【生命保険】入るべき保険の考え方と最安保険の比較方法を徹底解説

商品紹介

【生命保険】
入るべき保険の考え方
最安保険の比較方法
安心安全+格安保険の手に入れ方

生命保険は「働き手が亡くなった際に家族を貧困から守る」ために絶対必要な保険です。
しかし近年、「必要以上に不安を煽り」過剰な生命保険に入っている人が多いです。
自分に必要な補償を明確にして、安心で最安保険に加入しましょう!

生命保険の比較方法!

・死亡時に国からもらえる遺族年金の額がわかっている
・働き手がなくなった際の生活費がわかっている
・おおまかな人生の大きな支出がわかっている
・入るべき生命保険がわかっている

以上4点が分かっている方は
いますぐ格安生命保険加入に動きましょう!

また、将来のリスクとか難しすぎてわからない!
とりあえず「そこそこ格安の保険に入りたい!」

という方は、
下記①プロに一括見積もりで格安保険を出してもらいましょう!
保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

同条件で格安の生命保険に入る方法は主に2種類!

①保険のプロに一括見積もりを出してもらう。
メリット:
自分にぴったりの保険を探せる
・ややこしい値段の計算+将来のリスクの洗い出しができる
デメリット:

少々時間がかかる(保険の販売は対面販売のみのため)
*使った感想*
・無駄な勧誘はなしでした!
・自分が入りたい保険の内容を伝えるとスムーズにリストアップしてくれました
保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!



②価格ドットコムで一括見積もりする
メリット:
今すぐに検索できる
デメリット:

検索自由度が低く、ぴったりの保険が選びにくい
*使った感想*
・検索自体は非常に簡単でわかりやすい
・定期保険10年と20年の比較など、1つ条件違いの比較ができない
・おそらく15社くらいの見積もり(保険見直しラボは約30社の比較)

上記の2パターンで格安保険をチェックして新規契約or乗り換えを行いましょう。
格安で保険に加入して少しでも家計を裕福に!
人より一歩お得な毎日を送りましょう!

ちなみに、、
【ドル建て終身保険】のほうがお得なのでは?と思った方。
確実に「掛け捨て保険+つみたて投資」の方がお得です!
下記記事で比較解説記事を出しているので読んでみてください!

生命保険を選ぶ4ステップ!

生命保険の選び方は次の4ステップで行います。
*の質問に回答できれば「あなたは保険を考えれています」
今すぐ格安保険の検索へ向かいましょう!

①入るべき生命保険の種類を知る
*定期保険と終身保険はどっちが良い?
*収入保障保険って知っている?


②働き手死亡時の収支を知る

*国からもらえる遺族年金額は?
*毎月の生活費は?
*子供の教育費など大きな支出はどのくらいある?


生命保険の額をきめる

④格安生命保険を比較する

①入るべき生命保険の種類

入るべき生命保険は主に2つ!
・死亡保険
・収入保障保険

この2つを駆使して、自分が死亡した際に家族を貧困から守ります。

死亡保険とは

定期死亡保険というのは、
「定期期間内で死亡した場合一括で保険金を受け取れる保険」です。
一度に大きな金額が入ってくるので、
「死亡時の葬式代」「子供の学費」などの多額の出費に備えるのに適しています。
そのため1人でも日々の生活はなんとかなる!
と思っている方でも定期死亡保険のみは加入されている方が多いです。

ー死亡保険受け取り例ー

・保険者が死亡した場合→2000万円の保険金の受け取り(1回のみ)

定期死亡保険は上記のように一番単純かつわかりやすい保険になります。
想定した「でかい出費」を賄うのに最適な保険ということです。
あとで「想定しうるでかい出費の額」は計算してみましょう!

死亡保険には
「定期死亡保険」「終身死亡保険」の2種類があります。
どちらか一方に加入することになりますので、
定期死亡保険と終身死亡保険の違いを知りましょう。

定期死亡保険と終身死亡保険の違い

終身死亡保険

死ぬまで保険料と保険受取額が変わらない保険です。

::メリット::
「同じ保険受取額を死ぬまで続ける場合」は終身死亡保険が一番お得!

::デメリット::
・「変更不可」
・リスクに応じて、保険受取額の変更ができない(割高)
定期死亡保険(オススメ)

定期(10年や20年)ごとに保険を更新していく保険

::メリット::
・定期(10年や20年)ごとにリスクに応じた保険受取額に変更可能(割安)
・若い時に払う保険料が少ない

::デメリット::「同じ保険受取額を死ぬまで続ける場合」は終身死亡保険より割高
・高齢になった時に支払う金額が多い

この2つの大きな違いは
「受取額と保険料を変更できるorできない」になります。
そして、
「同じ受取額の生命保険の場合、終身死亡保険の方がお得になります。」
これで「終身死亡保険の方がお得!」って間違える方が多発してます。
大前提として、
「死亡保険受取額は死亡した際のリスクによって変わります」
つまり、
「30歳で子供が0歳の時のリスク」と「50歳で子供が成人している時のリスク」
は全然違う
んですよね。
50歳時点では、「学費の見通しが立っている」「貯金がしっかりある」etc,,
30歳時点よりもリスクが小さいはずなので、「死亡保険受取額も少額」で良いはずです。

なので、しっかりとリスクに応じて保険を見直せる人間は
「定期保険で更新時に受取額の見直しを行う」
が一番お得になります!

収入保障保険とは

収入保証保険というのは、
「満期(通常60歳)まで給料のように一定額のお金を毎月受け取れる保険」です。
毎月給料のようにお金が振り込まれるので、
月々の生活費の補填に最適な保険といえます。
若いうちの保証が大きく、年老いたときの保証が薄くなっています。
支払い方式を選べば、
5年ごとに5%ずつ保険料が安くなる支払い方式等も選べるので、コスパもよくなっています。

受け取りイメージ↓


あとで働き手が亡くなった際に
「生活費がいくら足りていないのかを検証しましょう。」
そして足りない分を賄うように
「収入保障保険の受取額」を決定しましょう!

②働き手死亡時の収支を知る

働き手が死亡した際の家計の状態を想像するには
「その後の収入源」と「支出総額」を知ることが必要です。

収入の例

・遺族年金(国からもらえる)
・残された家族の労働収入
・親戚からの補助
etc...
支出の例

・生活費
・学費
・家賃
etc...

この2つを考え抜き
・「月々の生活費が足りない分を計算する」
→収入保障保険で賄う

・「大きな支出の総額を計算する」
→死亡保険で賄う

ことで死亡時のリスクを明確にして、必要な保険に加入することができます。

「支出」や「収入」の詳しい計算方法、遺族年金計算方法等は下記記事で解説していますのでご覧になってください。
一般家庭の仮想シュミレーションも掲載しています。

【理論的】生命保険額の算出方法
収入と支出を明確に
シュミレーション付き解説

【遺族年金徹底解説】
遺族年金の計算方法!各ケースのシュミレーション付き解説!

③生命保険金額を決定する

「働き手死亡時の家計の収支」が明確になったところで
・定期死亡保険
・収入保障保険

の受け取り金額を決めていきます。

定期死亡保険額の決定

想定した「支出」のうち
【多額の費用が想定される出費の合計】
を受取額に設定しましょう

多額の費用の例
・子供の学費
・葬式代

*家のローンの注意点*
団体団信用生命保険加入時は残りのローンを支払わずに家を手に入れることができます。

何度も言いますが、
「多額の費用の合計」は状況によって日々変化していきます。
なので、状況に合わせた「受け取り金額」に変更できる「定期死亡保険」をお勧めします。

収入保障保険額の決定

収入保障保険では毎月の生活費を賄います。
なので、
【生活費】ー【遺族の手取り収入】ー【遺族年金額】
=【足りない生活費】

で算出することができます。
この【足りない生活費】を受取額に設定しましょう。

もちろん計算をした結果
「足りない生活費は無い」
ということなら加入は不要です。
しかし、念のための貯金もかねて「定期死亡保険」のみは加入しておくことをお勧めします。

④格安生命保険を比較し加入する

「定期死亡保険」「収入保障保険」
上記2つの受取額を自分のリスクから割り出せました。
あとは格安保険に加入するだけです。

とはいえ、
「自分が出した結論があっているか?」
「定期死亡保険と終身死亡保険の差額」

保険の話は「非常に難しい」けど、「絶対に間違ってはいけない」ものです。

そこで
【プロに一括見積もりで格安保険を出してもらう】
ことをおすすめします。

プロに任せることで、
・「定期死亡保険を乗り換え時の金額」と「終身死亡保険の金額の差」
・「自分が考えたリスク(支出)」が十分か
・30社からの相見積もりで最安保険に加入できる

など自分や格安サイトの比較ではできないこともやってくれます。

もちろん
【無駄な勧誘は一切なし】
です。
*実際に使用してみても、勧誘はなく頼めば淡々と話が進みました
さらに
・お客様満足度91%で本当に安心+格安保険に加入できる
・業界に10年以上在籍の人多数で相場をわかっている

というデータもあるので、安心して任せられるかと思います。
*注意点*
保険の販売は法律で対面販売のみなので
希望の場所で会う必要があります(自宅以外も可能)
保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

ちなみに今なら
アンケートに回答すれば「商品」がGETできるそうです。
せっかくならアンケートに答えて貰っちゃいましょう!
保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

もちろん
「最後まで自分でやり切ることも可能です」
やり切る方は、
【価格ドットコムで一括見積もりをしましょう!】
価格ドットコムサイトはこちら!

とはいえ、価格ドットコムは手間は少ないですが、
少々使い勝手が悪いです。。
・「定期保険見直しした際の値段」VS「終身保険の値段」がわからない
・定期保険10年と20年の比較ができない
・自分の判断のみで決断(誰かに確認できない)

という点で、あまりオススメはしていません。

なので、一回の訪問ですっきり全て解決する
保険見直しラボでプロに相談することをお勧めします!

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

保険は勧誘という負のイメージがありますが
「しつこい勧誘」はいっさいありませんでした。
さらに
価格ドットコムよりも多くの会社の相見積もりを取ることができるので、
確実に「格安+安心安全のぴったり保険」を選ぶことができます。

【自動車保険】最安保険を5分で比較!一括見積もりで方法解説!
自動車保険も同様に一括見積もりで最安保険を見つけることができます。
こちらは「必要な情報をサイトに入力するだけ」で簡単にできてしまいます!
「画像付き」でわかりやすく手順を解説しています。
次は自動車保険を節約して、どんどん黒字家計に進化しましょう!

【火災保険】一括見積もりで最安保険を発見しよう!「手順解説付き」
火災保険も同様に一括見積もりで最安保険を見つけることができます。
こちらは「必要な情報をサイトに入力するだけ」で簡単にできてしまいます!
「画像付き」でわかりやすく手順を解説しています。
次は火災保険を節約して、どんどん黒字家計に進化しましょう!


【ドル建て終身保険】VS掛け捨て保険+衝立投資】
検証結果では「掛け捨て保険+つみたて投資」の方がお得です!
下記記事で比較解説記事を出しているので読んでみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました