本ページはプロモーションが含まれています

【イークラウド×ニューロープ】ファッション特化AIの投資考察!

資産形成

他にもAmazonギフト券や楽天ポイントが貯まるキャンペーンを紹介中!
5分程度の登録作業で高時給バイトになりますね👍
キャンペーン一覧はこちら

【イークラウド×ニューロープ】
ファッション特化AIの投資考察!

この記事でわかること
・ニューロープの基本情報
・アパレル業界の背景、問題点、解決策
・画像認識AI「#CBK scnnr」
・他企業との優位性
・実績
・市場について
・今後の計画と目標

・エンジェル税制が適応
・まとめ(投資するべきか)

【現在キャンペーン中】
現在キャンペーンはありません。
何かあり次第、ここに記載します。
イークラウド
投資家登録はこちら!

ニューロープの基本情報

会社名株式会社ニューロープ
所在地〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町14-1 都築学園ハッチェリー渋谷
代表者酒井 聡
資本金115,504,975円
発行可能株式総数999,000株
発行済み株式総数517,482株
調達前時価総額853,845,300円
設立年月日2014年1月10日
公式HPhttps://www.newrope.biz/

ニューロープは、AI技術を用いたアパレル関連企業向けのバーティカルSaaSプラットフォームを提供するスタートアップで、既に多数の顧客に採用されています。
アパレル業界のデジタル化を促進することを目的とし、将来的にはM&Aによる会社売却を目指しています。

バーティカルSaaSとは
ある業界・業種で使いやすいよう機能や使用感を深掘りしたSaaS。
SaaSは「Software as a Service」の略で、クラウド上のソフトウェアをインターネット経由でユーザーが利用できるサービス

すでにイオンモール、ニッセン、著名ECモール、繊維商社など多数の顧客に導入されています!

アパレル業界の背景、問題点、解決策

アパレル業界の背景

背景
・近年はファストファッションが主流
・あまりにも多い服の廃棄

近年はファストファッションが長らく業界内で存在感を示しています。
実際に中国の新興ブランドなどが、製品の受注から納品まで1週間程度のサイクルを回す「リアルタイムファッション」を実現し、急成長を遂げています。
その反面、日本でも年間13億着の服が処分されていると言われており、世界的にサステナブルな価値が志向される中、アパレル業界はまさに岐路に立たされている状態です。

アパレル業界の問題点

問題点
・6ヶ月ほど前に人が予測している
・需要予測は人の感覚や経験
・結果、無難な「トレンド」の生産

消費者の多様なニーズに応えるため、アパレル業界でもさまざまなトレンドが生まれています。
しかし、製造のリードタイムが長いアパレル製品において、需要予測には人の感覚や経験が大きく頼っているため、ニーズが常に変化する状況下で売れ続ける商品を作るのは難しいです。
発注担当者がリスクを嫌い、結果的に無難な「トレンド」の生産に向かうことで商品が同質化すると同時に、ファストファッションとの価格競争に巻き込まれて正規価格での販売が低迷しています。

ニューロープによる解決策

ポイント
・画像認識AI「#CBK scnnr」の提供

AIによる『適時・適品・適量生産の業界モデル』に変革

Neuropは、ファッションメディア事業を始め、業界で蓄積したデータやノウハウを活用して業界特化型のAI「#CBK scnnr」を開発しました。
アパレルにテクノロジーを取り入れることで、『適時・適品・適量生産の業界モデル』に変革し、高品質なものづくりに貢献することを目指しています。

「#CBK scnnr」が本プロジェクトの根幹だね。
ここについて詳しく解説していきます!

画像認識AI「#CBK scnnr」

二ューロープは、ファッションに特化した画像認識AI「#CBK scnnr」を提供しており、ファッションスナップから約640種類の特徴を認識することができます。100万枚以上のファッションスナップを教師データとして使用し、現在は1億超の画像データを分析しています。

「トレンド分析」「リコメンド」「アノテーション(自動タグ付け)」の3つの事業に活用されています。
それぞれの活用法などを詳しく解説していきます。

トレンド分析

ポイント
・トレンド状況を予測
・売り逃しや過剰在庫の低減

ファッションスナップを解析し、トレンド状況をダッシュボードやレポートで報告します。
過去数年間のトレンド推移を参考に、3か月先、6か月先、12か月先のトレンド状況の予測値を参照することもできます。
6か月先は72%、3か月先は78%程度の精度でトレンドの方向感を的中させることができます。

トレンド分析は、マーチャンダイザーが商品開発や販売計画に使用することが一般的です。しかし主観的な情報収集や勘に依存することが多く、意思決定の根拠となるデータを求める声が多くありました。
トレンド分析事業を導入することで、数値に基づくコミュニケーションができるようになり、売り逃しや過剰在庫の低減につながっているといわれています。

導入例
①ECモールの傾向のリサーチに週1日費やしていた担当者が、ニューロープのトレンド分析を導入することで数分でレポート作成が可能になり、隠れたトレンドの発掘や急上昇アイテムの特徴、ダウントレンドの傾向などを読み取ることができると評価しています。
②ショッピングセンターのイオンモール株式会社と提携し、全国約80店舗で来店客の服装データを収集し、販売計画やディストリビューション、サイネージ広告の最適化に役立てる計画を立てています。

リコメンド

ポイント
・おすすめ表示の最適化
・欠品時の離脱防止

・複数点販売の促進

ECサイトの商品画像を分析し、類似アイテムやおすすめのスタイリングを表示するAI技術を開発しています。
欠品している商品についても似た商品を表示することで、ユーザーの離脱を防止し、滞留商品の販売も効率化することができます。

AIを使った疑似的な接客により、着合わせ提案や複数点販売を促進することを目指しています。
現状ECサイトで着合わせの提案はしにくかったのですが、ビックデータから提案をできるようにしました。

アノテーション(自動タグ付け)

ポイント
・自動タグつけ
・人員削減

ECサイトのスタッフが商品画像やファッションスナップを登録する際、AIが商品の特徴を言語化し、自動でタグ(キーワード)を生成します。
同等のタグ付け作業を人力で行うと1件あたり100円程度かかります。10万件で1,000万円程度の計算となりますが、ニューロープの自動タグ付けにより理論的にはこのコストを数十分の一まで削減できます。

その他事業

ポイント
・スマートミラー
・来店客の服装を解析

開発された「スマートミラー」は、来店客の服装を解析して着こなしの提案や購入後のアフターサービスに役立てることができます。全身を映すデジタルサイネージによって、おしゃれなコーディネートを提示し、商品の購入につなげることができます。

他企業との優位性

3点の優位性を確立
・ファッションに特化
・データの質と量が充実
・適正な価格戦略

ファッションに特化

ニューロープは、ファッションに特化した画像認識技術を基にしたAI事業を展開しており、アパレル関連企業とのヒアリングを通じて顧客理解のもと、実用性に着眼した機能やサービスを提供しています。一般的なソーシャルリスニングとは異なり、ファッションに特化したトレンド分析サービスを提供しています。

データの質と量が充実

ニューロープのデータ収集元は幅広く、SNSから実店舗までをカバーしており、ファッションスナップについては解説が含まれた質の高い教師データを大量に保持しています。
また、従来の画像認識技術が200〜300種類の特徴を認識するのに対して、ニューロープは約640種類の特徴を認識することができ、ファッション特化でかつデータの質と量が充実しているために高精度な機械学習ができ、細かいトレンド分析が可能です。

適正な価格戦略

APIへのリクエスト数や組織規模に応じた従量課金制を採用しています。
このため中小から大手まで、顧客が費用対効果を出しやすいといったコストメリットがあります。

実績

ポイント
・2022年のリクエスト数は前年の2.3倍
・解約率も非常に低い
・顧客数の増加による追加コストは少ない

ニューロープは、2022年には前年比で売上高が67%伸長し、2023年も売り上げ増加が見込まれています。
顧客からのリクエスト数も増加しており、解約率が低いことから、顧客満足度が高いことが示唆されています。
*SaaS事業を継続的に成長させるサービスの「解約率」の目安は3%程度とされますが、ニューロープの平均解約率は、2021年は0.52%、2022年は1.00%でした。
顧客数の増加による追加コストを少なく、収益性に直結します。
ニューロープは収益性を高めることでサービスの磨きをかけ、顧客満足度を向上させることを目指しています。

市場について

・市場の成長性
・国内環境の動向
・ニューロープの狙う市場
の3点について解説します。

市場の成長性

近年は新型コロナの影響でECサイトによる売上が増加し、2021年の世界のアパレルEC市場規模は約71.9兆円となりました。
2022年から2030年にかけての年平均成長率(CAGR)は8.6%、2030年の市場規模は150.9兆円を記録すると予測されています。

国内周辺環境の動向

アパレル業界では、新たなブランドの導入や成長市場であるEC強化を目的とした買収や提携が複数生まれています。
今後も競争力強化を狙った業界構造の変化が加速する可能性があります。

ニューロープの狙う市場

ニューロープはアパレル産業のデジタル化を推し進める企業として、製造、卸、小売など業界の幅広い層をターゲットユーザーに据えています。
現時点で国内のターゲット市場は延べ約70万社の約2,600億円と推計しており、うち5%にあたる約130億円を当面の目標シェアとしています。

今後の計画と目標

ポイント
・最終目標はM&Aによる会社売却

幅広い顧客ニーズをカバーすることで、国内アパレル関連業界のデジタルインフラとしての地位を築きたいと考えています。
また、2026年ごろには、今後の成長が予想される東南アジア市場への進出を計画しています。
画像認識技術は言語に左右されにくいというメリットがあり、すでに代理店を経由して東南アジアの企業と打合せを開始しています。

ニューロープは、会社売却(M&A)によるイグジットを目指しています。売却先としては、モール型EC、大型小売、商社などアパレルに広く関連する企業を想定しています。
ニューロープのAI事業と親和性の高い相手とM&Aを行うことで、大手の経営資源を活かしながら業界の課題解決を目指します。

エンジェル税制が適応

エンジェル税制では「株式取得時点」「株式売却時点」の2つのタイミングで優遇措置を受けることができます。
この2つの税制について説明しておきます。

「株式取得時点」

今回は経過措置Bの適応条件になります!

「株式売却時点」

基本的にはIPOなどで売却できた際は儲かっている時が多いからあまり関係ないかもしれないね。
一応頭の片隅にしまっておこう!

まとめ(投資するべきか)

まとめ
・余剰資金での投資はあり
・回収は10年後の可能性もある

今回は未上場株式の取得になるため、M&AかIPOがない限りは基本的には回収することができません。
そのため、長期に渡る投資になる可能性が高いため、必ず余剰資金での投資にしましょう。

最初からM&Aによる売却を目標にしているので、IPO上場よりは実現性が高いかと思います。
最低出資額の99000円コースで投資を検討するのが良いかと思います。

【現在キャンペーン中】
現在キャンペーンはありません。
何かあり次第、ここに記載します。
イークラウド
投資家登録はこちら!