本ページはプロモーションが含まれています

リノシーの不動産投資の評判と口コミ!運営会社の情報まで調査!

資産形成

他にもAmazonギフト券や楽天ポイントが貯まるキャンペーンを紹介中!
5分程度の登録作業で高時給バイトになりますね👍
キャンペーン一覧はこちら

リノシーの不動産投資の評判と口コミ!
運営会社の情報まで調査!

RENOSY(リノシー)はAI技術を駆使し、中古コンパクトマンション市場に特化したプラットフォームを提供します。低初期費用での投資が可能であり、アプリを通じた簡単な管理システムは、特に初心者投資家にとって魅力的です。

この記事でわかること
RENOSY(リノシー)とは?
リノシーのメリット – 投資家にとっての魅力
リノシーのデメリットと注意点
リノシーの評判と実際の口コミ
リノシーを利用する際のポイント
リノシーと他の不動産投資サービスの比較
リノシーのキャンペーン情報
まとめ – RENOSYで始める不動産投資

リノシーのキャンペーン情報
期間:終了日未定
報酬:PayPayポイント5万円分
条件:無料面談に参加した人

*前年の年収が500万円以上であり、投資用不動産のローンが利用できる人
*勤続年数が1年以上の方
*『上場企業、またはそれに準じる企業(資本金1億円以上)、およびそのグループ会社にお勤めの方』or『公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師の方』

  1. RENOSY(リノシー)とは? – 不動産投資の新しい形
    1. リノシーの基本概要 – ITと不動産の融合
    2. リノシーの運営会社 – GA technologiesの強み
    3. 不動産投資市場におけるリノシーの位置づけ
  2. リノシーのメリット – 投資家にとっての魅力
    1. 購入から管理や売却まで全てリノシーでサポート
    2. ITによる効率的な不動産投資でコスト削減
    3. AIを活用した物件選定の精度
    4. 中古コンパクトマンションへの特化とその理由
    5. 厳しい条件をクリアした優良物件を提供
    6. アプリによる一元管理の利便性
    7. 低初期費用で始められる不動産投資
  3. リノシーのデメリットと注意点
    1. 中古マンションに限定された物件選択
    2. 融資基準の厳しさとその影響
    3. 地方物件と新築物件の取り扱いの少なさ
    4. 投資リターンを得るまでの時間
  4. リノシーの評判と実際の口コミ
    1. ユーザーからのポジティブな評判と口コミ
    2. ネガティブな口コミとその対応
  5. リノシーを利用する際のポイント
    1. 投資前の準備としての資料請求
    2. リノシーの担当者との面談の重要性
    3. 物件選定から契約までのプロセス
  6. リノシーと他の不動産投資サービスの比較
    1. リノシーと伝統的な不動産投資の違い
    2. リノシーと他の不動産テック企業の比較
    3. その他の不動産投資の選択肢
  7. リノシーのキャンペーン情報
  8. まとめ – リノシーで始める不動産投資
サービス名RENOSY(リノシー)
会社名株式会社GA technologies
(ジーエーテクノロジーズ)
所在地東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー 40F
設立2013年3月
入居率実績99.6%
公式サイト公式HPはこちら

RENOSY(リノシー)はITの力を活用して効率的に都心部の物件情報を集めて、高入居率の物件を収集する次世代の不動産会社です。
その入居率は99.6%であり、売り上げ実績は4年連続NO.1となっております。
わかりやすいアプリ管理に加え、実際の不動産運営はほぼ全て代行してくれるため、初心者でも始めやすいサービスとして人気になっています。

リノシーは、AI技術を駆使して不動産投資のプロセスを効率化するサービスです。
従来の不動産投資では、物件の選定から購入、管理に至るまで多くの時間と労力が必要でした。
これらのプロセスをデジタル化し、ユーザーにとってより理解しやすい形で提供しています。
特に、中古マンション市場に焦点を当て、長期的な需要が見込める物件を選定しています。

実際にAIを駆使して選定した物件の入居率は99.6%となっています。
資料もデータベースで教えてくれるので、非常にわかりやすいです。
購入しなくても、勉強がてらに面談する人もいるようです。

リノシーを運営するGA technologiesは、不動産テック分野における先駆者として知られています。同社は、不動産業界におけるデジタル化の遅れを捉え、テクノロジーを活用してこの分野に革命をもたらしました。
GA technologiesは、データ分析とAI技術を駆使して、ユーザーに最適な投資物件を提案することで、誰でも簡単に不動産投資をすることを可能にしています。

東京証券取引所マザーズ市場への上場もして会社規模もどんどん成長していますね。
年間売上も1,135億円を記録している大手総合不動産会社です。

AIによる物件選定は、入居率は99.6%の物件実績があり、投資家のリスクを最小限に抑えると同時に、長期的な収益性を見込める物件を提供します。
またわかりやすい資料説明、購入申し込みから管理・運用までを一元的に行うアプリ開発など購入後のケアもすることで初心者でも始めやすいサービスとなっています。

リノシーでは購入から管理や売却まで全てサポート&代行してくれます。
実際に購入して管理している時期にはさまざまなオーナー業務が発生してます。
主な不動産運営に関わる業務内容になります↓

  • 空室の管理・募集業務
  • 入居希望者の仲介・内見
  • 入居者の契約業務・更新業務
  • 賃料の集金
  • 入居者の要望・トラブル等の対応
  • 共用部分や室内における設備の修繕対応
  • 入居者の解約業務・退去立ち合い

これらの業務をリノシーは全て代行してくれます。
基本的に賃貸業務に関してはどのプランでも対応してくれるのが魅力です。
滞納サポート、空室保証、原状回復費負担、リノベーションサポートなども付けることができるので、初めての不動産投資でも管理の手間がほとんどかからずに出来るのが魅力です。

リノシーの最大の特徴は、ITを駆使した効率的な不動産投資プロセスです。従来の不動産投資では、物件の選定から購入、管理に至るまで多くの時間と労力が必要でしたが、リノシーはこれらのプロセスを簡素化し、時間とコストの節約を実現しています。
これにより、投資家はより迅速に、そして効率的に不動産投資を行うことが可能になります。

リノシーのもう一つの大きな強みは、AIを活用した物件選定の精度です。
リノシーでは、独自のデータベースとAI技術を組み合わせることで、収益性の高い物件を精密に選定しています。
実際に実績として入居率99.6%という数字を叩き出しています。
これにより、投資家はより確実性の高い収益物件に投資することが可能となり、不動産投資のリスクを低減できます。

リノシーは特に、中古コンパクトマンション市場に特化しています。
これは、都市部における単身者や少人数世帯の増加に伴い、中古コンパクトマンションの需要が高まっているためです。
これらの物件は、新築物件と比較して価格が低く、投資初心者でも手が出しやすいという利点があります。

中古物件は新築に比べて投資時のメリットが大きいです!
リノシーでまとめられている情報も掲載しておきます!

よく新築は買った瞬間に購入価格の7〜8割程度の資産になると言われています。
新築の物件は広告費や利益などが少なからず上乗せされているためですね。
中古物件、特に築15~20年以降の物件は資産価値の下落率がゆるやかなため、新築と比べて売却したときの差損を少なくできます。

リノシーが提供するようね都心の人気エリアにある物件や、リノベーションで物件価値を高めた場合では、売却時の方が値が高くつくこともあります。

リノシーではAIにより収集した情報から条件を設定して、厳選された中古のコンパクトマンションを扱っています。
また、都市部の中古物件のなかでも、表面的な利回りや物件のスペックだけでなく、建物管理の実績なども考慮し、特に条件の整った物件のみを仕入れています。

長い運用になるからマンションの寿命も大切だからね。
その点もしっかり精査されているのは良いね!

リノシーは、『OWNR by RENOSYという専用アプリによる不動産の一元管理を提供しております。。このアプリを使用することで、管理状況やキャッシュフローが簡単に確認することができます。
また、1年に1度の確定申告の際に使う契約書面なども閲覧できたり、確定申告そのもののサポートもされています。
これにより、投資家はいつでもどこでも物件の状況を確認でき、不動産投資の管理が格段に容易になります。

最後に、リノシーの大きなメリットとして、低初期費用で不動産投資を始めることができる点が挙げられます。初期費用10万円から投資することもできます。
これは物件をリノシーから直接買うため、仲介手数料などが存在しないためです。そのためローンで物件価格や諸経費の満額を組むことができれば、非常に少ない初期費用で投資することができます。

仲介手数料の相場は?
基本的には「物件価格×3%+6万円+消費税」が相場になっています。
これは投資用不動産に限らず、一軒家の購入など全ての不動産の仲介手数料の相場となっています。

少しでも投資のハードルを下げてくれるのはありがたいね。
もちろんローンの額を抑えるために、自己費用を上げるかどうかは本人の意志次第です!

リノシーのサービスは、主に中古マンションに特化しています。これは、都市部の単身者や少人数世帯の増加に伴い、中古コンパクトマンションの需要が高まっているためです。その反面、新築物件や一戸建て、その他の不動産タイプへの投資機会はありません。したがって、多様な物件タイプへの投資を希望する投資家にとっては、選択肢が限定的になります。

とはいえ、中古コンパクトマンションに絞っているからこそ、低価格の高入居率の実現ができているのも事実だからね。
低コストで投資するには中古コンパクトマンションがおすすめだね。

リノシーを利用する際、特に注意すべき点の一つが融資基準の厳しさです。
不動産投資には通常、銀行からの融資が伴いますが、リノシーではその基準が特に厳しいとされています。投資家の年収や勤続年数、勤務先の安定性などが総合的に評価されており人によっては投資できないこともあります。

PayPayポイントのもらえる基準にも年収500万以上になっているから、最低そのくらいの稼ぎは必要そうだね。

また、個人事業主に関しては同じ年収500万円でも安定性が低いとみなされ、融資できない可能性があります。
仮に融資できたとしても金利が変わることなどもあり、想定リターンが得られない可能性もあります。
その辺りはしっかりと担当者と相談しながら最終的な判断を下しましょう。

リノシーは、主に都市部の中古マンション市場に焦点を当てています。その結果、地方の物件や新築物件の取り扱いがないというデメリットがあります。
これは、特定の地域や物件タイプに投資を集中したい投資家にとっては、適切な投資機会が限られることを意味します。

たま〜に地方にはお宝物件があることもありますが、そういった物件は掲載されていません。
あくまで投資初心者におすすめのサービスとなっています。

不動産投資は一般的に長期的な投資戦略が必要です。リノシーを利用した場合も、投資リターンを得るまでには相応の時間がかかることを理解しておく必要があります。短期間での大きなリターンを期待するのは現実的ではありません。
また、リノシーの扱う物件は〇億円のようね高額物件もありません。そのため、多額のお金で大きい配当金を得ようとしている方にもおすすめできません。

不動産投資の新しい波として注目されているリノシーですが、実際のユーザーからの評判はどのようなものでしょうか?ここでは、実際の口コミやSNS、フォーラムでの評価を基に、リノシーの評判を探ってみましょう。

ポジティブな評判と口コミ

✅リノシーの利便性と効率性に対する高い評価
✅特にアプリを通じた簡単な管理システムが評価
✅Amazonギフト券がもらえたと評価
→現在はPayPayポイントキャンペーンです。
✅資料が見やすいことへ評価

多くのユーザーからは、リノシーの利便性と効率性に対する高い評価が寄せられています。特に、AIを活用した物件選定の精度や、アプリを通じた簡単な管理システムは、投資家にとって大きなメリットとなっています。また、中古マンション市場に特化したリノシーのアプローチは、都市部での投資を考えているユーザーにとって特に魅力的です。これらの点が、多くのポジティブな評判と口コミの根底にあります。

ポジティブな評判と口コミ

✅中古マンションに限定されてる
✅融資の基準の厳しさに関する不満
✅Amazonギフト券が貰えなかった不満

→現在はPayPayポイントキャンペーンです。

一方で、いくつかのネガティブな口コミも存在します。特に、物件の種類が中古マンションに限定されている点や、融資の基準の厳しさに関する不満が見受けられます。

投資そのものよりも〇〇出来なかった。という不満が多かったね。
特に融資基準に関する不満はそこそこありました。

リノシーを利用し最大限に活かすためにはいくつかの重要なポイントがあります。ここでは、リノシーを利用する際の重要なステップを詳しく見ていきましょう。

リノシーでの投資を開始する前に、まずは資料請求を行うことが重要です。
資料請求を通じて、リノシーのサービス内容、提供される物件の種類、投資の流れなど、基本的な情報を得ることができます。
これにより、投資家は自身の投資目標や条件に合ったサービスかどうかを判断することが可能になります。また、資料請求は無料で行えるため、サービスに対する理解を深める最初のステップとして非常に有効です。

とりあえず気軽に不動産投資の勉強がてらやってみるのも良いかと思います!
一応営業活動はあるようですが、買う気がない人に熱心に営業するタイプではないので、安心してください。

資料請求後、リノシーの担当者との面談を設定することが推奨されます。
面談を通じて、投資家は自身の投資計画に合った物件選定のアドバイスや、融資の可能性、市場動向など、より詳細な情報を得ることができます。
また、担当者とのコミュニケーションは、将来的な投資の成功に向けて信頼関係を築く上でも重要です。

営業の相手をするのが嫌なら、買う気がない旨を伝えましょう。
変に買うそぶりを見せると、熱心にお話ししてきますので。

リノシーを利用する際の最終的なステップは、物件選定から契約までのプロセスです。
リノシーでは、AIによる物件選定システムを利用して、投資家に最適な物件を提案します。投資家は提案された物件を検討し、自身の投資目標や予算に合った物件を選択することができます。物件選定後は、契約プロセスに進みますが、この段階では法的な側面や契約条件の理解が重要になります。

リノシーは投資初心者用に作られているから、担当の方もわかりやすく解説してくれます。
また、非常に見やすいアプリなどでのサポートも万全です。

不動産投資の分野は、伝統的な方法から最新のテクノロジーを活用したアプローチまで、多様な選択肢が存在します。
リノシーは『AI+不動産』分野の中でも特に注目されているサービスの一つですが、他の不動産投資サービスや不動産テック企業とどのように異なるのでしょうか?ここでは、リノシーと他のサービスとの比較を通じて、投資家にとっての最適な選択肢を探ります。

伝統的な不動産投資とリノシーの最大の違いは、テクノロジーの活用にあります。
伝統的な方法では、物件の選定から購入、管理に至るまで多くの手間と時間がかかりますが、リノシーはAIとデータ分析を駆使してこれらのプロセスを効率化しています。また、リノシーは中古コンパクトマンションに特化しており、都市部の単身者や少人数世帯向けの物件に焦点を当てています。これに対し、伝統的な不動産投資では、より広範な物件タイプにアクセスが可能です。

地方のお宝物件などは自分で探したりしないと難しいね。
少なくともリノシーでは対応していないね。

多くの不動産テック企業は、オンラインプラットフォームを通じて物件情報を提供し、投資家と物件所有者をつなぐ役割を果たします。一方、リノシーはAIによる物件選定とアプリを通じた一元管理に重点を置いており、投資家に対してより直接的なサポートを提供しています。また、リノシーは低初期費用での投資を可能にする点で、他のテック企業と差別化されています。

最近ではローンを活用しない不動産投資として、不動産クラウドファンディングなども台頭してきました。
不動産投資型クラウドファンディングとは、不特定多数の投資家たちから資金を集めて不動産投資を行うことです。
各社が見つけてきた物件に対して、『投資したい!』と思えば1万円〜10万円程度の少額から投資が可能です。
また、運用はすべて管理会社が行うので、ファンド選定さえすれば投資家はほったらかしで運用可能です。

雰囲気掴むために実際に現在募集しているファンド情報などを示しておきます。
ちなみにこの利回りカレンダーは誰でも無料で使うこともできます。
導入方法やクラファン一覧表なども掲載しておきます。

リノシーのキャンペーン情報
期間:終了日未定
報酬:PayPayポイント5万円分
条件:無料面談に参加した人

*前年の年収が500万円以上であり、投資用不動産のローンが利用できる人
*勤続年数が1年以上の方
*『上場企業、またはそれに準じる企業(資本金1億円以上)、およびそのグループ会社にお勤めの方』or『公務員、医師、弁護士、公認会計士、税理士、看護師、薬剤師の方』

RENOSY(リノシー)はITの力を活用して効率的に都心部の物件情報を集めて、高入居率の物件を収集する次世代の不動産会社です。
その入居率は99.6%であり、売り上げ実績は4年連続NO.1となっております。
わかりやすいアプリ管理に加え、実際の不動産運営はほぼ全て代行してくれるため、初心者でも始めやすいサービスとして人気になっています。