本ページはプロモーションが含まれています

AGクラウドファンディング!アイフル案件の特徴と元本割れ実績!

資産形成

他にもAmazonギフト券や楽天ポイントが貯まるキャンペーンを紹介中!
5分程度の登録作業で高時給バイトになりますね👍
キャンペーン一覧はこちら

AGクラウドファンディング!
アイフル案件の特徴と元本割れ実績!

この記事でわかること
・AGクラウドファンディングとは?
・メリットや特徴

・アイフルファンドの特徴
・デメリットとリスク
・投資したいファンド条件
・AGクラウドファンディングのファンド実績
・怪しい・怪しいの評判や口コミの真相
・キャンペーン情報

AGクラウドファンディング
キャンペーン開催中です!!

期間:2024/9/30まで
アマギフとVプリカをダブルで貰えます!
【当ブログ限定キャンペーン】
対象:新規登録者
報酬:Amazonギフト券1000円分

【登録キャンペーン】
対象:新規登録者
報酬:Vプリカ1000円分
*アマギフにも変換可能
*VISA加盟店であれば使えます
AGクラウドファンディング
登録はこちら!

AGクラウドファンディングとは?

サービス名AGクラウドファンディング
社名AGクラウドファンディング株式会社
代表取締役川瀬 光英
本店所在地東京都港区芝二丁目31番19号 
バンザイビル8F
利回り実績1%~6%
公式サイトAGクラウドファンディング公式HP

AGクラウドファンディングの親会社は50年以上の貸金業の実績を誇るアイフルグループです。
東証プライム市場(8515)上場企業のアイフルにお金を貸し出して低リスクで運用できる「アイフルファンド」が最大の強みとして運営されています。
アイフルファンドの特徴や元本割れの有無などを徹底解析していきます。

直近のファンド情報
アイフルファンド #34
・年利0.84%+期間6ヶ月
・先着
・4月16日12:00

不動産担保ローンファンド#45(土地建物@元麻布)
・年利6%+期間11ヶ月
・先着
・4月11日12:00

AGクラウドファンディングの仕組み

AGクラウドファンディングの仕組みはクラウドファンディングです。
下図のような仕組みでAGクラウドファンディングは運営されています。

一度投資すれば自動的にファンドから分配金が支払われ、満期になると元本が返済されます。
仲介業者が間に入り、「不特定多数の個人投資家」からお金を集めて「選定された不動産」に投資するという認識でOKです!
全部自動で完結するので、銀行預金の一部をまわして「ほったらかし投資」に活用するユーザーが多いです。

AGクラウドファンディングの特徴

特徴(メリット)
・アイフルファンドに投資可能
・高利回り案件もある
・投資期間が短い
・元本回収実績100%

アイフルファンドに投資可能

ポイント
・アイフルにお金を貸し出せる
・圧倒的に低リスクな商品

AGクラウドファンディングでは親会社のアイフルにお金を貸し出すことができます。
元本割れ保証があるわけではないですが、他のクラファン商品に比べると低リスクであることがは明確です。
低リスクの理由、実際の利回りなどは「アイフルファンドの特徴の項目」で詳しく説明していきます。

聞いたことあるとは思うけど、アイフルはプライム市場上場企業の大きな会社だね。
後に説明するけど、JCR(日本格付研究所)でも高い評価を得ているよ!

高利回り案件もある

ポイント
・アイフルファンドは利回り1%台
・それ以外は高利回りファンド
・年利4%~6%のファンドが多い

アイフルファンドはリスクが低いこともあり、利回りも1%台が基本的な水準となっています。
しかし、それ以外のファンドに関しては年利4%~6%ほどの水準となっており、高利回りファンドの組成もあります。
2023/3月時点では32ファンド中10ファンドはアイフルファンド以外のものとなっています。

投資期間が短い

ポイント
・12ヶ月以下のファンド確率93%
・基本的には6ヶ月ファンドが多い

2023/3月時点では32ファンド中30ファンドが12ヶ月以下の短期案件となっています。
基本的には6ヶ月でのファンド組成が一番多い印象です。

自分に都合の良いファンドにのみ応募してもよいからね。
とりあえず口座開設だけしといて、激アツファンド募集があるのを待つスタイルだね。
*じぇいの激アツファンドのみの投資戦略の詳細はこちら

元本回収実績100%

ポイント
・2023/3月時点で32ファンド組成
・元本回収実績100%

2023/3月時点では32ファンドが組成されています。
現状は元本回収実績100%で、問題なくファンドが正常終了しています。

アイフルファンドの特徴

アイフルファンドの利回り

ポイント
・アイフルファンドの年利は1%台

アイフルファンドの年利は1%台で組成されることが多いです。
クラファン業界の中では低い利回りですが、それでも人気な理由は圧倒的なリスクの低さです。
銀行にお金を預ける代わりに、AGクラウドファンディングのアイフルファンドに預けるイメージで運用している方が多いかと思います。

なぜアイフルファンドのリスクが低いかを解説していきます。

アイフルファンドが低リスクな理由

ポイント
・プライム市場上場のアイフルに貸し出し
・JCR(日本格付研究所)でも良い評価を得ている

アイフル株式会社は1998年に東証2部に上場、2003年に一部上場銘柄に指定を受けており、また、2022年4月4日の市場再編に対しては、「プライム市場」に上場しています。
そして、JCR(日本格付研究所)ではBBB+/ポジティブの評価を得ています。
(2023/3月時点)

信用格付とは
法人の債務履行能力、または個別債務(社債、ローン、CPなど)の履行確実性を等級で表示したものです。信用格付は、格付会社が公正な第三者として表明する評価意見で、格付会社が独自に定める格付記号によって表現されます。

AAA債務履行の確実性が最も高い。
AA債務履行の確実性が非常に高い。
A債務履行の確実性は高い。
BBB債務履行の確実性は認められるが、上位等級に比べて、将来債務履行の確実性が低下する可能性
がある。
BB債務履行に当面問題はないが、将来まで確実であるとは言えない。
B債務履行の確実性に乏しく、懸念される要素がある。
CCC現在においても不安な要素があり、債務不履行に陥る危険性がある。
CC債務不履行に陥る危険性が高い。
C債務不履行に陥る危険性が極めて高い。
LD一部の債務について約定どおりの債務履行を行っていないが、その他の債務については約定どお
りの債務履行を行っていると JCR が判断している。
D実質的にすべての金融債務が債務不履行に陥っていると JCR が判断している。

アイフルは「BBB+/ポジティブ」の評価なので、「債務履行の確実性は認められるが、上位等級に比べて、将来債務履行の確実性が低下する可能性」ということだね。
個人的な考えでは、この評価であれば1年以下の短期ファンドの場合はかなり低リスクで運用できると思うよ!

アイフル株式会社の財務状況などは以下のページで確認できるから、気になる方は確認してね!
https://www.ir-aiful.com/jp/finance/

AGクラウドファンディングのデメリット

デメリット
・元本割れリスクはある
・すぐに換金できない
・入金手数料がかかる

元本割れリスクはある

ポイント
・元本保証があるわけではない

どの会社でも言えることですが、元本保証はありません。
しかし上記で紹介した通り、元本回収実績100%ということもあり、かなり厳選した投資先を選ぶことでリスクを下げています。

すぐに換金ができない

ポイント
・基本的に解約は不可

こういったソーシャルレンディングやクラウドファンディングのような投資では、基本的に元本の返還は満期まで受け取れません。
必ず余剰資金で運用するように心がけましょう。

入出金手数料がかかる

ポイント
・GMOあおぞらネット銀行の場合は無料
・出金手数料は一律 145円 (税込) / 件
・入金手数料は各投資家の銀行に準ずる

入出金にかかる振込手数料は、投資家負担となります。
GMOあおぞらネット銀行の場合は無料になります。
それ以外の出金手数料については一律 145円 (税込) / 件となっていいます。

入金手数料は各投資家の銀行に依存するよ!
楽天銀行だと月に数回は無料だね。

AGクラウドファンディングで投資したいファンド条件

投資すべきファンド条件
・低リスクのアイフルファンド
・投資期間はできれば12ヶ月以下の案件

AGクラウドファンディングの目玉はアイフルファンドだから、やっぱしアイフルファンドに投資していきたいね。
他のファンドに比べて圧倒的に低リスクだから、銀行貯金の代わりにアイフルファンドで運用というイメージでの投資が良いかもね。
いつもの年利6%も良いけど、圧倒的にリスクの少ない案件にも資産分配を考えていきましょう!

ただし上記の条件のような激アツ案件は出現確率が少ないのも事実だね。
それでも投資できる理由は複数のクラウドファンディング会社を常にチェックしているからだね。

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!

AGクラウドファンディングの実績

AGクラウドファンディングの利回り実績

AGクラウドファンディングはほとんどがアイフルファンドのため、年利1%台にファンドが集中しています。
2023/3月時点では32ファンド中22ファンドがアイフルファンドとなっています。

AGクラウドファンディングの投資期間実績

2023/3月時点では32ファンド中30ファンドが12ヶ月以下の短期案件となっています。
データからも6ヶ月でのファンド組成が一番多く、時点で12ヶ月ファンドが多くなっています。

危ない・怪しいの評判や口コミの真相

googleなどでAGクラウドファンディングと検査すると「AGクラウドファンディング危ない」「AGクラウドファンディング怪しい」などの予測変換がでてきます。
実際のところAGクラウドファンディングは怪しいのかを検証していきます。

結論
・AGクラウドファンディングは健全

正直予測変換に関しては、認知度の低い不動産クラウドファンディング会社は全てでてくるので問題無いかと思います。
おそらくAGクラウドファンディングが怪しいと勘繰っておられる方は、不動産投資そのものに信頼性が低いのかなと思います。
たしかに、営業でかかってくる不動産の電話などは怪しさ満点ですからね。。。

AGクラウドファンディングの運営元の解析、元本割れ実績、SNSでの口コミ調査を実施してみました。

AGクラウドファンディング株式会社

AGクラウドファンディングはAGクラウドファンディング株式会社によって運営されています。
アイフル株式会社の100%子会社となっています。
親会社のアイフル株式会社は前述した通り、東証プライム市場(8515)上場企業であり非常に安定感のある母体となっています。

元本割れ実績

前述した通り、2023/3月時点で32ファンド組成されており、全て正常に償還されています。
元本回収実績100%で18ファンドの運用が既に終えており、実績としては十分かと思います。

SNS上での口コミや評判

やっぱし安心して運用できる。

せめて出金手数料あ無料にしてほしい

年間の募集回数もそこそこあるから良い。

口コミでは主に
・リスクの低さが好評
・投資期間の短さが好評
・ファンド数はそこそこ

の上記3点がよくみられる口コミでした。

キャンペーン情報

入会キャンペーンなどお得な情報がある場合はここに表記しておきます。

AGクラウドファンディング
キャンペーン開催中です!!

期間:2024/9/30まで
アマギフとVプリカをダブルで貰えます!
【当ブログ限定キャンペーン】
対象:新規登録者
報酬:Amazonギフト券1000円分

【登録キャンペーン】
対象:新規登録者
報酬:Vプリカ1000円分
*アマギフにも変換可能
*VISA加盟店であれば使えます
AGクラウドファンディング
登録はこちら!

まとめ

まとめ
・低リスクのアイフルファンドが魅力
・12ヶ月以下の案件がおおい
・親会社はアイフル株式会社

AGクラウドファンディングの目玉はアイフルファンドだから、やっぱしアイフルファンドに投資していきたいね。
他のファンドに比べて圧倒的に低リスクだから、銀行貯金の代わりにアイフルファンドで運用というイメージでの投資が良いかもね。
もちろん年利6%以上の激アツファンドが出た場合は積極的に投資していこう!

毎日ファンド情報見ている時間がない!という声をお聞きしたので、、
googleカレンダー上で、じぇいが監視している会社のファンド情報が自動更新+一括管理できる「利回りカレンダー」というツールを作りました!