【東京・マリオットカテゴリー7】ウェスティンホテル東京

マリオットホテル

【東京・マリオットカテゴリー7】
ウェスティンホテル東京

マリオットカテゴリー 7の【ウェスティンホテル東京】
恵比寿の丘に建つ、クラシックなインテリアが特徴ウェスティンホテル東京
「客室」「朝食」「クラブフロア」「値段」の4つの視点で徹底解説

ウェスティンホテル東京の基本情報

・マリオットボンヴォイ カテゴリーランク7

無料宿泊に必要なポイント数
(赤字がウェスティンホテル東京の必要宿泊ポイント)

ホテルカテゴリー オフピーク  スタンダード ピーク 
15,0007,50010,000
210,00012,50015,000
315,00017,50020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,000 85,000 100,000

ウェスティンホテル東京のカテゴリーランクは7
年1回のSPGアメックスカード特典の無料宿泊特典は50,000Pまでのホテルなので、オフピークなら無料宿泊可能です。基本的に平日なら宿泊可能なので、ぜひ無料で超高級リゾートに泊まりましょう!

マリオットボンヴォイの日本全ホテルのカテゴリーランクを知りたい方はこちらから調べることができます!
マリオットボンヴォイ公式サイトを少し改良し、カテゴリー別+地域別に並べ替えて調べることができます。

また、一番お得にSPGアメックスカードを発行して、
通常33,000PGET⇨39,000PGET
6000Pお得に発行したい方はこちら!

1. 客室

ウェスティンホテル東京には何種類か部屋があるのですが、
大きく3種類に分かれています。
「デラックスルーム」「エグゼクティブルーム」「スイートルーム」
の3種類です。
「デラックスルーム」以外の「エグゼクティブルーム」「スイートルーム」ではクラブラウンジの使用ができますので、より一層優雅なひと時を満喫できます。

今回はその部屋の中からいくつかピックアップしてのご紹介となります。

・デラックスルーム
大きさ:42㎡
ベットの数:ダブルベット2台 or キングベッド1台

・エグゼクティブルーム
大きさ:42㎡
ベットの数:ダブルベット2台 or キングベッド1台

・デラックススイート
大きさ:84㎡
ベットの数:ダブルベット2台 or キングベッド1台

今回紹介した客室の他にも3種類客室があります。
「エグゼクティブスイート 126㎡」
「プレジデンシャルスイート 210㎡」
「インペリアルスイート 210㎡」

の3種類です。
広さから分かる通り、家かよ!というような広さです。
今回はお値段的にかなり手が届きにくいところというところで、紹介は省略させていただきました。

2. 朝食

ウィスティン東京には朝食会場が4つある。
多くの朝食付きのプランでは、「ザ・テラス」と呼ばれる会場が朝食会場に設定されている。

「ザ・テラス」
朝食時間帯:7:00〜10:30
朝食形式:ブッフェ形式
口コミ:
「ザ・テラス」の朝食はかなり人気が高く、連日賑わっている様子です。
得に変わった料理があったり、名物の料理はありませんが、「単純に全部美味しい」という評価が多いです。
子供から大人まで幅広い世代が楽しめる朝食ブッフェとなっています。
焼き立ての魚、フレンチトースト、その場で握ってもらえるおにぎりなど、幅広い種類のものを堪能できます。

3. クラブラウンジ

クラブラウンジは「エグゼクティブルーム」「〇〇スイート」に宿泊のお客様が使用できるラウンジとなっています。

〜時間帯別のクラブラウンジの状況〜
朝食サービス:6時半~11時 *朝食会場は4会場の中から選択制
ティータイム:13時~16時頃 *スイーツが充実しています
イブニングカクテル:17時半~19時半 *夕食がわりにもなります。

朝食サービスは以下の4つの会場から選択制となっております。

会場名形式営業時間
ウェスティン・エグゼクティブ・クラブビュッフェ形式平日6:30~10:30
土・日・祝7:00~11:00
ザ・テラスビュッフェ形式6:30~10:30
ビクターズフレンチコース料理7:30~10:00
和食日・祝7:00~10:00

この中でも1番人気は「ビクターズ」です。
1番高級であり、質が高いということで有名です。
ちなみに「ザ・テラス」は朝食付きの宿泊にすると、ついてくることが多いレストランになっています。


イブニングカクテルの時間帯では、様々な料理とお酒が提供されます。
夕食の代わりになるという声も多く、ここで夕食を済ませる方も多い様子です。
ただ、あくまでおつまみが多いので、がっつり白米が食べたい!というような方には向いていないかもしれません。

4. 値段

・普通の土曜日宿泊+朝食付きのデラックスルームの場合
1部屋35,000円になります。
大人2名1部屋の場合なら、
17,000円/1人
になりますね。
正直この価格ならかなり安いかと思います。朝食付きなので「ザ・テラス」でのブッフェもついているからです。
部屋も広いので、快適に過ごすこともできますしね。

普通の土曜日宿泊+朝食付きのエグゼクティブルームの場合
1部屋47,000円になります。
大人2名1部屋の場合なら、
23,000円/1人
になりますね。
こちらもかなりお買い得かと思います。
クラブラウンジで1日中まったりできることも考えれば、かなり安いでしょう。

ちなみに、このウェスティンホテル東京もオフピークであれば、SPGアメックスカードの無料宿泊特典で泊まることが可能です!
また「6/31までのSPGアメックスカード激アツキャンペーン」+「じぇいの紹介制度」を利用すれば、GWやお盆などのハイシーズンでも無料で泊まれます!

また、一番お得にSPGアメックスカードを発行して、
通常33,000PGET⇨39,000PGET
6000Pお得に発行したい方はこちら!

SPGの豪華特典の詳細は下記の記事で解説しています

マリオットボンヴォイの日本全ホテルのカテゴリーランクを知りたい方はこちらから調べることができます!
マリオットボンヴォイ公式サイトを少し改良し、カテゴリー別+地域別に並べ替えて調べることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました