おすすめのドル建て終身保険!ドル建て保険を徹底解説!

資産形成

おすすめのドル建て終身保険!
ドル建て保険を徹底解説!

「ドル建て終身保険」って聞いたことありますか?その名の通り米ドルで積立を行いながら、将来のために貯蓄を行う保険です。
どうせ入るなら、少しでも利率の高い保険に入った方がいいんですよね。
当サイトおすすめの最高レベルの利率のドル建て終身保険について徹底解説していきます。

当サイトおすすめのドル建て終身保険の中身

さっそくドル建て終身保険の中身をみていきましょう。

僕がオススメできる「ドル建て終身保険」となりますので、利回りは最高レベルと言っても良いかと思います。

米ドル建て終身保険(おすすめ)
*あくまで1例です。保険は年齢、喫煙歴、病歴によって支払額等が大きく変わります。
自分も利率の高い保険に入りたい場合は、LINEまで連絡お願いします。
保険や投資の相談を無料で受け付けていますので、ぜひご利用ください。
無理な勧誘は行っておりません。

今回の「ドル建て終身保険」は10年間で保険料の払い込みを終えるタイプ保険です。
もちろん死亡時の保証は一生続きます。

今回は参考までに、
じぇいが27歳なので、27歳から保険に入る想定にします!

保険料:約20万/年(*もちろん月払いも可能です。)
死亡保証:約650万

27歳時点:保険に加入

36歳時点:払い込み終了
保険料総額 約200万(この総額は上下できます)
返戻率 約91%
返戻金 約180万

65歳時点:仕事リタイア
保険料総額 約200万
返戻率 約182%
返戻金 約360万

グラフにするとこんな感じになります。
青線が保険料の払込。赤線が解約時に戻ってくるお金です。

保険料総額は上下できるので、大事なのは返戻率です。
36歳に払い込みを終えて、65歳時点で+182%に増えます。
これの利回りってどんなもんだと思いますか??

利回りは約2.1%です。(複利計算)
36歳に元手200万で、29年間(65歳まで)利回り2.1%で運用したってことになります。
では、これが高いのか安いのかを考えていきましょう。

利率2.1%(複利計算)は高いのか

結論からいいますと、、、
ドル建て保険の中では「かなり高い」です。

いやいや私は利率3%のドル建て保険知っているよ!という方もおられるかもしれません。
おそらくその利率3%というのは大嘘です笑
保険の営業マンというのは少しでもあの手この手を使って利率を高く見せてくるんですよね。
もしあなたについているFPがこれから紹介する手法で利率を高く見せかけていたら、おそらくそのFPは無能 or 悪徳 のどちらかです。

・今回の保険の利率を高く見せたい場合の話

今回の保険は36歳時点で200万円払い、29年間で364万円になります。

29年間での利益額は
364万ー200万=164万
になります。

1年間あたりに得た利益の平均は
164万÷29年=5.6万/年
になります。

200万を元手に1年で5.6万円利益を得ているのだから、
1年の利率は
5.6万÷200万×100=2.8%
となります。

ね?利率は約3%でしょ?とドヤ顔で言ってくるわけです。

いやいやいやいや、ちょっと待った。。。
1年目の利益と10年目の利益が同じ計算って通常ならおかしいよねって話です。
だって1年目に増えた5.6万円にも普通なら利率はついているはずですもんね。
最初の200万と最後の方の300万を同じ利率で計算するのはおかしいですから、、

これを複利計算というのですが、ちゃんと複利で計算すれば、
今回のドル建て保険ですと、だいたい2.1%くらいの利率になります。

難しい話になりますが、上記で説明した簡単な式で利率を話してくるFPには非常に注意が必要ということです!
もはや、利率3%なんだ!!!!しか言わないFPもいますが笑

ドル建て保険のメリット・デメリット

ドル建て保険のメリット

・FPに任せるだけで、そこそこの利率で運用してくれる。
正直ここは大きなメリットです。
基本的にじぇいの考えでは、自分で投資できない人が「ドル建て保険」に入るべきだと思います。自分で投資できるなら、「投資+掛け捨て保険」にする方が遥かに利益率も使い勝手もいいですからね。
その点、専属のFPにお金の問題で困っているときに相談すれば、何らかのアドバイスをもらえるのであれば安心ですしね。
ちなみに、じぇいに「投資」「保険」等の相談があれば、無料で答えますので気軽にLINEしてきてください(^^)v

・確定で利率2.1%で運用できる。
これに関してはメリットでもあり、デメリットでもあります。
なぜかというと利率2.1%というのは投資の世界では低い部類だからです。(ドル建て保険ではトップクラスの利率)
株や債券の王道で投資しているだけでも、利率は5~6%くらいになるんですよね。ただこれは20年以上の長期で見た結果であって、短期では大暴落もあります。
200万が数日で100万に減っているときもあります。
この暴落を経て、何があっても何十年も耐えれる人が利率5〜6%の利益を得れるんですよね。
なかなか、正しい投資の知識がなければ怖くなって、途中で辞めてしまいます。。。

しかし「ドル建て保険」であれば、大暴落の心配はありません。常に一定の利率でお金は増えていきますので、「安心」して資産を運用することができます。

ドル建て保険のデメリット

・利率が低い
正直、これにつきます。
利率が低いんです。。。
メリットでも少し書きましたが、自分で投資できるなら年利5〜6%で運用できます。
ちなみにここ20年は特に株高なので年利8%くらいです。なので、この5〜6%というのは妥当な年利なんですよね。
なので、自分で投資できる方は絶対に「投資+掛け捨て保険」にしときましょう。

・途中まで返戻金が少ない
今回紹介した保険ですと、12年間は解約すると、払った保険金よりも低い返戻金になってしまいます。なので、基本的に解約はおすすめできません。
なので、「経済状況が悪い」or「安定した収入源がない」人にはあまりおすすめできない保険となっています。
特に経済状況が悪い場合は、できるだけ安い「掛け捨て保険」に入る方が良いでしょう。

最後に

保険というのは、人生でも支払い総額がかなり大きい部類に入ります。また性質上、1回契約するとなかなか解約しにくい仕組みになっております。
また、保険の営業マンも必死です、あの手この手で売り付けてきます。
なので、1回話を聞いて自分で考えるというくせをつけておきましょう。
これだけで、人生で数百万お得に生きることができます。

当サイトではそのための知識をできる限りわかりやすく解説していきますので、ぜひ他の記事もお読みください。
ちなみに、今回の記事に関連して、「ドル建て終身保険」と「投資+掛け捨て保険」の比較記事もまとめてありますので、こちらも参考にしてください。

もし、今回の保険の詳細が知りたい!!投資の知識を深めたい!!他の保険相談したい!!
という方はLINEで無料相談を受け付けておりますので、是非ご活用ください。
相談だけで、実際に契約しなくても問題ありません笑

それではよい資産形成LIFEを!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました