クラウドクレジットのメリット&リスク!貸し倒れ確率と対策は?

資産形成

【クラウドクレジット】
メリット&リスク
貸し倒れ確率やリターンは?

数あるソーシャルレンディングサービスの中でも圧倒的な利回りを誇るのがクラウドクレジット 。
クラウドクレジットのメリットとリスクや貸し倒れが起こる確率を紹介していきたいと思います。

この記事でわかること
・クラウドクレジットとは
✔︎ソーシャルレンディングとは?利回りは?
・クラウドクレジットの貸し倒れ確率
✔︎貸し倒れ確率と損失割合は?対策は?
・クラウドクレジットのメリット
✔︎他サービスより優れている点
・クラウドクレジットのリスク
✔︎リスクとその対応策
・クラウドクレジットを使うべき人の特徴
✔︎どんな人がクラウドクレジットに向いている?

クラウドクレジットとは?

サービス名クラウドクレジット
運営会社名クラウドクレジット株式会社
サービス開始年2014年
累積募集額約400億以上
期待利回り5.1%〜12.1%
公式サイトクラウドクレジットの公式サイト

クラウドクレジットは年利5.1%〜12.1%と高利回りで貸し付けすることができる、リターンが高いソーシャルレンディングサービスです。
他のサービスと比べて、「ハイリスクハイリターンの投資」ができることを強みに持っています。

ソーシャルレンディングってなに?

ソーシャルレンディングとはお金を融資してほしい企業や人と、お金を融資して利息でお金を増やしたい投資家をマッチングするサービスのことです。
一度投資すれば自動的にファンドから分配金が支払われ、満期になると元本が返済されます。
仲介業者が間に入り、「不特定多数の個人投資家」からお金を集めて「選定された投資先」に投資するという認識でOKです!

ほったらかし投資に活用するユーザが多く、その中でもクラウドクレジットはかなり利回りが高いことで有名な会社です。今回はクラウドクレジットの安全面に焦点を当てて解説していきます。

クラウドクレジットの貸し倒れ確率

クラウドクレジットはハイリスクハイリターンの投資になります。
そのため貸し倒れが起こり損をする確率もあります。
・貸し倒れの確率と損失割合
・貸し倒れ対策方法
上記2点を詳しく解説していきます。

貸し倒れの確率と損失割合

・元本割れの確率

クラウドクレジットの運用商品の状況グラフがこちらになります。

執筆時点でのものです。現在の情報は公式サイトでご確認してください。

貸し倒れや元本割れを起こしている割合は、「D1.6%+E5.3%=6.9%」の確立になっています。
ソーシャルレンディング会社の中でも元本割れ率6.9%というのは高い部類に入ります。
安定的にリスクを抑えて増やしたい人は、元本回収実績100%のクラウドバンクやFundsをおすすめしています。

高いリターンにはリスクはつきものだね。
次が元本割れした場合は、どのくらいのマイナスになるかを見てみよう!

元本割れ時の損失割合

返済遅延が起きた時のクラウドクレジットの対応として、財産の回収や売却を行うことで少しでも投資者に還元しダメージを減らしてくれます。
それでは実際にどのくらいの損失を被ることがあるのかを過去の実績から見てみましょう。

以下はクラウドクレジットユーザーの損益分布図になります。

グラフから分かる通り、元本割れした際の損失割合は多くの人では「ー1%〜ー10%」の間に収まっていました。
最大損失率では「ー38%」の方もいたようです。

全体の中央値では「+5.09%」となっているので、ほとんどの方は利益を出していることが見てとれますね。

貸し倒れといっても、預けた資産が全額吹き飛ぶわけではないよ!
貸したお金の一部か帰ってこないイメージだね。
ただ、全体ではプラス収支だからきちんと分散させれば問題ないかな!

貸し倒れ対策方法

クラウドクレジットはハイリスクハイリターンの投資であるため、どうしても貸し倒れのリスクが付き纏います。
しかし、全体の中央値リターンは「+5.09%」であるため、しっかりリスク管理をすることで高いリターンを得られる投資になります。

貸し倒れの対策方法は「分散投資すること」です。
中央値の平均リターンが「+5.09%」である以上、いくつかのファンドに分散させればプラス収益で終わることができるはずです。
少なくとも5ファンド以上に分散投資させていきたいとは思います。

貸し倒れしないファンドを見つけ続けるのは難しい。。
貸し倒れがあること前提で、複数のファンドに分散させて中央値リターンを得よう!

クラウドクレジットのメリット

クラウドクレジットのメリット一覧
・利回りが高い
・ファンド数が豊富
・ほったらかし投資可能
上記が他と比べた時の優位性です。

利回りが高い

クラウドクレジットの利回り実績は5.1%~12.1%です。
ソーシャルレンディング会社の平均利回りは3%〜8%的なので、かなり高水準の利回りといえるでしょう。

ちなみに他の主要ソーシャルレンディング会社の利回りは以下のようになっています。

サービス名サービス開始年期待利回り累計募集額
クラウドバンク2013年6.8%約1,240億円
Funds2019年2.12%約150億円
クラウドクレジット2014年5.1%〜12.1%約400億円

ただし、他のソーシャルレンディング会社と比べてリスクも高いです。
クラウドバンクFandsは元本回収実績100%なので、かなり安定していると言えます。
*クラウドバンクの詳細はこちら
*Fundsの詳細はこちら

利回りの高さが最大の魅力だね!
ただし、リスクも考えて絶対に分散投資することをおすすめするよ!

個人的には、クラウドバンクFands・クラウドクレジットは全て開設して、少しづつ運用するのがおすすめ!

ファンド数が豊富

クラウドクレジットは常に10種類程度のファンドが用意されているため、すぐに投資を始めることができます。
他のソーシャルレンディング会社では、毎月数件のファンド募集のみのことが多いです。
それも、抽選や先着で2~3分で売り切れてしまうことも。。。
そのため、「投資資金は用意しているのに投資先がない!!」という状況に陥りやすいです。

ソーシャルレンディングは加熱中の人気サービスだからね。
投資したくても枠がないことも多いのが現状。
クラウドクレジットは歴史もあるし、ファンドが多いので、金余り状況にはなりにくいのが良いところだね!

またファンド数が豊富なため、最大のデメリットである「貸し倒れリスク」を軽減することもできます。
複数のファンドに申し込むことで、クラウドクレジットの中央リターンである「+5.09%」に近づけることができます。

中央リターンは良いけど貸し倒れが気になる。。
そんなときは、複数のファンドに申し込んで貸し倒れてもプラス収益になるようにしよう!
きちんとリスク管理すれば大きなリターンを得れるね!

ほったらかし投資可能

クラウドクレジットはファンドによって融資期間が決まっています。
そのため一度投資すると、運用期間中はほったらかし投資をすることが可能です。
運用益が毎月コンスタントに支払われ続けます。

株式などの場合は、どうしても毎日値動きがあるので、株価の変動に注意していなければいけません。
ソーシャルレンディングは銀行の利息のようにお金が入るので、投資後に具体的な作業は必要ありません。
毎月支払われる利子をニヤニヤしながら眺めるだけで大丈夫です。

投資後は特にやるべきことはないよ。
毎月利子が入るのを楽しむだけだね。
時間がない人や株式の知識がない人にもおすすめだね!

