【大阪・マリオットカテゴリー7】ザ・リッツ・カールトン大阪

マリオットホテル

【大阪・マリオットカテゴリー7】
ザ・リッツ・カールトン大阪

マリオットカテゴリー 7の【ザ・リッツ・カールトン大阪】
世界屈指のラグジュアリーホテルであるザ・リッツ・カールトン
「客室」「クラブフロア」「値段」の3つの視点で徹底解説

ザ・リッツ・カールトン大阪の基本情報

・マリオットボンヴォイ カテゴリーランク7

無料宿泊に必要なポイント数
(赤字がザ・リッツ・カールトン大阪の必要宿泊ポイント)

ホテルカテゴリー オフピーク  スタンダード ピーク 
15,0007,50010,000
210,00012,50015,000
315,00017,50020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,000 85,000 100,000

ザ・リッツ・カールトン大阪のカテゴリーランクは7
年1回のSPGアメックスカード特典の無料宿泊特典は50,000Pまでのホテルなので、オフピークなら無料宿泊可能です。基本的に平日なら宿泊可能なので、ぜひ無料で超高級リゾートに泊まりましょう!

マリオットボンヴォイの日本全ホテルのカテゴリーランクを知りたい方はこちらから調べることができます!
マリオットボンヴォイ公式サイトを少し改良し、カテゴリー別+地域別に並べ替えて調べることができます。

また、一番お得にSPGアメックスカードを発行して、
通常33,000PGET⇨39,000PGET
6000Pお得に発行したい方はこちら!

1.客室

ザ・リッツ・カールトン大阪では宿泊できるフロアが大きく分けて、2つに分かれています。
24〜32階のレギュラーフロアと36〜37階のスカイビューフロアです。
レギュラーフロアとスカイビューフロアは基本的に同じ名前の部屋であれば、大きさは変わりません。違うのは階層のみです。

客室紹介

スーペリアルーム
大きさ 40~43㎡

デラックスダブル
大きさ 51㎡

ジュニアスイート
大きさ 64㎡

エグゼクティブスイート
大きさ 76㎡

ジャパニーズスイート
大きさ 77~98㎡

それとリッツ・カールトン最大の客室はこちらの
【ザ・リッツ・カールトン・スイート】
になります。

大きさはなんと、、、233㎡!!!
もはや別荘レベルですよね。。

人生で一度は泊まってみたいものです。

また、全ての客室で以下のアメニティがついているので快適に過ごすことができます。

2.クラブフロア

クラブフロアに宿泊している方は、クラブラウンジに入ることができます。

クラブラウンジではいつでも食事とドリンクがブッフェスタイルで提供されており、ドリンクもワインなどのアルコール類も提供されています。

食事の内容は1日に5回も変化するので飽きることがありません。
以下が食事の時間帯になります。
・朝食 7:00〜10:00
・昼の軽食 11:00〜13:00
・アフタヌーンティー 14:00〜16:30
・夕食前の前菜 17:00〜19:30
・スイーツ&コーディアル 19:30〜20:30

正直、ここにくれば美味しいものもお酒もなんでも手に入ります。
なので、クラブフロアに宿泊された方はご飯の心配はいりませんね。
ここに入り浸って、思う存分たのしみましょう!

3.値段

普通の土曜日宿泊+朝食付きの部屋の場合
1部屋70,000円になります。
大人2名1部屋の場合なら、
35,000円/1人
になりますね。

ちなみにクラブフロアですと
1部屋100,000円ほどになります。
すごいお値段ですね。。。

ただ、このザ・リッツ・カールトン大阪もオフピークであれば、SPGアメックスカードの無料宿泊特典で泊まることが可能です!
SPGの豪華特典の詳細は下記の記事で解説しています!

マリオットボンヴォイの日本全ホテルのカテゴリーランクを知りたい方はこちらから調べることができます!
マリオットボンヴォイ公式サイトを少し改良し、カテゴリー別+地域別に並べ替えて調べることができます。

また、一番お得にSPGアメックスカードを発行して、
通常33,000PGET⇨39,000PGET
と6000Pお得に発行したい方はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました