic

株式会社3rd Economyの親会社は株式会社Relicとなっています。
日本企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援している会社です。
ざっくり簡単にいうと、新規事業に対して投資をしたりアドバイスしている会社です。

スタートアップ企業に資金繰りにマネーファームを使ってくるかもね!
株式会社Relicの会社概要も記載しておきます。

会社名株式会社Relic (Relic Inc.)
代表取締役北嶋貴朗
所在地【本社】
〒150-6008
東京都渋谷区恵比寿4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー19F
*本社のみ掲載しました
資本金5,400万円(資本準備金含む)
創業2015年8月
許認可労働者派遣事業 許可番号(派13-314462)
有料職業紹介事業 許可番号(13-ユ-313432)
全省庁統一資格
ISO_IEC27001/ISMS
主要取引銀行日本政策金融公庫・三井住友銀行・みずほ銀行
りそな銀行・北陸銀行・福岡銀行
紀陽銀行・きらぼし銀行・東日本銀行
香川銀行・商工中金 ほか
事業内容・SaaS型イノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle」の提供
・ネットワーク型クラウドファンディング構築サービス「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」の提供
・新規事業/イノベーション専門メディア「Battery」の提供
・オープンイノベーション支援ソリューション 「asta*ENjiNE」の提供
・新規事業開発コンサルティング、インキュベーション支援
・オープンイノベーション / 新規事業創出プログラム/社内ベンチャー制度の支援
・マーケティング・営業/戦略的アライアンス支援
主要取引先株式会社日本経済新聞社、株式会社NTTドコモ、パナソニック株式会社、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、シャープ株式会社、株式会社博報堂、ソニー株式会社、京セラ株式会社、三井不動産株式会社、 三菱商事株式会社、野村ホールディングス株式会社、株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社電通国際情報サービス(ISID)、株式会社ジェイアール東日本企画、大日本印刷株式会社、 朝日放送グループホールディングス株式会社、凸版印刷株式会社、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、株式会社エイブルホールディングス、サッポロ不動産開発株式会社、
ライオン株式会社、ANAセールス、楽天野球団、神奈川県庁、藤田観光株式会社、LINE株式会社、株式会社マイナビ、株式会社セプテーニ、エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社、株式会社横浜DeNAベイスターズ、 株式会社デライト・ベンチャーズ、KPMGコンサルティング株式会社、株式会社アニメイト、株式会社ゼンリンデータコム、パーソルキャリア株式会社、株式会社 荏原製作所、株式会社東京ドーム、 株式会社小学館集英社プロダクション、トヨタコネクティッド株式会社、エキサイト株式会社、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社、国分グループ本社株式会社、アスタミューゼ株式会社
顧問弁護士ネクセル総合法律事務所 弁護士・弁理士 成川 弘樹

マネーファームの運営会社である株式会社3rd Economyの代表取締役は『橋村 純』氏となっています。
この橋村さんはもともと日本最大規模のクラウドファンディングサイトであるクラウドバンクの代表取締役社長を勤めていた方です。
マネーファームはクラウドファンディングとは少し異なる仕組みを用いていますが、『多数の個人投資家の資金で投資する』という点では変わりありません。
金融庁などとのやりとりもしっかりと行われているかと思われます。

法的な部分はかなりしっかりされていると想定しています!

SNS上での口コミや評判

開始間もないサービスですので、各種SNSなどにも口コミはあまり掲載されていませんでした。
ここの欄に関しては、随時更新していく予定です。

キャンペーン情報

入会キャンペーンなどお得な情報がある場合はここに表記しておきます。

キャンペーン情報
現在登録キャンペーンは特に開催されていません。
投資キャンペーンについては最新ファンド情報と一緒に掲載しておきます。

まとめ

ポイント
・高利回り案件が多いかも
・金銭債権に投資できる
・これから期待のサービス

マネーファーム株式会社3rd Economyが運営しているトークン化債権マーケットプレイスです。
金銭債権が裏付けされているトークンを購入することで、一定期間経過後に金銭を受け取り利益を出します。
金銭債権は価値が変動しにくいので、中長期で安定した資産形成として当サービスを使うことができます。

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!