クラウドクレジットのリスク

クラウドクレジットのリスクは主に2つです。
・元本保証がない
・運用期間中は資金がロックされる
上記2つがリスクになります。

元本保証がない

クラウドクレジットには元本保証はありません。つまり損をするリスクがあるということです。
貸し倒れ確率でも話した通り、クラウドクレジットの貸し倒れ確率は6.9%です。
また、貸し倒れした人の損失割合は多くに人が「ー1%〜ー10%」の間にいました。
*詳しくはクラウドクレジットの貸し倒れ確率参照

ただし、全体の中央値リターンは「+5.09%」であるため、しっかりリスク管理として分散投資をすることで高いリターンを得られる投資になります。
中央値の平均リターンが「+5.09%」である以上、いくつかのファンドに分散させればプラス収益で終わることができるはずです。
少なくとも5ファンド以上に分散投資させていきたいとは思います。

中央リターンは5.09%と魅力的!
リスク対策の分散投資も募集ファンドが多いので簡単にできるね。

運用期間中は資金がロックされる

ソーシャルレンディングでは融資期間中は資金を動かすことができません。
ここも株式との大きな違いといえますね。

運用期間はファンドによって異なりますが、3ヶ月〜16ヶ月のものが多いように感じます。
ほったらかし投資は利点ですが、その期間中の引き出しはできないことを頭に入れておきましょう。

すぐに引き出すお金は使わないようにしよう。
銀行に長期間眠らせるお金を投資にまわそう!

クラウドクレジットを使うべき人の特徴

クラウドクレジットのメリットとリスクがわかったところで、どんな人が使うべきかを見ていきましょう。

・高い利益を得る投資をしたい人
クラウドクレジットは他会社よりも圧倒的なリターンを持つファンドが多いです。またファンド数も豊富なため、複数のファンドに分散させることも容易です。
・リスク分散ができる人
リターンが高い分リスクも高いです。そのため「複数のファンドに分散させる」「他会社でも運用する」などのリスク分散が必須です。
他でおすすめの会社はクラウドバンクとFundsです。2つとも元本回収実績100%なので、リスクの高いクラウドクレジットとは相性が良いはずです。

*クラウドバンクの詳細はこちら
*Fundsの詳細はこちら

クラウドクレジット使用者は
「複数のファンドに分散」
「複数の会社で分散」
の2点は心がけて運用しよう!

【まとめ】クラウドクレジットのポイント

クラウドクレジットのポイント
・高いリターンが見込める
クラウドクレジットでは5.1%〜12.1%と高いリターンが見込める!
・リスクも高い
高いリターンと引き換えに貸し倒れリスクも高い(貸し倒れ率6.9% )
そのため複数のファンドに分散して中央リターン値である5.09%を狙っていこう!
・募集ファンドがたくさんある
リスク分散にはたくさんの募集ファンドに資金を分けることが必須。クラウドクレジットでは複数の募集ファンドに簡単に投資することができる!Fundsのメリット&リスクを紹介!他サービスとの比較検証!

さらにリスクを少なくするために当ブログでは「クラウドバンク」「Funds」の開設をおすすめしています。
2つとも元本回収実績100%とリスクの少ない投資になります。そのため、リスクの高いクラウドバンクとは相性が良いです。

*クラウドバンクの詳細はこちら
*Fundsの詳細はこちら

ハイリスクハイリターンが魅力のクラウドクレジット!
しっかりリスク分散することで、利回りの高い投資が実現可能!

クラウドバンクで年利約6%稼ぐ!メリットやリスクを徹底解説!

この記事でわかること
・クラウドバンクとは
✔︎安全性は?平均利回りは?
・クラウドバンクのメリット
✔︎他サービスより優れている点
・クラウドバンクのリスク

✔︎リスクとその対応策
・クラウドバンクの評判や口コミ

✔︎みんなの口コミ掲載中

Fundsのメリット&リスクを紹介!他サービスとの比較検証!

この記事でわかること
・Fundsとは
✔︎安全性は?利回りは?
・Fundsのメリット
✔︎他サービスより優れている点
・Fundsのリスク
✔︎リスクとその対応策
・Fundsを使うべき人の特徴
✔︎どんな人がFundsに向いてる?

コメント

タイトルとURLをコピーしました