クラウドバンクで年利約6%稼ぐ!メリットやリスクを徹底解説!

商品紹介

【ほったらかし投資】
クラウドバンクで年利約6%稼ぐ
メリット・リスク
実績や評判から徹底解説

日本クラウド証券が運営するソーシャルレンディング会社であるクラウドバンク。
投資家からの人気沸騰中のソーシャルレンディングサービスの中でも最大手会社です。
クラウドバンクのメリットとリスクや実績と評判について解説していきます。

この記事でわかること
・クラウドバンクとは
✔︎安全性は?平均利回りは?
・クラウドバンクのメリット
✔︎他サービスより優れている点
・クラウドバンクのリスク

✔︎リスクとその対応策
・クラウドバンクの評判や口コミ

✔︎みんなの口コミ掲載中

クラウドバンクとは?

サービス名クラウドバンク
運営会社名日本クラウド証券株式会社
サービス開始年2013年
累積募集額約1,300億円
期待利回り平均6.8%
公式サイトクラウドバンクの公式サイト

クラウドバンクは平均利回り6.8%で様々な企業等に投資できる、国内最大手のソーシャルレンディング会社です。
国内会社の中でも歴史がある会社で、実績や取り扱いファンド数などで大きな強みを持っています。

ソーシャルレンディングってなに?

ソーシャルレンディングとはお金を融資してほしい企業や人と、お金を融資して利息でお金を増やしたい投資家をマッチングするサービスのことです。
一度投資すれば自動的にファンドから分配金が支払われ、満期になると元本が返済されます。
仲介業者が間に入り、「不特定多数の個人投資家」からお金を集めて「選定された投資先」に投資するという認識でOKです!

ほったらかし投資に活用するユーザが多く、その実績や評判からクラウドバンクはソーシャルレンディングで人気No.1のサービスとして選ばれています。

クラウドバンクの安全性

クラウドバンクはソーシャルレンディング会社の中でも安全面ではピカイチの実績と実力を持っています。
・元本回収実績100%
・第一種金融商品取引業者である
・担保設定で厳格なリスク対策

この3つで安全性の優位を誇っています。

・元本回収実績100%の実績

クラウドバンクが一番おすすめできるポイントは「創業から元本回収率100%で貸し倒れ一切なし」という点です。
ソーシャルレンディング会社で元本回収率100%というのはめったにありません。
それだけの安定性を維持しながら平均利回り6.8%と高利回りを叩き出しているのはクラウドバンクのみになります。
Fundsなども元本回収率100%ですが、想定利回りが平均2.12%と少なくなっています。

第一種金融商品取引業者である

クラウドバンクを運営する日本クラウド証券株式会社は国の定める「第一種金融商品取引業者」として認定されています。

ほとんどのソーシャルレンディング会社は第二種金融商品取引業者」であり、「第一種金融商品取引業者」に比べて遥かに簡単に認定を受けることができます。
それに比べて、「第一種金融商品取引業者」は厳しい財務審査基準をクリアする必要があり、大手証券会社と同じ認可になります。
財務局などから認定された企業ですので、安心して運用を任せることができると言えます。

・担保設定で厳格なリスク対策

これこそがクラウドバンクが「元本回収率100%」を守り続けられる理由です。
クラウドバンクから投資を受ける企業は、「財務状況や使用用途について厳格に調査」されます。
その後に企業には募集する融資額を上回る評価額の担保が設定されます。

万が一倒産などで、融資先から回収できない場合でも、担保等による回収可能性が高く見込める仕組みとなっています。
クラウドバンクでは、「厳格な審査+徹底した担保設定」のおかげでリスクを最小限に投資をすることができます。

クラウドバンクの利回り

クラウドバンクの平均利回り実績は6.8%です。
だいたいの案件は4.2%〜8%あたりのものが多いですね。
クラウドバンク公式サイトで利回り実績を公開しているので、相当利回りに自身があると考えて良さそうです。

ちなみに他の主要ソーシャルレンディング会社の利回りは以下のようになっています。

サービス名サービス開始年期待利回り累計募集額
クラウドバンク2013年6.8%約1,240億円
Funds2019年2.12%約150億円
クラウドクレジット2014年5.1%〜12.1%約400億円

元本回収実績100%のソーシャルレンディング会社に限定すれば、ダントツの利回りとなっています。これ以上の利回りを追い求めるのであれば、それなりのリスクも必要になりますね。

銀行に利回りは高くて0.01%程度。
銀行に使わずに貯金するなら、クラウドバンクに預けておくのが良さそうだね。

クラウドバンクのメリット

クラウドバンクのメリットは以下の4つです。
・No,1の実績と信頼
・1万円から投資可能
・高配当ほったらかし投資
・ドル建て投資可能

上記が他と比べた時の優位性になります。

No.1の実績と信頼

クラウドバンクは「実績平均利回り6.80%・融資元本回収率100%・累計応募総額1,500億円突破と他と比べて突出した数値を現実に叩き出しています。

他のソーシャルレンディングサービスと比較して見ます。
「サービス開始年」「利回り実績」「累計募集額」で比較してみました。

サービス名サービス開始年期待利回り累計募集額
クラウドバンク2013年6.8%約1,240億円
Funds2019年2.12%約150億円
クラウドクレジット2014年4.8%〜12.5%約330億円

業界トップの実績と信頼がありながら、高配当利回りで資産形成を助けてくれることが分かりますね。

1万円から投資可能

クラウドバンクでは最低1万円から投資することが可能です。
また1万円以上で1円単位で投資できるため、配当金の再投資も無駄なくすることができます。
他のソーシャルレンディングサービスでは10万円から投資というのも珍しくありません。

1万円からだと複数のファンドに分散投資しやすいのも良いですね。もともとリスクは少ないですが、幅広いファンドに分散させることで、さらにリスクを抑えて運用できます。

ちなみに入金・出金手数料も無料なので、とりあえずクラウドバンクに入金しておくことも可能です。

口座開設・入出金手数料が無料!
1万円から投資可能!
これらのおかげで、簡単に始めることができるね。

ほったらかし投資可能

クラウドバンクではファンドによって融資期間が決まっています。
そのため一度投資すると、運用期間中はほったらかし投資をすることが可能です。
運用益が毎月コンスタントに支払われ続けます。

株式などの場合は、どうしても毎日値動きがあるので、株価の変動に注意していなければいけません。
ソーシャルレンディングは銀行の利息のようにお金が入るので、投資後に具体的な作業は必要ありません。
毎月支払われる利子をニヤニヤしながら眺めるだけで大丈夫です。

投資後は特にやるべきことはないよ。
毎月利子が入るのを楽しむだけだね。
時間がない人や株式の知識がない人にもおすすめだね!

ドル建て投資できる

クラウドバンクは海外事業も積極的なので、ドル建ての高利回りファンドに投資することが可能です。
サイト内で日本円を外貨に両替することができるため、簡単にドル建て投資をすることが可能です。

海外投資案件に日本円で投資&日本円で分配金を受け取るファンドも数多くあります。

クラウドバンクではドル建てで投資できるだけでなく、ドルで分配金を受け取ることが可能です。
任意のタイミングで円に戻すことができるのは大きなメリットです。
為替損益をある程度コントロールできるので、為替による損失を抑えたり、利益を伸ばすことも可能です。

クラウドバンクのリスク

クラウドバンクのリスクは主に3つあります。
・元本保証がない
・運用期間中は資金がロックされる

・ファンド募集が少ない
上記3つがリスクになります。

元本保証がない

クラウドバンクが元本回収率100%と言っても、元本保証はありません。
過去に元本割れしたことがないため起こる確率はかなり低いですが、保証はないということです。
とはいえ、クラウドバンクでは回収率100%を維持するために厳重なリスク対策が講じられています。

クラウドバンクから投資を受ける企業は、「財務状況や使用用途について厳格に調査」されます。
その後に企業には募集する融資額を上回る評価額の担保が設定されます。
万が一倒産などで、融資先から回収できない場合でも、担保等による回収可能性が高く見込める仕組みとなっています。
クラウドバンクでは、「厳格な審査+徹底した担保設定」のおかげでリスクを最小限に投資をすることができます。

投資にリスクはつきもの!
ただそのリスクが限りなく低く抑えられているね。

運用期間中は資金がロックされる

ソーシャルレンディングでは融資期間中は資金を動かすことができません。
ここも株式との大きな違いといえますね。

運用期間はファンドによって異なりますが、3ヶ月〜16ヶ月のものが多いように感じます。
ほったらかし投資は利点ですが、その期間中の引き出しはできないことを頭に入れておきましょう。

すぐに引き出すお金は使わないようにしよう。
銀行に長期間眠らせるお金を投資にまわそう!

ファンド募集が少ない

クラウドバンクのファンド募集はそこまで多くはありません。
貸し倒れ0のために、かなり厳密に審査しているので募集が少ないのも仕方ないかもしれませんね。。
また人気サービスのためすぐに募集が埋まりやすいのも理由の1つであります。

ソーシャルレンディングでは「貸したいのに貸せない!」「投資したいのに投資できない!」という金余り状況になりがちです。
そこで「Funds」や「クラウドクレジット」など3つ程度のソーシャルレンディング会社を開設しておくことをオススメします。

Fundsは利回りは低いけど、リスクの少なさが魅力だよ!
元本回収実績100%の実績もあるしね。

クラウドクレジットは高利回りが1番の魅力!
ただ、一定の確率で元本が減ることもあるから取扱注意だね。

クラウドバンクの評判・口コミ

twitterに存在するクラウドバンクのリアルな口コミを見ていきましょう。

みなさん確実に分配金による利益を積み上げていますね。
まぁ「平均年利6.8%+元本回収率100%」なので、誰がやっても同じくらいの利益になるんですけどね。

利用者も満足している声が多そうだね。
とにかく損をした声がないのはいいこと!

【まとめ】クラウドバンクのポイント

クラウドバンクのポイント
・ソーシャルレンディング会社で圧倒的な実績!
「実績平均利回り6.80%・融資元本回収率100%・累計応募総額1,500億円突破」と他社の追随を許さない圧倒的な実績を持っています。
・徹底したリスク管理
「貸付企業には募集する融資額を上回る評価額の担保が設定」されているので、元本割れのリスクが限りなく低くなっています。
・人気No1サービス
利用者からの評判もよく、ソーシャルレンディング業界で人気No.1のサービスとなっています。

投資初心者の方から上級者の方まで、幅広く使用されているソーシャルレンディング会社となっています。

・平均6.8%の利回り
・徹底したリスク管理
誰でも簡単に運用できるのが強みだね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました