本ページはプロモーションが含まれています

【COZUCHI】横浜元町・中華街プロジェクトの投資考察!

資産形成

他にもAmazonギフト券や楽天ポイントが貯まるキャンペーンを紹介中!
5分程度の登録作業で高時給バイトになりますね👍
キャンペーン一覧はこちら

【COZUCHI】
横浜元町・中華街プロジェクトの投資考察!

今回は不動産クラウドファンディング人気No1のCOZUCHIの案件
横浜元町・中華街プロジェクトに投資するべきか考察したよ!

COZUCHIのキャンペーン情報
①新規登録キャンペーン
期間:2024/3/31まで
条件:当ブログキャンペーンリンクから登録

*必ず『キャンペーン登録はこちら』から登録してください
報酬:Amazonギフト券2000円配布

②新規投資キャンペーン
期間:2024/3/31まで
*31日までに登録後、180日以内に投資でOKです。

条件:当ブログキャンペーンリンクから登録し新規投資した人
報酬:下記表を参考にしてください

ファンドへの初回投資額Amazonギフトカード
①30万円以上1,500円分
②50万円以上3,000円分
③100万円以上7,000円分
④200万円以上16,000円分
⑤300万円以上27,000円分
⑥500万円以上48,500円分

COZUCHI
キャンペーン登録はこちら!

結論
余剰資金が豊富なら投資もOK!
利回り上昇の可能性はありますが、そのままの場合は年利5%と少々少なめだからです。

この記事でわかること
・本ファンドの基本情報
・本ファンドのポイント
・COZUCHIの実績
・まとめ(投資するべきか)

お知らせ

COZUCHI✖︎COMMOSUS
融資型クラウドファンディングのCOMMOSUSとCOZUCHIが業務提携を発表されました!
これにより、COZUCHIでは法律上取り扱うことが難しかった案件がCOMMOSUSを通して「COZUCHIFAND」という名称で発売されます!
COZUCHIと同様の高利回りですが、知名度差で投資しやすいので、今のうちに登録しておきましょう!
COMMOSUSの詳細↓

横浜元町・中華街プロジェクトにの基本情報

ファンド名横浜元町・中華街プロジェクトに
利回り5%(インカム0.1%+キャピタル4.9%)
運用期間12ヶ月 (2023/6/30運用開始)
募集金額約10億
募集方式抽選
募集期間2023年6月12~16日
備考利回り上昇の可能性あり。
ファンド運営TRIAD株式会社

結論から話しておくと、余剰資金が豊富なら投資もOKな案件です。
利回り上昇の可能性はありますが、そのままの場合は年利5%と少々少なめだからです。
こういったファンド情報はTwitterや利回りカレンダーで共有しているので、よかったらフォローと導入お願いします!
Twitterはこちら!
利回りカレンダー導入はこちら!

不動産クラファン投資ツール
【利回りカレンダー】
簡単に導入できる一括管理+自動更新のファンド情報アプリ!

ポイント
・クラウドファンディングやソーシャルレンディングなどの貸付投資系の「年利・投資期間・先着抽選募集の有無」が1目でわかる。
・googleカレンダーに登録するだけで設定完了(自動更新)
・誰でも簡単に複数社のファンドを把握できる

横浜元町・中華街プロジェクトのポイント

ポイント
・物件のエリアについて
・物件の特徴について
・運用戦略について
・フェーズ2の有無

物件のエリアについて

ポイント
・元町・中華街駅から徒歩5分
・石川町駅から徒歩8分
・横浜や都心、埼玉方面にもアクセス可能
・繁華性の高い商業地域が形成

物件は横浜高速鉄道みなとみらい線『元町・中華街駅』から徒歩5分、JR根岸線『石川町駅』から徒歩8分の場所にあります。
元町・中華街駅を利用することで横浜まで8分、またみなとみらい線は東急東横線、副都心線、東武東上線、西武線各種と相互乗り入れしているため、渋谷などの都内の中心市街地や埼玉県方面へも一本でアクセス可能な便利な立地となっています。

元町・中華街エリアは「横浜中華街」「元町商店街」など商業地域が形成されており、1年中観光客で賑わっています。
本物件の箇所では近年マンションの建設が進み、少し落ち着きをみせています。
また、「横浜中華街」および「元町商店街」までは徒歩約3分で移動することができます。

物件の特徴について

ポイント
・対象物件は3つの土地からできている
・とりあえず立地が最強

・少しややこしい物件ではある

本ファンドは
・賃貸マンション(土地及び一棟建物)
・東側に隣接する更地
・賃貸マンションと更地の間にある私道部分
の3つの土地が投資対象となっています。
そのためこのまま売り出すことは非常に難しい状況です。

とはいえ記載の通り、土地の立地に関しては非常に良いものであります。
しっかりと3つの土地をまとめ上げることができれば、売却はしやすいようにも思えます。

運用戦略について

ポイント
・主なシナリオは3つ
・まだ全然決まっていない
・価格上昇の可能性はある

3つの土地の売却方法に関しては
①私道の廃道を行うことで有効面積を広げ一体の開発用地として売却する
②同様に廃道を行い一体で自社開発を行う
③西側賃貸マンションについては収益性を改善し、東側更地部分にて自社開発を行う
のシナリオが考えられます。
具体的な方向性はまだ未定なため、これから検証を行い一番利益が出る方法を考える段階です。

とはいえ、これだけの立地のまとまった土地だから売れるのは売れると思うね。
うまく売却すれば、利回りの上昇も考えられると思います。
そこはCOZUCHIの腕の見せ所だね。

フェーズ2の有無

ポイント
・フェーズ2の可能性もある
・更地部分に自社開発を行う場合

更地部分に自社開発を行う場合はフェーズ2で資金調達をする可能性が高いように思えます。
COZUCHIでは基本的にフェーズ1出資者がフェーズ2で優先的に出資をすることができます。
そのため、継続的に高利回り案件に出資することは重要です。

COZUCHIの実績

COZUCHIは過去の実績でも利回りを下回ったことがないから、信頼して任せられるよね。
過去の実績表も載せておくね。

ファンド名想定利回り実際の利回り
六本木事業用地20%36.30%
田端EXITファンド12%15.2%
品川区五反田Ⅱ9%63.1%
練馬区武蔵関Ⅰ12%283.5%
世田谷区砧EXITファンド50.9%110.5%
渋谷区恵比寿EXITファンド46.9%62.2%
神奈川県武蔵新城Ⅰ10%24.1%
世田谷区経堂Ⅱ4.5%4.5%
神奈川県茅ヶ崎Ⅰ6%6%
TOKYOマンション7区分ファンドⅠ4.5%4.5%
港区広尾Ⅲ2%8%
港区広尾Ⅱ4.2%4.2%
世田谷区経堂Ⅳ6%6%
品川区五反田Ⅰ5%5%
港区広尾4.2%4.2%
品川区法人量2物件6%6%
世田谷区経堂Ⅲ6%6%
世田谷区経堂Ⅱ6%6%
世田谷区経堂Ⅰ6%6%

まとめ(投資するべきか)

結論
余剰資金が豊富なら投資もOK

理由
・5%とそこそこの利回り
・売却方針は未定

・土地は良いので売れると思う
・利回り上昇の可能性あり

・フェーズ2の可能性あり

今回は利回り自体は5%とそこまで高くないです。
しかし、売却方針が未定であることから低めに見積もっている可能性もあります。実際はもう少し高利回りな案件ではないかな?と思っています。
その点から『余剰資金が豊富なら投資もOK』とさせていただきました。