【楽天銀行とメガバンク】利率による30年後の貯金の差はいくら?

資産形成

【楽天銀行とメガバンク】
利率による30年後の貯金の差はいくら?

楽天銀行の普通預金金利は0.1%
メガバンクの普通預金金利は0.001%
利率100倍っていうけど、将来にどのくらい影響があるの?

普通預金金利とは?

普通預金金利とは、その名の通り、「普通に貯金しているお金」に対する「利息」のことです。
なので、「年利=1年あたりの利率」を意味します。
100万円を金利0.1%(楽天銀行)に預けた場合、1年間にもらえる利息は1000円になります。

金利による30年後の貯蓄の差 0.1%(楽天銀行)とメガバンク(0.001%)の場合

楽天銀行の金利は「マネーブリッジ」という設定さえしておけば、金利が0.1%になります。
対してメガバンクの金利は0.001%です。
その差は約100倍の金利となっています。
*マネーブリッジは無料で楽天証券と口座を紐付ける設定のことで、簡単に設定できます。

貯蓄額が月10万円ずつ増えたと仮定し、それを30年間続けた場合の預金額を比べてみましょう。

楽天証券の場合(金利0.1%)

貯金0の段階から、毎月10万円ずつ増えたと仮定する。
それを30年間続けた時の最終預金額はいくらになるだろうか。

貯金した額は、
10万円×12ヶ月×30年=3600万円
利息による収益が543,895円
最終預金額が
3600万円+543,895円=36,543,895円
となりました。

メガバンクの場合(金利0.001%)

同様に、貯金0の段階から、毎月10万円ずつ増えたと仮定する。
それを30年間続けた時の最終預金額はいくらになるだろうか。

貯金した額は、
10万円×12ヶ月×30年=3600万円
利息による収益が5386円
最終預金額が
3600万円+5386円=36,005,386円
となりました。

0.1%(楽天銀行)とメガバンク(0.001%)の30年後の預金の差

楽天銀行(金利0.1%)の場合は、
利息による収益が543,895円最終預金額が36,543,895円
メガバンク(金利0.001%)の場合は、
利息による収益が5386円最終預金額が36,005,386円
となりました。

楽天銀行(金利0.1%)の最終預金額ーメガバンク(金利0.001%)の最終預金額
36,543,895円36,005,386円538,509円
となっています。

意外と大きな差となって現れてきたかと思います。
今回は初期の貯蓄額が0円。また貯蓄期間は30年と設定しましたが、実際は現在も貯蓄があり、30年以上銀行を使い続ける人がほとんどだと思います。
ということは、、、
さらに大きな差となって、最終貯蓄額が変わってきます。

これを機に思い切って楽天銀行に変更してみてはいかがでしょうか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました