本ページはプロモーションが含まれています

BDC銘柄を買う方法!ARCC等の日本の証券会社での購入方法!

資産形成

他にもAmazonギフト券や楽天ポイントが貯まるキャンペーンを紹介中!
5分程度の登録作業で高時給バイトになりますね👍
キャンペーン一覧はこちら

BDC銘柄を買う方法!
ARCC等の日本の証券会社での購入方法!

注意(2023/11/16追記)
Webull証券もBDC銘柄が残念ながら取り扱い中止になりました
追記
日本でのBDC銘柄規制緩和がなさそうなので、
『優良企業中小企業に投資して年利6%~8%くらいで回せるBDC銘柄の代替品』
を探して投資し始めました。
*他証券会社で取扱始まってもすぐに中止になるの繰り返しのため、安定的にBDC投資は難しいと判断しました。

超高配当株の筆頭であるBDC銘柄。
ARCC、MAIN、PSECなどに投資したい!
と思いながらも投資できる証券会社は限られています。
今回は数少ないBDC銘柄に投資できる証券会社とその特徴を解説します。

この記事でわかること
・BDC銘柄とは
・BDC銘柄を買える証券会社
・お得な口座開設方法
・Webull証券のメリット
・Webull証券のデメリット
・キャンペーン情報
・口コミや評判

BDC銘柄とは

ポイント
・BDC銘柄は中小企業に融資している
・融資で得られた利益は90%以上投資家に還元することが義務付けられている

↓以下がBDC銘柄の定義になります。

中小企業が展開する事業に対して、金融面、経営面から支援を行う投資会社のことです。中小企業に融資を行ったり、株式に投資することで、高い値上り益や配当を獲得しています。
BDCが投資対象としている企業は、リスクの高さから銀行からの融資を受けることが一般企業に比べ困難な傾向にあります。そのためBDCはこれらの企業へ投資することでより高いリターンを獲得することが可能となります。また、投資企業を上場させることで大きなリターンを獲得することが可能となります。
投資家への配当については、90%以上を投資家に配当として分配することで、内国歳入法上の規制投資会社として扱われ、法人所得税を免除されるため、BDCへの投資家にとっては比較的高い配当収入が期待されます。

アメリカの法律で定められているものなので、利益が減少しない限りは、高配当が維持されます。
こういった企業を国が応援しているから、アメリカは経済大国になっているのかもしれませんね、、、

BDC銘柄を買う方法!購入できる証券会社はWebull証券!

注意(2023/11/16追記)
Webull証券もBDC銘柄が残念ながら取り扱い中止になりました
追記
日本でのBDC銘柄規制緩和がなさそうなので、
『優良企業中小企業に投資して年利6%~8%くらいで回せるBDC銘柄の代替品』
を探して投資し始めました。
*他証券会社で取扱始まってもすぐに中止になるの繰り返しのため、安定的にBDC投資は難しいと判断しました。

Webull証券とは

会社名ウィブル証券株式会社
商品米国株
海外ETF
ADR
手数料取引手数料:0.275%(税込み)
為替取引手数料:15銭
時間外取引対応
最低取引金額数百円から
本店所在地〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1丁目9番2号 稲村ビル6階

ポイント
・Webull証券でBDC銘柄を購入できる
・取扱銘柄約7,000

ウィブル証券は、米国株などの商品を中心に扱っている証券会社です。
その中には高配当株で有名なBDC銘柄であるARCCやMAINなどもあります。
証券取引委員会 (SEC) に登録された仲介業者である Webull Financial LLC によって提供されており、「Webullアプリ」は2018年に米国でリリースされ、現在は香港やシンガポール、オーストラリア、南アフリカなど世界各国で広く利用されています。

BDC銘柄を日本で取引できる数少ない取引所となっています!

購入できるBDC銘柄一覧

  • ARCC
  • ORCC
  • GBDC
  • FSK
  • MAIN
  • PSEC
  • GSBD
  • HTGC
  • TSLX
  • NMFC

まだまだありますが時価総額の多いBDC銘柄を記載させていただきました!
基本的に上場している銘柄であればなんでも買うことができます。

Webull証券のお得な口座開設方法

現在キャンペーン開催中
新規登録&入金キャンペーン
期間:9/27~10/31まで
条件:①〜③の条件達成
①証券口座を新規解説
②1万円以上初回入金
③米国株・米国株オプション・ETF・国内株のいずれかを取引
報酬:抽選で2,000名様に現金8,000円をプレゼント

口座開設方法をは以下の4STEPになります。
運転免許証(表裏両面)又はマイナンバーカード(表面のみ)を用意して登録を始めるとスムーズに進みます。

  1. 携帯電話番号の登録
    携帯電話番号の認証を行います。携帯電話番号を入力すると認証コードが送られてきますので、画面に従って入力しましょう。
  2. 本人情報の入力
    氏名や住所、生年月日などの本人情報を入力します。
  3. 本人確認書類のアップロード
    本人確認書類のアップロードへと進みます。
    日本国籍の方→運転免許証(表裏両面)又はマイナンバーカード(表面のみ)
    日本以外の方→在留カード(表裏両面)又は特別永住者証明書
  4. 口座開設の審査
    ウィブル証券側で審査が行われます。審査完了後に取引開始です。

Webull証券のメリット

  1. 取引手数料が安い
  2. 約7,000銘柄と取扱銘柄が豊富
  3. 1株未満の取引が可能
  4. 16時間リアルタイム取引+注文のみなら24時間可能
  5. 情報量が豊富でアプリが使いやすい

取引手数料が安い

ポイント
・米国株・海外ETFの取引手数料は0.275%(税込み)
・為替取引手数料は15銭。

証券会社取引手数料(税込)為替取引手数料
ウィブル証券約定金額の0.275%15銭
SBI証券約定金額の0.495%25銭
楽天証券約定金額の0.495%25銭
マネックス証券約定金額の0.495%25銭
松井証券約定金額の0.495%25銭

比較からも分かる通り、Webull証券は手数料が業界最低水準となっています。
特に米国株取引では、取引手数料も為替取引手数料もかかるので、どちらも最安水準であることは非常に大きなメリットです。

約7,000銘柄と取扱銘柄が豊富

ポイント
・総数は7,000以上
・米国株式・海外ETF・ADR(米国預託証券)など
・米国株と海外ETFのみで4,000以上の銘柄

米国株式・海外ETF・ADR(米国預託証券)、日本株式などを取り扱っており、7000以上の銘柄から選ぶことができます。
特に『米国株式・海外ETF・ADR(米国預託証券)に強みを持っているので、米国の高配当関連銘柄などを取引したい場合には大いに役に立ちます。

1株未満の取引が可能

ポイント
・単元未満株の取引が可能
・少額からでも著名な株の取引が可能

約4,000の銘柄では、単元未満株の取引が可能です。
銘柄ごとに設定されている最低売買単位があるのですが、1株から取引することができます。
そのため、小口から取引を始めることができるので、資産形成に非常に役に立ちます。

単元未満株とは?
各銘柄ごとに最低限の単元株数が決まっていますが、単元株数に限らず1株から購入できる制度です。
通常は100株単位での購入のため、株価が数百円の株であっても最低投資金額として数万円(数百円×100株)が必要となりますが、1株から申込可能であれば数百円から購入できます。

16時間リアルタイム取引+注文のみなら24時間可能

ポイント
リアルタイム取引は16時間可能
注文のみなら24時間可能

各時間の区分プレマーケット通常取引時間アフターマーケット
日本時間18時~23時30分23時30分~翌6時翌6時~翌10時
米国時間4時~9時30分9時30分~16時16時~20時
サマータイム(日本時間)17時~22時30分22時30分~翌5時翌5時~翌9時

米国株式市場の開場時間は、日本だと「23:30~翌6:00」の深夜になります(サマータイムは「23:30~翌5:00」)。
ウィブル証券では『プレマーケット(18時~23時30分)』『アフターマーケット(翌6時~翌10時)』も取引可能であるため、人間的な時間で取引することができます。

情報量が豊富でアプリが使いやすい

ポイント
・50種類以上のテクニカル指標
・17種類のチャート編集機能
・ニュースや分析、企業情報などが一覧形式で閲覧

スマホアプリで全ての銘柄で50種類以上のテクニカル指標・17種類のチャート編集機能が利用できます。
また、上下50本の気配値情報がリアルタイムで更新されるため相場の動向を正確につかむことができます。
各銘柄のニュースや分析、企業情報などが一覧形式で閲覧できるので、情報収集時間を短縮できます。

Webull証券のデメリット

  • NISA非対応
  • 入出金に手数料がかかる
  • 米国株以外の金融商品・取引方法の取り扱いが少ない
  • 大口の場合は取引手数料が割高になる

NISA非対応

ポイント
・NISA非対応
・今後対応する可能性はあるかも

Webull証券ではNISA口座非対応になります。
特定口座と一般口座のみの開設になりますので、NISA口座がある証券とは別になります。
1つの証券口座で全てを完結させてい場合には不向きと言えます。

入出金に手数料がかかる

ポイント
・入出金に手数料がかかる

取引の種類取引手数料
円入金
(振込)
利用者負担
円出金
(振込)
【三菱UFJ銀行】
3万円未満:110円
3万円以上:330円
【それ以外の銀行】
3万円未満:484円
3万円以上:660円

Webull証券では、入出金に上記の手数料が発生します。
基本的にはまとまった額を入金しておいて、売買してもWebull証券内に資金を置き続けるのが良いかと思います。
配当などもこまめに出金することは控えましょう。

米国株以外の金融商品・取引方法の取り扱いが少ない

ポイント
・信用取引はない
・日本の投資信託は少ない
・米国株以外の扱いは少ない

Webull証券は『現物で米国関連の取引』には他にはない強みを持っていますが、それ以外は少し力不足感があります。
日本含む中国や香港などの取り扱い株は少ない、もしくは無いです。
また、信用取引が無いので、レバレッジを使って一攫千金を取りに行くような取引はできません。

大口の場合は取引手数料が割高になる

ポイント
・手数料の上限がない
・大口には不利な取引

Webull証券は手数料の上限がないため大口には不利な取引となります。
他の証券会社では手数料上限があるので、大口取引では少ない取引手数料%で取引できますが、Webull証券にはありません。

Webull証券のキャンペーン情報

入会キャンペーンなどお得な情報がある場合はここに表記しておきます。

ウィブル証券のキャンペーン一覧
期間:2月29日~​3月29日16:59
①友達紹介キャンペーン
*当ブログからの登録で自動適応されます
特典1(簡単で激アツ)
条件:初回入金(一括)50,000円以上
報酬:全員に現金3000円
特典2
条件:初回入金(一括)50,000円以上+5回以上の買い付け
*初回入金日より30日以内に米国株・日本株・米国株オプション・ETFいずれか
報酬:抽選で1,000人に現金10,000円
ウィブル証券
口座開設はこちら!

Webull証券の評判や口コミ

時間外取引、手数料最安、特定口座対応が非常に良い

アプリが圧倒的に使いやすい
リアルタイムで米株情報が知れるのは良い。

BDC銘柄が買える場所ができてよかった

口コミでは主に
・BDC銘柄について
・アプリの使いやすさについて

・遅延のない情報ていきょうについて
上記3点がよくみられる口コミでした。

まとめ

ポイント
・BDC銘柄を購入するならWebull証券
・米国株取引にめっぽう強い
・口コミも良好

超高配当株の筆頭であるBDC銘柄。
ARCC、MAIN、PSECなどに投資したい!と思いながらも投資できる証券会社は限られています。
今回は数少ないBDC銘柄に投資できるWebull証券とその特徴を解説しました。

注意(2023/11/16追記)
Webull証券もBDC銘柄が残念ながら取り扱い中止になりました
追記
日本でのBDC銘柄規制緩和がなさそうなので、
『優良企業中小企業に投資して年利6%~8%くらいで回せるBDC銘柄の代替品』
を探して投資し始めました。
*他証券会社で取扱始まってもすぐに中止になるの繰り返しのため、安定的にBDC投資は難しいと判断しました。